デイリースポーツ

「阪神-広島」(14日、京セラドーム大阪) 今季初勝利を目指す阪神の藤浪晋太郎投手が三回、さらに1点を失った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(14日、京セラドーム大阪) 阪神打線が三回まで広島の先発・ルーキー森下の前に、無得点に抑えられている。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は一回1死一、三塁で、鈴木が左前適時打を放ち先制した。同じ1994年生まれの阪神先発・藤浪のフォークをクリーンヒット。続く松山も左中間への2点二塁打で、3-0とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク4-1オリックス、10回戦、ソフトバンク9勝1敗、14日、ペイペイD)ソフトバンクは6投手のリレーで失点を一回の1点にとどめた。右手指の違和感を抱えていた東浜を五回限りで降ろし、六回から継投。1-1の八回に投入された嘉弥真は、好調の吉田正から始まるクリーンアップを完璧に抑えた。その裏にチームが勝ち越して2勝目を手にし「自分の勝ち星よりも、チームの勝ちに貢献できたことがうれしい」と胸を張った。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球春季リーグ戦は14日、東京・神宮球場で行われ、第2試合は立大が東大に12-3で快勝した。

後で読む
スポーツニッポン

9月5日の日本女子ソフトボールリーグ開幕を前に、ビックカメラ高崎はチームのオフィシャルグッズ販売ページで、上野由岐子(38)が実際に使用しているグラブと同じ素材で作ったミニチュアグラブを発売する。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグのアーセナルは14日、ブラジル代表のビリアンを獲得したと発表した。3年契約で背番号12をつける。32歳のビリアンは2013年からチェルシーでプレーし、公式戦339試合で63得点をマーク。2度のリーグ優勝などに貢献し、契約満了で退団した。(ロンドン共同)

後で読む
スポーツ報知

広島打線が初回から阪神の先発・藤浪に襲いかかった。西川、羽月の1、2番コンビがいきなり連続ヒットを放つと、1死一、三塁から4番の鈴木が左前適時打。「良い先取点になって良かったです」と振り返った。

後で読む
スポーツ報知

今季3戦3敗の阪神・藤浪晋太郎投手(26)がすっぽ抜けの四球から追加点を奪われた。

後で読む
スポーツ報知

初回からロッテの猛攻だ。 先頭の福田秀、中村奨が連続安打で出塁すると無死一・二塁からマーティンが日本ハム・北浦の変化球を左前に運ぶタイムリーであっさり先制した。

後で読む
スポーツ報知

15日の楽天戦(メットライフ)に先発する西武・松本航投手(24)が14日、キャッチボールやランニングで最終調整を行った。

後で読む
スポーツ報知

楽天の茂木栄五郎内野手(26)が2打席連発となる5号3ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球滋賀大会・決勝戦、近江6-1水口東」(14日、皇子山球場) 近江が県内では無敗で夏3連覇を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-中日」(14日、東京ドーム) 巨人・ウィーラーが5号2ランを放った。

後で読む
東京スポーツ

阪神の藤浪晋太郎投手(26)が14日の広島戦(京セラドーム)に先発し、立ち上がりに広島打線につかまった。4度目の正直で今季初白星を狙っての登板だったが、初回先頭・西川、羽月の連打で無死一、二塁のピン…

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は14日、滋賀で決勝が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

静岡県内でNo・1右腕の呼び声高い静岡高の高須大雅投手(2年)が、来春センバツにつながる秋初陣で力を示した。藤枝東との中部地区1回戦に先発。5回3安打8三振無四球で完封し、5回コールド10―0で快勝発進した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・藤浪は初回に3点を失ったが2回は無失点に抑えた。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの佐野恵太内野手が先制適時打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・藤浪は3回、先頭の長野にはフルカウントからすっぽ抜けた直球が打者の頭上を通過。明らかなボール球で四球を与えると、鈴木誠にも中前打で無死一、三塁。続く松山の併殺の間に1点を許し、序盤3回を終えて4失点。序盤からリズムに乗れない展開が続く。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク4ー1オリックス、10回戦、ソフトバンク9勝1敗、14日、ペイペイD)ソフトバンクが今季2度目の5連勝。1-1の八回2死一、二塁から決勝の15号3ランを放った柳田悠岐外野手(31)が試合後、会見に応じた。一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの新助っ人、アルシデス・エスコバー内野手(33)が好調だ。14日もDeNA戦(横浜)前のフリー打撃で快音を響かせた。同戦前の時点で、打率・293はセ・リーグ10位。チーム内で4位の数字だ。

後で読む
サンケイスポーツ

千葉県で14日、新型コロナウイルスに感染し入院していた80代男性の死亡と、51人の感染が確認された。県と千葉、船橋、柏の各市が発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替大会は14日、各地で行われ、滋賀の決勝は近江が水口東を6-1で下して優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球春季リーグ第5日(14日、法大3-2明大=延長十二回タイブレーク、神宮)法大は“二刀流”野尻が3時間35分の熱戦を締めた。千葉・木更津総合高で投手を務めた2年生。3-2の延長十二回無死一、二塁で登板し、投前へのバントを素早く処理して併殺に仕留めた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは14日、札幌ドームで9月1日から20日まで行われる12試合の入場者数の上限を5000人で継続すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(14日、京セラドーム大阪) 今季初勝利を目指す阪神の藤浪晋太郎投手が初回、鈴木に左前適時打を浴びるなど、4本の安打を集中されて3点を失った。

後で読む
東京スポーツ

国内女子ゴルフの今季第2戦「NEC軽井沢72」初日(14日、長野・軽井沢72G北C)、今春高校を卒業したばかりのルーキー・笹生優花(=ICTSI)が65をマーク、7アンダーで単独首位に立った。  …

後で読む
デイリースポーツ

タレント・あびる優の元夫で、格闘家の才賀紀左衛門がブログを更新し、英語がペラペラな5歳の娘の日本語教育をおろそかにしたくない思いをつづった。 才賀は19年12月にあびると離婚。1人娘を引き取り、育てている。

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは14日、発熱症状が出ていた選手の抗原検査・抗体検査を13日に行い、陰性が確認されたと発表した。16日のツインメッセ静岡北館大会は予定通り開催する。 13日の愛媛・宇和島市総合体育館大会は新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、来場した観客の安全確保を最優先し、中止していた。

後で読む
サンケイスポーツ

NEC軽井沢72第1日(14日、長野・軽井沢72G北C=6710ヤード、パー72)今季ツアー第2戦。昨年のプロテストに合格した未勝利の19歳、笹生優花が7バーディー、ボギーなしの65をマークし、単独首位に立った。青木瀬令奈、工藤遥加、前田陽子が2打差の2位。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・銀次内野手(32)は14日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。同選手は「今はシーズン中なので、チームが優勝できるように頑張ります」とだけ話した。昨年12月の契約更改交渉で「東北のために自分ができることは、ここ(楽天)でプレーすること」と国内FA権を行使せず、今季からの3年契約を結んでいた。

後で読む
サンケイスポーツ

J1札幌の日本代表FW鈴木武蔵(26)がベルギー1部リーグのベールスホットへ移籍することが14日、決定的となった。関係者によると、獲得のオファーを受けていた鈴木は同日に渡欧し、身体検査を受けてから正式契約を結ぶ見通し。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は15日の第12節、アウェーのシティライトスタジアムで16位ファジアーノ岡山(午後7時開始)と対戦する。前節12日のレノファ山口FC戦(…

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは15日の予告先発投手を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは14日、担当審判員を対象とした新型コロナウイルス感染症に関する第4回Jリーグ公式検査結果および医師による診断結果を発表し、検査総数116件全てが陰性…

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替大会は14日、各地で行われ、滋賀の決勝は近江が水口東を6-1で下して優勝した。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスが記録ずくめの勝利を狙う。14日は静岡市内で約1時間の練習。15日のアウェー・ベガルタ仙台戦(ユアスタ、午後6時)に備えた。現在クラブはJ1…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスの〝ミスター〟こと永田裕志(52)が14日、自身のツイッターを更新。13日の愛媛・宇和島市総合体育館大会で一部選手に発熱症状が出た影響で、試合開始直前に中止になったことについてコメント…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスは14日、前日の13日に発熱の症状を訴えていた所属選手の抗原検査・抗体検査を行った結果、新型コロナウイルス〝陰性〟が確認されたと発表した。これにより16日の静岡・ツインメッセ静岡北館大…

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は14日、幕下以下の力士1人に新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。この力士は今月10日の夕方から体調を崩したため所属する部屋で隔離し、11日朝に近隣の総合病院でPCR検査を受けた。結果は陰性だったが、13日早朝から再び体調不良を訴えたため、あらためて再PCR検査を受けたところ同日夜に陽性と判明した。14日より医療機関に入院し、経過を観察しているが、ウイルスの量は低値で、…

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍は14日、ヤクルトと対戦。先発マウンドに上がった、野上亮磨投手(33)は5回を投げ、9安打無四球2奪三振で、3失点だった。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子Bリーグ1部アルバルク東京は14日、日本代表の主力である田中大貴(28)ら選手3人に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たと発表した。 11日に選手、チームスタッフ、フロントスタッフ全員にクラブ独自のPCR検査を実施。13日に、田中のほか、小島元基(26)、津山尚大(24)に陽性判定が出た。3選手に発熱や倦怠感などの自覚症状はなく、13日から自宅待機を継続中。現在は保健所とともに濃厚接触者の特定を進めている。

後で読む
デイリースポーツ

電気自動車(EV)レースの世界シリーズ「フォーミュラE」は13日、ベルリンで今季最終戦となる第11戦が行われ、日産Eダムス勢はセバスチャン・ブエミ(スイス)が3位に入り、オリバー・ローランド(英国)は完走できなかった。メルセデスのストフェル・バンドーン(ベルギー)が優勝した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)が九州を中心に各地を襲った7月の豪雨被害への復興支援として実施している慈善オークションで、14日17時現在、男子66キロ級前世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が出品したサイン入り柔道着に早くも28万円超の最高入札額がついている。16日22時で終了となる。 この慈善オークションは、現役選手らアスリート委員会からの発案で実現したもので、歴代の五輪メダリストや東京五輪代表選手ら40人以上が協力。3週にわたってオークションサイト「HATTRICK」に特別グッズを出品し、収益の全額を被災地支援などに寄付するというものだ。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は14日、協会に所属する力士養成員(幕下以下の力士)1人に新型コロナウイルス感染を確認したことを発表した。 同力士は10日の夕方から体調を崩し、部屋で隔離を行った。翌11日朝、近隣の総合病院でPCR検査を受け陰性と判定された。13日早朝から再度、体調不良を訴えて再PCR検査を受けて同日夜に陽性と判明した。14日から医療機関に入院し、経過を観察。ウイルスの量は低値であり、本人に発熱等の症状はない、という。

後で読む
デイリースポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替大会は14日、各地で行われ、滋賀の決勝は近江が水口東を6-1で下して優勝した。

後で読む
デイリースポーツ

J1札幌の日本代表FW鈴木武蔵(26)がベルギー1部リーグのベールスホットへ移籍することが14日、決定的となった。関係者によると、獲得のオファーを受けていた鈴木は同日に渡欧し、身体検査を受けてから正式契約を結ぶ見通し。 スピードを生かした突破を武器とする鈴木は昨季J1で自己最多の13得点をマークし、今季は5点を挙げている。ベルギー第2の都市アントワープを本拠地とするベールスホットは今季1部に昇格した。

後で読む
日刊スポーツ

カブス・ダルビッシュの投球に脱帽した。2度の凡退後にソロ本塁打を放ったブルワーズのスモークは「カッター、スライダー、カーブをあらゆるゾーンに緩急をつけて投げ込…

後で読む
日刊スポーツ

パイレーツ戦に1番左翼で出場したレッズ秋山翔吾外野手は3打数無安打と、5試合連続安打はストップしたものの、美技を連発して存在感をアピールした。5回には、頭上の…

後で読む
スポーツ報知

【広島スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【日本ハムスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【楽天スタメン】

後で読む
スポーツ報知

今月2日に支配下契約を結んだ中日のヤリエル・ロドリゲス投手(23)が、来日初勝利を目指して15日の巨人戦(東京D)に先発する。14日は初の敵地となる東京ドームでノックやダッシュをこなし、最終調整。右

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが今季2度目の5連勝。1-1の八回、2死一、二塁から柳田が決勝の15号3ランを放った。八回を3人で抑えた5番手の嘉弥真が2勝目を挙げ、森は13セーブ。オリックスは好投の山崎福を援護できず、7連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

楽天・銀次内野手(32)が14日、海外FA権取得の条件を満たした。 銀次は球団を通じて「今はシーズン中なので、チームが優勝できるように頑張ります」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク4-1オリックス」(14日、ペイペイドーム) オリックス・山崎福は今季最長となる八回途中まで投げたが柳田に決勝3ランを浴び負け投手になった。

後で読む
スポーツニッポン

J2大宮が細心の注意で敵地へ乗り込む。チームは14日、次節16日のアウェー山口戦に向けて非公開で調整。リーグ再開後、初めて飛行機移動を伴う長距離遠征となるだけに、練習後にオンラインで対応した高木琢也監督(53)は「感染者が全国に広がってきている。公共交通機関を使用するので、(感染症対策に)より注意を払っていかないと」と警戒を強めた。

後で読む
日刊スポーツ

「8月14日は水泳の日」と記念日登録された。日本水泳連盟から一般社団法人日本記念日協会への申請が認められ、同連盟が14日、公式ホームページで発表した。「水泳の…

後で読む
日刊スポーツ

車いすバスケットボール男子日本代表の豊島英(あきら、31=WOWOW、宮城MAX)が14日にオンラインで会見し、現在は体調に問題なくトレーニングを消化している…

後で読む
日刊スポーツ

競泳で五輪2大会連続2冠の北島康介氏(37)が会長を務める東京都水泳協会は14日、「プール及び水泳での正しい感染対策ガイドライン」を説明する動画を作成した。同…

後で読む
サンケイスポーツ

J2金沢は14日、FWルカオが左大腿二頭筋の肉離れで全治約6週間と診断されたと発表した。12日の北九州戦で負傷した。

後で読む
東京スポーツ

【目撃】前日の復帰初戦、6回の守備で途中交代したヤクルトの山田哲人(28)。この日の横浜スタジアムでは夜のDeNA戦に出場するかどうか、報道陣から注目が集まっていたのだが、ツバメのスターに注目していた…

後で読む
東京スポーツ

オリックスが14日のソフトバンク戦(ペイペイ)に1―4で敗戦。今季ワーストタイとなる7連敗で、借金は14まで膨らんだ。  先発・山崎福はソフトバンク打線を相手に好投を見せていた。しかし、打線からの援…

後で読む
東京スポーツ

前夜のヤクルト戦で足の不調から6回途中の守備中に交代していたパーラ外野手(33)が14日の中日戦(東京ドーム)のスタメンに名を連ねた。パーラは3戦連続となる「2番・右翼」で出場。同じく3戦連続で「1…

後で読む
東京スポーツ

7連敗中の西武は日の楽天戦(メットライフ)で森、山川の中軸2人がスタメンに復帰した。直近11試合の打率が1割3分2厘と低空飛行が続く森は「7番・捕手」、先週の札幌遠征で右足首をねんざしていた山川が…

後で読む
スポーツ報知

 無観客開催の今季2戦目は初日を終えた。昨年11月のプロテストに合格した19歳のルーキー・笹生優花が7バーディー、ボギーなしの7アンダー、65で回り単独首位発進した。2打差の5アンダーでプレーヤーズ委

後で読む
スポーツニッポン

MLBは13日(日本時間14日)、各地で6試合が行われた。カブスのダルビッシュは、本拠でのブルワーズ戦で7回1死からソロ本塁打を浴びるまで無安打投球。結局、7回1安打1失点、11三振3四死球で3勝目(1敗)を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

3連勝を狙う阪神は12日のDeNA戦で逆転3ランを放った中谷を2試合連続2番で起用。先発は685日ぶりの白星を目指す藤浪。前回対戦で藤浪から満塁本塁打を放った広島・ピレラはベンチスタートとなった。以下、両軍のスタメン。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

腎盂(じんう)腎炎を患っていたDeNAのネフタリ・ソト内野手が「6番・右翼」で7試合ぶりに先発復帰した。7日ヤクルト戦から欠場が続いていたが、13日には休日返上練習を行うなど状態は良好のようだ。

後で読む
スポーツニッポン

法大が明大をタイブレークの末、延長12回3―2で下し、開幕から3連勝を飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAの宮崎敏郎内野手(31)が14日、ヤクルト戦(神宮)に「3番・三塁」でスタメン出場する。

後で読む
スポーツ報知

Bリーグのアルバルク東京は14日、日本代表の田中大貴、小島元基、津山尚大が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が確認されたと発表した。3選手に発熱や倦怠感などの症状はないという。また、今回PCR

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(14日、京セラドーム大阪) ベンチ内で「幸せの黄色いマスク」を着用し始めた途端に連勝を飾った阪神。勢いに乗って連勝を伸ばしたいところだ。

後で読む
サンケイスポーツ

青梅マラソンの主催者は14日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、来年2月21日に予定していた第55回記念大会を2021年度に延期すると発表した。代替イベントを検討しているという。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子日本代表のエース、田中大貴(28)ら3選手がPCR検査で新型コロナウイルスに陽性反応を示したBリーグのA東京は14日、林邦彦社長がオンラインで記者会見。選手やスタッフなど24人が濃厚接触の疑いで自宅待機しているとした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク4-1オリックス、10回戦、ソフトバンク9勝1敗、14日、ペイペイD)ソフトバンクが今季2度目の5連勝。1-1の八回、2死一、二塁から柳田が決勝の15号3ランを放った。八回を3人で抑えた5番手の嘉弥真が2勝目を挙げ、森は13セーブ。オリックスは好投の山崎福を援護できず、7連敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク4-1オリックス」(14日、ペイペイドーム) 首位ソフトバンクが柳田の一発で5連勝。オリックス戦を9勝1敗とし、今カードも4連勝で勝ち越しを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク4-1オリックス」(14日、ペイペイドーム) オリックスが今季2度目の7連敗。今カードも4連敗で負け越しが決まった。ソフトバンク戦はこれで1勝9敗。早ければ16日にも自力優勝の可能性が消滅する。

後で読む
スポーツニッポン

欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日、ポルトガル・リスボンで準々決勝の1試合が無観客で行われ、ライプチヒ(ドイツ)が2―1でアトレチコ・マドリード(スペイン)を破り、2度目の出場で初の4強入りを決めた。18日の準決勝でパリ・サンジェルマン(フランス)と対戦する。

後で読む
スポーツニッポン

J2大宮が細心の注意で敵地へ乗り込む。チームは14日、次節16日のアウェー山口戦に向けて非公開で調整。リーグ再開後、初めて飛行機移動を伴う長距離遠征となるだけに、練習後にオンラインで対応した高木琢也監督(53)は「感染者が全国に広がってきている。公共交通機関を使用するので、(感染症対策に)より注意を払っていかないと」と警戒を強めた。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

絶対的王者が強さを見せつけた。18年夏から県内無敗を誇る近江が快勝し、夏の滋賀大会を3年連続で制し県内連勝を30に伸ばした。

後で読む
東京スポーツ

ドイツ2部ハノーバーへ完全移籍するJ1FC東京の日本代表DF室屋成(26)が14日、オンライン取材に応じた。  正式オファーが届いたのは約1週間前。長谷川健太監督(54)らチーム内で話し合い、海外挑…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和の大槻毅監督(47)が14日、ホームの広島戦(15日)に向けてオンライン会見を行った。  前節(8日)の名古屋戦は大量6失点での大敗。広島戦は、立て直しの成果が問われる中「(敗戦の原因を)な…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和の大槻毅監督(47)が、14日のオンライン会見で鳥栖で起きた新型コロナウイルスのクラスターについても言及した。  指揮官は「一緒にリーグを戦っている一員として心配している。これまでやってきた…

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの今季第2戦「NEC軽井沢72」が14日、長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)で開幕した。

後で読む
サンケイスポーツ

千葉県美浜区にある本拠地ZOZOマリンスタジアムの気温は14日の午後2時時点で35度を超えた。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 田村伊知郎投手、柘植世那捕手、金子侑司外野手 【同抹消】 ▽西武 伊藤翔投手、与座海人投手、川越誠司外野手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽阪神 岩崎優投手 ▽広島 モンティージャ投手 ▽中日 山井大介投手、木下雄介投手、アルモンテ外野手 【同抹消】 ▽ヤクルト 武岡龍世内野手

後で読む
サンケイスポーツ

しびれを伴う首痛のため7月5日に2軍降格していた西武・金子侑司外野手(30)が13日、出場選手登録された。同選手は7月28日のイースタン・リーグ、日本ハム戦で実戦復帰し、ここまで2軍戦に9試合出場し、32打数11安打、打率・344、2盗塁の成績を残していた。

後で読む
東京スポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部、アルバルク東京は14日、昨季BリーグのレギュラーシーズンMVPとベスト5を同時受賞した田中大貴(28)、小島元基(26)、津山尚大(24)の3選手が新型コロナウイ…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは14日、8月2日に新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となっていたJ2第9節、大宮アルディージャ対アビスパ福岡(19時開始/NACK5)の代替日…

後で読む
スポーツニッポン

BリーグのA東京が14日、田中大貴(28)、小島元基(26)、津山尚大(24)の3選手が新型コロナウイルスの感染が判明したと発表した。

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍は14日、ヤクルトと対戦する。スタメンが発表された。先発マウンドには、野上亮磨投手(33)が上がる。10日に登録抹消され、2軍で再調整中の陽岱鋼外野手(33)は「3番・左翼」でスタメン出場す

後で読む
デイリースポーツ

青梅マラソンの大会主催者は14日、来年2月21日に予定していた第55回記念大会について、開催を見送り、1年延期することを発表した。 新型コロナウイルス感染拡大の状況に伴い、安心安全な大会運営は困難と判断。「新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く現状を踏まえ、大会開催に向けて関係機関と協議し、慎重に検討を重ねてまいりましたが、参加者数が約2万人となる大規模レースの安心で安全な大会運営を行うことは困難であると判断いたしました」と、説明した。代替イベントを検討するという。

後で読む
デイリースポーツ

Bリーグ1部アルバルク東京は14日、選手3人に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たと発表した。 11日に選手、チームスタッフ、フロントスタッフ全員にクラブ独自のPCR検査を実施。12日夜に検査結果が判明し、田中大貴、小島元基、津山尚大に陽性判定が出た。3選手は再検査し13日から自宅待機。再度陽性が確認された。

後で読む
スポーツ報知

西武・金子侑司外野手(30)が14日、1軍に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は14日、川崎市のジャイアンツ球場で行われる25日のイースタン・ロッテ戦から、入場者数を1000人に限定して入場券を販売すると発表した。 新型コロナウイルス感染対策のため紙チケットは廃止。スマートフォンなどでの確認による電子チケットのみとなる。全席予約制で試合当日に球場での入場券販売は行わない。

後で読む
デイリースポーツ

7連敗中の西武は14日、金子侑司外野手ら3選手が昇格。川越誠司外野手ら3選手が2軍降格となった。 阪神は岩崎優投手、広島はE.モンティージャ投手が昇格した。

後で読む
スポーツニッポン

J2松本は14日、主将のDF田中隼磨(38)が松本市内の病院で右膝外側半月板損傷と診断されたと発表した。14年にも同箇所を負傷しており、8日の磐田戦で再発したとみられる。全治は不明でクラブは今後の経過を見て発表するとしている。今季ここまで9試合に出場していた。5連敗中のチームにとってさらなる痛手となった。

後で読む
日刊スポーツ

宮城県内で高校総体の代替大会が開催中だが、15日からはフェンシングも行われる。昨年3月の全国選抜男子エペ団体で初優勝した仙台城南は同大会2連覇と、全国総体の優…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグB1のアルバルク東京は14日、田中大貴、小島元基、津山尚大の3選手に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。3選手は先…

後で読む
スポーツニッポン

レイズの筒香嘉智外野手(28)が13日(日本時間14日)、ボストンのフェンウェイパークで行われたレッドソックス戦に「8番・左翼」で出場し、5打数2安打2打点だった。3回無死一、三塁の好機で右前適時打。さらに4回は1死二、三塁から右犠飛、6回の無死一塁では右前打と、走者を置いた場面での活躍で17―8の大勝に貢献した。マルチ安打は7月28日のブレーブス戦以来、メジャー2度目だった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・藤浪が今季4度目の先発。3試合連続4失点も過去2試合は自責1。味方の援護をもらって18年9月29日中日戦以来685日ぶりの白星をつかみたい。

後で読む
スポーツニッポン

MLBでドローンによる試合中断が発生した。しかも日本人選手の打席の最中だった。13日(日本時間14日)、レッドソックス―レイズ戦が行われたフェンウェイ・パーク。レイズが5―3とリードした3回無死一、三塁だった。

後で読む
東京スポーツ

サッカー女子のスウェーデン1部リンシェピングは13日、なでしこジャパンMF籾木結花(24)が、米女子プロリーグNWSLのレインから期限付きで加入すると発表した。  籾木は自身のツイッターを更新し「リ…

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子・BリーグのA東京は14日、所属する選手3人がPCR検査で新型コロナウイルスに陽性反応を示したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール日本代表4カテゴリー(5人制、3人制各男女)の監督らが14日、オンラインで記者会見し、5人制男子のフリオ・ラマス監督は来夏の東京五輪への準備として事前に8試合程度の国際試合を行いたいと構想を明かした。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子V2ヴォレアス北海道に加入した08年北京五輪代表のアウトサイドヒッター越川優(36)が13日、旭川市内で「YuMe~夢~バレーフェスタ2020」を開催した。

後で読む
スポーツ報知

青梅マラソン大会の主催者は14日、2021年2月21日に予定していた「第55回記念青梅マラソン」(報知新聞社ほか主催)の開催を見送り、次年度に延期することを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球春季リーグ戦は14日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は、法大が明大をタイブレーク制の延長十二回3-2で下し、開幕から3連勝、明大は4連敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは13日、カナダのエドモントンとトロントで1回戦(7回戦制)4試合が行われ、西カンファレンスはゴールデンナイツが延長の末、ブラックホークスに4-3で競り勝ち、2戦2勝とした。スターズはフレームズを5-4で下し、初白星(1敗)を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日、リスボンで準々決勝の1試合が無観客で行われ、ライプチヒ(ドイツ)が2-1でアトレチコ・マドリード(スペイン)を破って初の4強入りを決めた。18日の準決勝でパリ・サンジェルマン(フランス)と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのドイツ2部・ハノーバーへの完全移籍が発表されたJ1FC東京のDF室屋成(26)が14日、練習後にオンライン取材に応じた。 正式にオファーが届いたのは1週間前ほどだといい、チームとも話し決断した。室屋は「シーズン途中で移籍してしまうことはチームにも迷惑をかけてしまうし、申し訳ない気持ちは感じています。それよりも短いサッカー人生を考えたらオファーが来た時に断ることができなかったのが素直な気持ちです」と、心境と理由を語った。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの周東佑京内野手(24)が、右肩違和感で7試合ぶりにスタメン落ちした。前日12日のオリックス戦(ペイペイD)では決勝三塁打を放つ活躍を見せたが、試合中の帰塁でタッチされた際に痛めた。症状

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-オリックス」(14日、福岡ペイペイドーム) オリックスが先制した。初回1死から宗が東浜の150キロを捉え、右中間二塁打で出塁。吉田正は141キロを右中間にはじき返す適時二塁打で先取点を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

19~20年シーズン限りでマンチェスターCを退団する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)が来季、リーグ9連覇中のイタリアの名門ユベントスに移籍する可能性が急浮上した。13日にイタリアのテレビ局「スポーツメディアセット」が報じた。

後で読む
スポーツニッポン

周囲に流されない、物事に一喜一憂しない。そして常に前向き。そんなメンタルがFC東京の日本代表DF室屋成(26)のサッカー人生を支えている。クラブは14日、室屋がドイツ2部ハノーバーに移籍すると発表。同日にオンラインで取材に応じた際にも「(海外挑戦のタイミングは)遅くも早くもない。自分のタイミングで行ければいいと思っていた」とブレなかった。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムは14日、北海道内で活動する小学5・6年生を対象に「2020年通い型フォールキャンプ」を開催すると発表した。7回目を迎える今年は紋別市と函館市の2会場で行う。参加申し込みは9月2日正午まで球団公式ホームページの応募フォームで受け付けている。詳細は球団公式ホームページを参照。

後で読む
スポーツニッポン

阪神の岩崎優投手(29)が14日、1軍に合流した。開幕から勝ちパターンの一角を担いフル回転してきた左腕は7月25日に出場選手登録を抹消。球団からは「左肘の張りのため」と発表されていた。

後で読む
スポーツニッポン

レッズの秋山翔吾外野手(32)が13日(日本時間14日)、本拠地でのパイレーツ戦に「1番・左翼」で出場し、守備で魅せた。5回、背走しフェンスにぶつかりながらジャンピングキャッチのスーパープレー。デービッド・ベル監督は「信じられない。打たれた時も追っている時も捕れないと思った。素晴らしい万能選手だ」と絶賛。7回にもライン際の飛球を横っ飛びで好捕し日本で5年連続ゴールドグラブ受賞の力を披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

左肘の張りのため2軍で調整していた阪神・岩崎優投手(29)が14日、1軍に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(14日、京セラドーム) 阪神ナインが全体練習開始前から精力的に準備を行った。福留孝介外野手(43)、糸井嘉男外野手(39)のベテランを筆頭に多くの選手がグラウンドへ。各自、打撃練習や守備練習などで汗を流した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の岩崎優投手(29)が14日、京セラドームでの広島戦前の練習から1軍に合流した。7月25日に左肘の張りで登録抹消されたが、12日のウエスタン・オリックス戦で実戦復帰。1回無安打無失点2奪三振と貫禄十分の投球で回復をアピールしていた。 13日には藤川が右上肢のコンディション不良のため、出場選手登録から抹消された。金村投手コーチは「(左肘の)状態にもよりますがセットアッパーとしてやってほしい」と岩崎に期待。ここ数試合はガンケルのイニングまたぎなどでしのいできたが、岩崎の復帰で守護神スアレスにつなぐ形が出来上がる。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド13日(日本時間14日)発】米プロバスケットNBAで渡辺雄太(25)がツーウェー契約するメンフィス・グリズリーズは、ミルウォーキー・バックスに119―106で勝利。渡辺はベンチ入…

後で読む
東京スポーツ

ゴルフの米女子ツアーは13日(日本時間14日)、台湾の新北市で10月29日に開幕する予定だった「スウィンギングスカート台湾選手権」を中止することを発表した。新型コロナウイルスによる渡航制限などが理由…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪のロティーナ監督(62)は“柏の怪物”を恐れない。15日のアウェーでの柏レイソル戦を前に14日、大阪・舞洲で練習後、オンラインで取材に応じた。勝ち…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪でJ3に参戦するU-23森下仁志監督(47)が14日、オンライン取材に応じ、売り出し中のFW唐山翔自(とうやま・しょうじ、17)の秘話を明かした。1…

後で読む
日刊スポーツ

腰打撲で戦線離脱中の浦和レッズのFW興梠慎三(34)がチーム練習に合流した。15日のサンフレッチェ広島とのホーム戦に向け、14日にさいたま市内で非公開練習。練…

後で読む
日刊スポーツ

ドイツ2部ハノーバーへの完全移籍が決まった東京DF室屋成(26)が、14日の練習後にオンラインで取材に対応した。約1週間前に正式なオファーが届き、「1人の選手…

後で読む
デイリースポーツ

シュートボクシング(SB)が9月19日の後楽園ホール大会「SHOOT BOXING 2020 act.2」で再始動することが14日、発表された。今大会は当初、4月22日に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、延期されていた。 シーザー武志会長は「世の中がこのような大変な時でも、格闘家たちは頑張って練習をしています。戦える場所を早く作ってあげたいと各団体の人たちも日々努力をして頑張っています。大切なのは、来ていただけるお客さまが、いかに安全な状態で試合を見ていただけるかということです。少しずつですが、シュートボクシングも前に進んで行きたいと思い、9月19日に開催します。こんな時に、と思われる方も多いと思いますが、一歩でも前に進むことが大切だと思い決断しました」と、大会開催を決めるに至った経緯を説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

サガン鳥栖による新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生を受け、浦和レッズの大槻毅監督(47)がクラブで取り決めるプロトコルの見直しや変更を示唆した。…

後で読む
サンケイスポーツ

レッドソックス8-17レイズ(13日、ボストン)レイズの筒香は「8番・左翼」で出場し、5打数2安打2打点、1得点だった。内容は空振り三振、右前適時打(打点1)、右犠飛(打点1)、中前打、空振り三振、右飛で打率は1割8分2厘。チームは17-8と大勝し、6連勝。

後で読む
東京スポーツ

【中西学の月刊野人通信(4)】東スポ読者の皆さん、毎日暑いですが、いかがお過ごしですか! コロナもまだ落ち着かないし、イベントは相変わらず難しい状況が続いてるね。俺も引退したからといってのんびりはした…

後で読む
東京スポーツ

全日本プロレスの“自称・最高男”宮原健斗(31)が、思い出の東京タワーで世界タッグ王座奪取を誓った。30日の東京・後楽園ホール大会で「暴走大巨人」こと諏訪魔(43)、石川修司(44)組への挑戦を控え…

後で読む
東京スポーツ

配信されたWWE・NXT大会で〝暗黒の逸女〟ことNXT女子王者の紫雷イオ(30)が、22日「NXTテイクオーバーXXX」で挑戦を受ける遺恨の相手ダコタ・カイ(32)に対し、圧巻の〝防衛予告〟を突きつ…

後で読む
東京スポーツ

配信されたWWE・NXT大会で大惨事が起きた。22日「NXTテイクオーバーXXX」でカリオン・クロス(35)の挑戦を受けるNXT王者のキース・リー(35)が、挑戦者に顔面を燃やされる前代未聞のハプニ…

後で読む
東京スポーツ

配信されたWWE・NXT大会で、KUSHIDA(37)が、22日「NXTテイクオーバーXXX」で行われるNXT北米王者決定ラダー戦(4選手参加)出場権を惜しくも逸した。  KUSHIDAはメインで同…

後で読む
スポーツニッポン

NBAは13日、フロリダ州オーランドで「シーディング・ゲーム」の7試合を行い、西地区全体8位で最終戦を迎えたトレイルブレイザーズは、すでに東地区第7シードが決まっていたネッツに大苦戦。前半で7点をリードしながら第3Qの残り1分46秒には10点を追う展開となり、37―29とした第4Qで追い上げたものの、最後まで勝負が分からない大接戦となった。

後で読む
デイリースポーツ

「米プロバスケットボールNBA、ウィザーズ96-90セルティックス」(13日、フロリダ州オーランド近郊) ウィザーズはセルティックスとの今季最終戦を96-90で勝利し、シーズン再開後初勝利を挙げた。八村塁(22)は右太もも痛のため欠場した。

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(33)が、7回1死までノーヒッターの快投で今季3勝目(1敗)を挙げた。7回1安打1失点3四死球11奪三振。球数は今季最多の104球…

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ、ドジャースは13日、11月の大統領選の投票所として本拠地球場のドジャースタジアムを提供すると発表した。メジャー球団で初の試みという。同じくロサンゼ…

後で読む
日刊スポーツ

オリオールズは4回に2点を先行されたものの、5回にアンソニー・サンタンダー右翼手の3点適時二塁打で逆転。その後、ペドロ・セベリーノ捕手の4号3ラン、リオ・ルイ…

後で読む
スポーツ報知

【オリックススタメン】

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは13日、9月8日からの阪神3連戦を対象に行うスペシャルイベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT2020 Supported by 横浜銀行」において、チーム、来場するファンに着用してもらうスペシャルユニホームのデザインが決定したことを発表した。 今年は横浜の街へ明るいニュースを届けたいという想いと、街のランドマークでもある大観覧車「コスモクロック21」のイルミネーションが今回のユニホームデザインの世界観とマッチしているため、「コスモクロック21」を運営するよこはまコスモワールド協力のもとデザイン発表を実施した。なお、チケット情報等については球団公式ホームページで別途発表する。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は14日、都内で非公開練習を行った。あす15日にホームで名古屋と対戦する。

後で読む
スポーツニッポン

ドイツ2部ハノーバーへの完全移籍が発表された日本代表DF室屋成(26=FC東京)が14日、オンラインで取材に応じ、「Jにいるから成長できないとは一切思っていない。オファーが届いた時にに単純にサッカー選手として海外でプレーしたい、経験したことのない環境を経験したいと思った」と心境を語った。

後で読む
スポーツニッポン

浦和の大槻毅監督が14日、オンライン取材に応じ、あす15日の広島戦(埼スタ)に向けた意気込みを語った。8日の名古屋戦では大量6失点と衝撃的な大敗を喫した。「しっかり振り返り、なぜかを考え、その中で切り替え、広島戦に臨もうという4日間(練習日)でした。ここでリバウンドメンタリティー、強い意志を見せたいと思う」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

男子マラソンの川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が13日、自身のツイッターを更新した。世界陸連が800メートル以上のトラック種目でのシューズの靴底の厚…

後で読む
日刊スポーツ

男子マラソンでプロランナーとして活躍している川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が13日、自身のツイッターを更新した。今後のプロランナーの在り方について…

後で読む
スポーツ報知

 日本女子プロゴルフ協会は14日、下部ツアーのステップアップツアー「カストロールレディース」(9月2~4日、千葉・市原GC)を新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期すると発表した。新たな開催日程に

後で読む
スポーツニッポン

阪神の福留孝介外野手(43)、糸井嘉男(39)の両ベテランが広島戦が行われる京セラドームで早出のフリー打撃を行った。

後で読む
デイリースポーツ

J1のFC東京は14日、DF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍すると発表した。15日の名古屋戦がFC東京での最後の試合になる。室屋はクラブを通じ「東京での経験を糧にチャレンジしてきます」とコメントした。 豊富な運動量と鋭い仕掛けが持ち味のサイドバックで、青森山田高、明大を経て2016年にFC東京入り。同年のリオデジャネイロ五輪に出場した。17年12月にフル代表に初招集され、国際Aマッチ10試合に出場している。FC東京はロストフ(ロシア)入りした橋本拳人に続く主力の移籍となる。

後で読む
サンケイスポーツ

米女子プロゴルフ協会(LPGA)は13日、台湾の新北市で10月29日~11月1日まで開催予定だったスウィンギングスカート台湾選手権を中止にすると発表した。新型コロナウイルスによる渡航制限などを理由に挙げた。

後で読む
スポーツ報知

NBAのウィザーズは13日(日本時間14日)、集中開催地のディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ州)で行われた今季最終戦・セルティックス戦に96―90で勝利した。シーズン再開後、初勝利で今季を締め

後で読む
サンケイスポーツ

J1のFC東京は14日、日本代表DF室屋成(26)がドイツ2部ハノーバーへ完全移籍することが決定したと発表した。今後はメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)が13日(同14日)、シカゴで行われたブルワーズ戦に先発。七回1安打1失点と好投、毎回の11三振を奪い、104球を投げた。チームは4-2で勝利し、自身今季3勝目(1敗)を挙げた。七回1死まで無安打投球と圧倒。最速は98マイル(約158キロ)だった。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)が本拠地シカゴで行われたブルワーズ戦に先発し7回1安打1失点で、毎回の11三振を奪う快投で今季3勝目(1敗)を挙げた。七回1死からスモークに右越えソロを浴びるまでノーヒットの圧巻のピッチング。チームは4-2で勝利し、今季の成績を13勝3敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・周東佑京内野手(24)が14日、肩の違和感でオリックス戦(ペイペイドーム)の試合前の打撃練習から外れた。工藤公康監督(57)が説明した。

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフの今季第2戦、NEC軽井沢72が14日、長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)で開幕し、第1ラウンドが行われた。

後で読む
デイリースポーツ

J1のC大阪は14日、次節柏戦(15日、三協F柏)に向けて大阪市内で非公開の最終調整を行い、オンラインでの取材に応じたロティーナ監督(63)は柏FWマイケル・オルンガ(26)に対して「ゴール前で効果的な動きをする。リーグで一番のFWだと思う」と警戒した。 9試合で10得点を量産し、得点ランク首位を独走するケニア人ストライカーについて、スペイン人指揮官は「スペイン時代(17~18年にジローナ所属)から知っている。成長していくという印象を持っていたが、その通りになった」と評価。ただ、特別な対策を講じるつもりはない。「相手をリスペクトすることは重要だが、自分たちのやり方を変える必要はない。恐れる必要もない」と冷静に語った。

後で読む
東京スポーツ

【デスクと記者のナイショ話】デスク お前の住んでる大阪でも、新型コロナウイルスの感染者が激増してるな。  阪神担当記者 報道で散々出ている通りです。私もすっかり外出自粛モードに再突入。外食も極力控えて…

後で読む
東京スポーツ

J1FC東京は14日、DF室屋成(26)がドイツ2部ハノーバーに完全移籍すると発表した。  明大在学中の2015年に特別指定選手となり、16年にFC東京入り。同年のリオデジャネイロ五輪に出場した。翌…

後で読む
サンケイスポーツ

FC東京は14日、日本代表DF室屋成がハノーバー96に完全移籍することを発表した。今後、メディカルチェックを経て正式契約となる。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのアルトゥーロ・ビダルは、Bミュンヘン戦を前に両チームのエースについて語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ウニオン・ベルリンの遠藤渓太が新シーズンの目標について語った。

後で読む
サンケイスポーツ

トットナムの韓国代表FWソン・フンミンのゴールがプレミアリーグ年間ベストゴールに選出された。

後で読む
東京スポーツ

【東スポ60周年記念企画 フラッシュバック(17)】日本のお家芸「柔道」だが、その重量級は長く低迷が続く。特に最も重い男子100キロ超級での五輪金メダルは、2008年北京五輪で石井慧(33)が獲得した…

後で読む
東京スポーツ

渡辺雄太(25)がツーウェー契約するメンフィス・グリズリーズはミルウォーキー・バックスに119―106で勝利。34勝39敗で今季のレギュラーシーズン全日程を終えた。渡辺はベンチ入りしたものの、出場し…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド13日(日本時間14日)発】米プロバスケットNBA、ワシントン・ウィザーズの八村塁(22)は、前日の練習で右太ももを痛めたためレギュラーシーズン最終戦だったボストン・セルティック…

後で読む
東京スポーツ

【英国・ノースバーウィック13日(日本時間14日)発】女子ゴルフの米、欧州の両ツアーを兼ねる「スコットランド女子オープン」(ルネサンス・クラブ=パー71)初日、渋野日向子(21=サントリー)はノーバー…

後で読む
サンケイスポーツ

新聞記者は時間が不規則とはいえ、やはり早起きはつらい。いちばん大変だったのは、女子マラソンの五輪旗メダリスト、高橋尚子さんの“走り初め”取材だ。

後で読む
日刊スポーツ

金明輝(キム・ミョンヒ)監督(39)ら10人が新型コロナウイルスに感染しクラスター(感染者集団)が発生したサガン鳥栖は13日、25日までチーム活動を休止するこ…

後で読む
サンケイスポーツ

オマツリ、根掛かり…船上でのさまざまなSOSに駆けつけてくれる強いミカタ。今回はスーパー中乗りさん編です。千葉県船橋市・船橋『内木丸』から、「女性や子供にはひいきします(笑)」と中乗り歴5年、釣り歴46年の恵木慎一さん(51)が登場です。

後で読む
日刊スポーツ

天皇杯全日本サッカー選手権新潟県代表決定戦の新潟経営大-新潟医療福祉大が16日、新発田市五十公野公園陸上競技場で行われる。5年連続の顔合わせとなった。新潟経営…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京は14日、DF室屋成(26)がドイツ2部のハノーバーへ完全移籍すると発表した。15日のホーム名古屋グランパス戦が最終戦となる。室屋は青森山田高、明大を…

後で読む
日刊スポーツ

サッカー女子のスウェーデン1部リーグのリンシェピングは13日、サッカー女子日本代表MF籾木結花(24)が、米女子プロリーグNWSLのレインから期限付きで加入す…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(31)は12日(日本時間13日)のブレーブス戦(ニューヨーク)に先発したが、今季初勝利とはならなかった。それでも粘り強い投球で要所を締め、4回5安打2失点。「ゲームを壊さずに、悪いなりにも相手のバランスを崩しながら投球できた」と収穫を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

今回のテーマは、正しいインパクトの形です。インパクトはアドレスの再現という言葉を耳にしますが、ツアープロのインパクトを見ると、アドレスと同じ形の人は皆無です。それでは、どのような形がベストなのか、藤田寛之プロが解説しました。ミス日本ミススポーツの田中絵梨果さんは、藤田プロから正しいインパクトを再現するためのドリルを教えてもらい、早速実践していました。ティーチングプロのジミー常住氏が進行役を務め…

後で読む
デイリースポーツ

テニスの女子シングルスで昨年の全米オープンを制したビアンカ・アンドレースク(カナダ)が13日、新型コロナウイルスの感染拡大で十分な練習が積めなかったため、31日にニューヨークで開幕する同大会を欠場すると発表した。 世界ランキング6位のアンドレースクに加え、1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)、5位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)、7位のキキ・ベルテンス(オランダ)も欠場を表明している。(AP=共同)

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米大リーグは13日、各地で行われ、カブスのダルビッシュがシカゴでのブルワーズ戦に先発し、7回を1安打1失点、11三振3四死球で3勝目(1敗)を挙げた。七回1死から本塁打を浴びるまで無安打無失点だった。チームは4-2で勝ち、連勝を3に伸ばした。 レイズの筒香はレッドソックス戦に「8番・左翼」でフル出場し、適時打と犠飛をマークして5打数2安打2打点、1得点で2三振だった。複数安打はメジャー2度目。チームは17-8で大勝し、6連勝とした。

後で読む
日刊スポーツ

メッツのジェフ・マクニール左翼手が捕球の直後にフェンスに激突し、左膝を痛めて交代するアクシデントが発生した。MLB公式サイトが伝えている。マクニールは初回、ア…

後で読む
日刊スポーツ

カブスの主砲クリス・ブライアント内野手が、左の手首と薬指を痛めて先発ラインナップから外れた。ブライアントは12日のインディアンス戦で、5回にダイビングキャッチ…

後で読む
日刊スポーツ

メッツのトーマス・ニド捕手が4回に今季1号2ランを放ち、続く5回には満塁弾で今季2号をマークした。ニドは4打数2安打6打点の活躍。殿堂入りした故ゲーリー・カー…

後で読む
日刊スポーツ

テニスの女子シングルスで昨年の全米オープンを制したビアンカ・アンドレースク(カナダ)が13日、新型コロナウイルスの感染拡大で十分な練習が積めなかったため、31…

後で読む
日刊スポーツ

ウィザーズのルーキー八村塁(22)は右大腿(だいたい)四頭筋痛により、シーズン最終戦となったセルティックス戦を欠場、昨年10月からの1年目のシーズンを終えた。…

後で読む
東京スポーツ

【ロサンゼルス発】「スターの退場」と米メディアが騒然だ。ナショナルズのエース、スティーブン・ストラスバーグ投手(32)が13日(日本時間14日)のシティ・フィールドでのメッツ戦で、観客席にいたにもかか…

後で読む
東京スポーツ

ヤンキースの田中将大投手は12日(日本時間13日)のブレーブス戦に先発して4回を1被弾を含む5安打2失点、3三振2四球で、打者19人に66球投げた。チームは勝利したが白星はつかなかった。キャンプ中の…

後で読む
東京スポーツ

【マサチューセッツ州ボストン発】レイズの筒香嘉智外野手(28)は13日(日本時間14日)に敵地でのレッドソックス戦に「8番・左翼」で先発出場し、5打数2安打2打点、1得点で2三振だった。7月28日(同…

後で読む
スポーツニッポン

カブスのダルビッシュ有投手(33)が13日(日本時間14日)、本拠地・シカゴでのブリュワーズ戦に今季4度目の先発登板。7回104球を投げ1安打1失点、今季初2桁となる毎回の11奪三振の快投を見せ、今季3勝目を挙げた。チームは4―2で勝利し3連勝、貯金10として2ケタ貯金メジャー一番乗りし、ナ・リーグ中地区の首位を独走している。

後で読む
東京スポーツ

【スペイン・エルチェ13日(日本時間14日)発】スペインリーグの1部昇格を争うプレーオフ準決勝第1戦で、MF香川真司(31)が所属する2部3位のサラゴサは同6位のエルチェとアウェーで対戦し、0―0で引…

後で読む
東京スポーツ

【ポルトガル・リスボン13日(日本時間14日)発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝は、ライプチヒ(ドイツ)が終了間際のゴールでアトレチコ・マドリード(スペイン)を2―1で破り、チーム…

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの女子シングルスで昨年の全米オープンを制したビアンカ・アンドレースク(カナダ)が13日、新型コロナウイルスの感染拡大で十分な練習が積めなかったため、31日にニューヨークで開幕する同大会を欠場すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグは13日、各地で行われ、カブスのダルビッシュがシカゴでのブルワーズ戦に先発し、7回を1安打1失点、11三振3四死球で3勝目(1敗)を挙げた。七回1死から本塁打を浴びるまで無安打無失点だった。チームは4-2で勝ち、連勝を3に伸ばした。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグは13日、各地で行われ、レイズの筒香がボストンでのレッドソックス戦に「8番・左翼」でフル出場し、適時打と犠飛をマークして5打数2安打2打点、1得点で2三振だった。複数安打はメジャー2度目。チームは17-8で大勝し、6連勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)がシカゴで行われたブルワーズ戦に先発。七回1安打1失点と好投、毎回の11三振を奪い、104球を投げた。2桁三振は41度目となった。チームは六回まで4-1とリードしており、今季3勝目の権利を持ってマウンドを降りた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子のスウェーデン1部リーグのリンシェピングは13日、日本代表「なでしこジャパン」のMF籾木結花(24)が、米女子プロリーグNWSLのレインから期限付きで加入すると発表した。籾木は自身のツイッターに「リーグ優勝、CL(欧州女子チャンピオンズリーグ)出場権獲得のためにベストを尽くします」と記した。 代表通算31試合10得点の籾木は、5月にプレナスなでしこリーグ1部の日テレからレインへ移籍。新型コロナウイルスの影響で短期開催されたNWSLのチャレンジカップでは5試合に出場した。(共同)

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は14日、日本代表DF室屋成(26)が独2部のハノーバーに完全移籍すると発表した。あす15日の明治安田生命J1第10節名古屋戦がラストゲームとなる。

後で読む
東京スポーツ

新型コロナ禍の中で開催中の「2020年甲子園交流試合」は12日で前半戦を終えた。中止となった今春のセンバツ選出校の救済措置ながら、様々な制約の中で球児たちは聖地を謳歌し、熱戦を繰り広げている。舞台裏…

後で読む
東京スポーツ

【平岡洋二「アスリートの解体書」(3)】「早よ来いよ」「今日は夜8時までじゃろ? 急いで行くけど先にホテルの部屋でちょっとバット振らせて」。阪神不動の4番打者となったある時のデーゲームの対広島戦終了後…

後で読む
東京スポーツ

新型コロナ禍の中で開催中の「2020年甲子園交流試合」は12日で前半戦を終えた。中止となった今春のセンバツ選出校の救済措置ながら、様々な制約の中で球児たちは聖地を謳歌し、熱戦を繰り広げている。このま…

後で読む
東京スポーツ

新型コロナ禍の中で開催中の「2020年甲子園交流試合」は12日で前半戦を終えた。中止となった今春のセンバツ選出校の救済措置ながら、様々な制約の中で球児たちは聖地を謳歌し、熱戦を繰り広げている。舞台裏…

後で読む
東京スポーツ

期待の若ゴイ、広島の小園海斗内野手(20)が今季はすっかり影を潜めている。ルーキーだった昨年は不振の田中広輔内野手(31)に代わって遊撃に定着し、出場58試合で打率2割1分3厘、4本塁打、16打点。…

後で読む
スポーツニッポン

カブスのダルビッシュ有投手(33)が13日(日本時間14日)、本拠地・シカゴでのブリュワーズ戦に今季4度目の先発登板。7回1安打1失点、毎回の11奪三振の投球を見せ、勝利投手の権利を持って降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子のスウェーデン1部リーグのリンシェピングは13日、日本代表「なでしこジャパン」のMF籾木結花(24)が、米女子プロリーグNWSLのレインから期限付きで加入すると発表した。籾木は自身のツイッターに「リーグ優勝、CL(欧州女子チャンピオンズリーグ)出場権獲得のためにベストを尽くします」と記した。

後で読む
サンケイスポーツ

レッズ6-9パイレーツ(13日、シンシナティ)レッズの秋山は「1番・左翼」で先発出場し、3打数無安打だった。内容は二ゴロ、遊ゴロ、左飛で、七回に代打を送られ退いた。打率は2割2分9厘。チームは6-9で負けた。

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)は、アタランタ戦で負傷したGKケイロル・ナバス、DFチアゴ・シウバの状況を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

13日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、ジョゼ・アルヴァラーデでのRBライプツィヒ対Aマドリードは2-1でRBライプツィヒが勝利を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

Aマドリードは13日のチャンピオンズリーグ準々決勝、RBライプツィヒ戦を1-2で落とした。MFコケは試合後、相手の方がプレーで優っていたことを認めている。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグは13日、各地で行われ、レイズの筒香がボストンでのレッドソックス戦に「8番・左翼」でフル出場し、適時打と犠飛をマークして5打数2安打2打点、1得点で2三振だった。複数安打はメジャー2度目。チームは17-8で大勝し、6連勝とした。

後で読む
日刊スポーツ

FC東京のDF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍することが14日、関係者の話で分かった。15日の名古屋グランパス戦がFC東京での最後の試合にな…

後で読む
スポーツニッポン

NBAウィザーズの八村塁(22)が今季全日程を終え、ルーキーシーズンを振り返った。13日にフロリダ州オーランド近郊で行われた再開シーズン最終戦のセルティクス戦を右太腿痛で欠場。96―90で再開後8戦目で初勝利を挙げた一戦を見守り、来季への決意を新たにした。今季はチームの72試合中48試合に出場。平均13・5得点(新人5位)、6・1リバウンド(新人1位)を記録した。

後で読む
スポーツニッポン

渋野日向子(21=サントリー)が日本人史上初の連覇を目指すAIG全英女子オープンが20日、英国のロイヤルトルーンGCで開幕する。アマチュア時代から渋野を育て、昨年大会ではキャディーとして歓喜に立ち会った青木翔コーチ(37)が本紙の単独取材に応じ、渋野の現状や見どころを語った。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは13日、集中開催地のフロリダ州オーランド近郊で行われ、ウィザーズの八村塁はセルティックスとの今季最終戦を右太もも痛のため欠場した。プレーオフ進出を逃したチームは96-90で勝ち、シーズン再開後初勝利を挙げた。八村はルーキーシーズンで48試合に出場し、1試合平均13・5得点、6・1リバウンドをマークした。 渡辺雄太がツーウエー契約を結ぶグリズリーズは119-106でバックスに快勝し、西カンファレンス9位以内を確定させ、プレーオフ進出決定戦に進むことが決まった。渡辺はベンチ入りしたが、出番はなかった。

後で読む
デイリースポーツ

1996年アトランタ五輪の開会式で、聖火リレーの最終ランナーを務めたボクシングのヘビー級元世界王者、故ムハマド・アリさんが聖火台点火の際に使用したトーチを巡り、波紋が広がっている。7月に国際オリンピック委員会(IOC)がトーチが寄贈されたと発表。しかしアリさんの出身地にある記念館は同館が保管するトーチこそが本物と主張している。 60年ローマ五輪の金メダリストで、パーキンソン病だったアリさんが震える手でトーチを握った姿は五輪史に残る名場面として知られる。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米大リーグは13日、各地で行われ、レイズの筒香がボストンでのレッドソックス戦に「8番・左翼」でフル出場し、適時打と犠飛をマークして5打数2安打2打点、1得点で2三振だった。複数安打はメジャー2度目。チームは17-8で大勝し、6連勝とした。 カブスのダルビッシュは3勝目を懸けてブルワーズ戦に先発し、五回まで無安打無失点。

後で読む
デイリースポーツ

J1のFC東京は14日、日本代表DF室屋成(26)がドイツ2部ハノーバーに完全移籍することが決定したと発表した。メディカルチェックを経て正式契約となり、15日の名古屋戦がFC東京としての最後戦となる。 室屋はクラブを通じて「はじめにFC東京の選手として約4年半、最高のファン・サポーターの前でプレーできたことを誇りに思います。勝利してともに喜び、負けた試合の後も必ず最後はトーキョーコールで声援を送ってくれたファン・サポーターのみなさんの想いや愛情はどこに行っても絶対に忘れません。僕からみなさんにタイトルをプレゼントできなかったことが唯一の心残りですが、東京なら必ずタイトルを獲得できると信じています。クラブの理解とサポートもあり、東京での経験を糧にチャレンジしてきます。これからも応援よろしくお願いします。最高の時間をありがとうございました!」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

レイズ筒香嘉智外野手(28)が、初の「8番左翼」で出場し、5打数2安打2打点と、今季2試合目のマルチ安打をマークした。レッドソックスの先発は左腕ハート。第1打…

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が「1番左翼」で出場し、3打数無安打に終わり、連続安打試合は5でストップした。第1打席は二ゴロ。第2打席は、中前へ抜けそうな打球が…

後で読む
スポーツ報知

涌井が開幕から7連勝中と、活躍していますね。元々、コントロールがいいのは昔から分かっているんですが、今シーズンは直球の質が非常にいいですね。勝てている要因は、真っすぐの質にあると思っています。

後で読む
日刊スポーツ

ウィザーズの八村塁はセルティックスとの今季最終戦を右太もも痛のため欠場した。プレーオフ進出を逃したチームは96-90で勝ち、シーズン再開後初勝利を挙げた。八村…

後で読む
スポーツニッポン

レイズの筒香嘉智外野手(28)が13日(日本時間14日)、敵地・ボストンでのレッドソックス戦に「8番・左翼」で先発出場。3回に右前適時打を放つなど、今季2度目のマルチ安打となる5打数2安打2打点と活躍。チームは17―8で勝利し6連勝した。

後で読む
スポーツニッポン

レッズの秋山翔吾外野手(32)が13日(日本時間14日)、本拠地・シンシナティでのパイレーツ戦に「1番・左翼」で先発出場し、3打数無安打で途中交代した。チームは6―9で敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのスペイン2部リーグで13日、1部昇格を懸けたプレーオフ1回戦の第1戦2試合が行われ、香川真司が所属するサラゴサは敵地でエルチェと0-0で引き分けた。先発した香川は後半41分までプレーした。 もう1試合はジローナがアルメリアに1-0で先勝した。第2戦は16日に実施される。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグで新型コロナウイルスの集団感染が発生したカージナルスが15日に敵地シカゴで行われるホワイトソックスとのダブルヘッダーで試合を再開すると13日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構は13日、黒人リーグの創設100年を記念した式典を16日に開催すると発表した。全選手、監督、コーチ、審判員が記念のロゴをつけて試合に臨む。

後で読む
サンケイスポーツ

J1、FC東京のDF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍することが14日、関係者の話で分かった。15日の名古屋戦がFC東京での最後の試合になるという。

後で読む
サンケイスポーツ

▽レッドソックス8-17レイズ(13日、ボストン)レイズの筒香は「8番・左翼」で出場し、5打数2安打2打点、1得点だった。内容は空振り三振、右前適時打(打点1)、右犠飛(打点1)、中前打、空振り三振、右飛で打率は1割8分2厘。チームは17-8と大勝し、6連勝。

後で読む
デイリースポーツ

高卒1年目でも関係ない。ファームの4番を託されている阪神のドラフト2位・井上。平田2軍監督が若虎に高い目標を指令した。ファームの本塁打王、打点王を獲得せよ-。将来、大砲としてチームを支えていくためにも奮起を求めた。 「(タイトルは)もちろん狙っていかなきゃ。1年目だろうが関係ない。プロに入った以上、1年目も2年目もクソもない。まだまだ打点やホームランをもっともっと打てるように。どん欲に」

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督(51)が13日、ひざ痛を抱えながらプレーを続ける糸井の“復活”を期待した。 「一生懸命、外野でトレーニングをしたり、走ったり。嘉男ももちろん諦めていないし、何とかしたい気持ちでやっているんで」

後で読む
デイリースポーツ

デイリースポーツ評論家の岡田彰布氏が、独自の視点で球界の話題を深掘りする「岡田辞典」-。「勝てる先発投手」について。防御率が良くても勝ち星が伸びない投手にはどんな“原因”があるのか。現役時代、そして監督時代の経験を基にひもときます。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

J1、FC東京のDF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍することが14日、関係者の話で分かった。15日の名古屋戦がFC東京での最後の試合になるという。 室屋は豊富な運動量と鋭い仕掛けが持ち味のサイドバック。青森山田高、明大を経て2016年にFC東京入りし、同年のリオデジャネイロ五輪に出場した。17年12月にフル代表に初招集され、国際Aマッチ10試合に出場している。FC東京はこのほどロストフ(ロシア)入りした橋本拳人に続く主力の移籍となる。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日、リスボンで準々決勝の1試合が行われ、ライプチヒ(ドイツ)が2-1でアトレチコ・マドリード(スペイン)を破り、初のベスト4入りを果たした。18日の準決勝でパリ・サンジェルマン(フランス)と対戦する。 ライプチヒは後半6分にオルモが先制ゴール。1-1の同43分に途中出場のアダムズが決勝点を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

【永瀬郷太郎のGOOD LUCK!】西武担当1年目の1983年。シーズン前半の話題を独占したのは田淵幸一だった。36歳にして驚異のホームラン量産。4月こそ2本と控えめだったが、5月13本に続いて6月12本と打ちまくった。

後で読む
スポーツニッポン

杜の都にて3日間で2度、お立ち台に立った本格派の二枚目右腕を「板東球三郎」かよ、と思った。ソフトバンクの2年目・板東湧梧投手(24)のことだ。6日の楽天戦で3回1安打無失点でプロ初勝利。9日には4回2安打無失点で、ともに2番手登板で2連勝である。「まとめて実家に贈ります」と2個の勝利球の送付先は、故郷の徳島県に住む母親に宛てられた。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCの三浦知良選手が8月12日のルヴァン杯1次リーグ第3節のコンサドーレ札幌戦に先発出場し、自身の持つ最年長出場記録を更新した。53歳という年齢の出場。し…

後で読む
スポーツニッポン

西地区全体9位のグリズリーズは13日、フロリダ州オーランドで行われた「シーディング・ゲーム」の最終戦で東地区の第1シードを決めているバックスを119―106(前半60―50)で下して34勝39敗。日本時間の午前10時から8位のトレイルブレイザーズがネッツと最終戦を行うが、少なくとも2試合制の「決着シリーズ(プレー・イン・トーナメント)」への出場権を自力で獲得した。トレイルブレイザーズが勝ってグ…

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)が節目のメジャー通算50勝目に到達した。12日(日本時間13日)、ブルワーズ戦に先発し、6回2/3を5安打2失点にまとめ、今季3勝…

後で読む
日刊スポーツ

ドジャース・ダルビッシュ有投手が3勝目を目指して先発。前回5日のロイヤルズ戦は7回5安打1失点で2勝目(1敗)を挙げた。この日対戦するブルワーズ打線は前日にツ…

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)が節目のメジャー通算50勝目に到達した。12日(日本時間13日)、ブルワーズ戦に先発し、6回2/3を5安打2失点にまとめ今季3勝目…

後で読む
デイリースポーツ

 【ロンドン共同】女子ゴルフで米、欧州の両ツアーを兼ねるスコットランド・オープンは13日、英ノースバーウィックのルネサンス・クラブ(パー71)で第1ラウンドが行われ、渋野日向子はバーディーなしの6ボギー、1ダブルボギーと振るわず、8オーバーの79で暫定126位と大きく出遅れた。 霧で競技開始が2時間遅れた影響で日没サスペンデッドとなり、27選手が終えられなかった。

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグ川崎のファジーカス・ニック(35)が12日までに日刊スポーツの書面での取材に応じ、7月に新型コロナウイルス陽性と診断された経緯について…

後で読む
日刊スポーツ

今からちょうど100年前の1920年8月14日、アントワープ・オリンピック(五輪)の開会式が行われた。日本を含む史上最多の29カ国から2591人…

後で読む
スポーツ報知

 霧の影響で2時間遅れて開幕し、初日は日没サスペンデッドとなった。昨年のメジャー、AIG全英女子オープン覇者の渋野日向子(21)=サントリー=は初体験の海沿いのリンクスコースに苦しみ、6ボギー、1ダブ

後で読む
サンケイスポーツ

「ベニーカントリー倶楽部」(大阪府三島郡)は、京都市街地が一望できる絶景コースだ。メンテナンスが行き届き、10フィート以上ある高速グリーンがゴルファーを楽しませてくれる。阪神タイガースOBの八木裕氏(本紙専属評論家)も素晴らしい景色にうっとりだ。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフで米、欧州の両ツアーを兼ねるスコットランド・オープンは13日、英ノースバーウィックのルネサンス・クラブ(パー71)で第1ラウンドが行われ、渋野日向子はバーディーなしの6ボギー、1ダブルボギーと振るわず、8オーバーの79で暫定126位と大きく出遅れた。

後で読む
スポーツ報知

NBAのウィザーズは13日(日本時間14日)、セルティックスとの今季最終戦を前に八村塁(22)が右大腿四頭筋の痛みにより欠場することを発表した。八村のルーキーイヤーは、11日(同12日)のバックス戦

後で読む
サンケイスポーツ

8月に入ったばかりの頃は、選手層が厚い巨人とソフトバンクの独走の気配が漂っていたが、様相は一変。大本命とはいえなくなってきた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人4x-3ヤクルト、10回戦、巨人5勝4敗1分、13日、東京D)役者がそろっている、とはこのことか。巨人がここぞの場面で“刺客”を送り込み、きっちりヤクルトを仕留めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト、西武を日本一に導いた名将で阪神の臨時コーチなども務めた広岡達朗氏(88)が13日、借金1の3位(13日現在)から優勝を目指す阪神へ「2番打者を育てろ」と檄。打順やポジションに対して、選手がもっとプライドを持って戦うことを求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

遠い昔、みちのく盛岡の球場記者席で、わがサンスポの大ベテラン評論家がおっしゃった。

後で読む
スポーツ報知

楽天が西武に7―4で勝利し、首位をキープした。辰己涼介外野手(23)が3回に、自己最多を更新する5号勝ち越しソロを放った。2回に同点に追いつかれた直後の攻撃で、値千金の一発。4打数2安打と2戦ぶりの

後で読む
スポーツ報知

リーグ2連覇中の西武が泥沼にはまっている。首位・楽天に競り負けて7連敗。借金は8になった。辻監督は「選手も前向きに一生懸命やっているのは分かるけど、そこで下を向かずやっていくしかないです」と言葉を絞

後で読む
スポーツ報知

ZOZOマリンが異様な空気に包まれた。4点を追う5回、先頭の田村が日本ハム・河野の高めの直球を大きく振り抜くと、打球は伸び左翼席へ飛び込んだ。「打ったのは直球。たまたまです」。今季47試合目にして念

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-1オリックス」(13日、ペイペイドーム) 最悪のスタートから見事に立ち直った。昨年8月以来の登板となったソフトバンク・大竹が六回途中1失点で今季初白星。初回先頭打者本塁打を許したが、チーム2度目の4連勝に貢献し「2軍で練習してきたことを自信に変えて投げた」と胸を張った。

後で読む
スポーツニッポン

草創期から戦中・戦後にかけてプロ野球を陰で支え続けた功労者として日本野球連盟(今の日本野球機構)関西支局長、小島善平氏(1903―57年)を忘れてはいけない。選手の応召・出征が相次ぎ、物資窮乏のなか「命のボール」を守り、戦後復活を告げる45年11月の東西対抗戦開催を実現させた。終戦から75年を迎える、あす15日を前に、その功績をたどってみた。

後で読む
デイリースポーツ

 阪神・藤川球児投手(40)が13日、右上肢のコンディション不良のため、出場選手登録を抹消された。今季2度目の2軍降格となる。首脳陣は投手陣を再編。左肘の張りで2軍再調整していた岩崎は14日・広島戦(京セラ)からの1軍復帰が確実となり、先発の岩貞は中継ぎに配置転換する。昨季リリーフ防御率2・70を誇ったブルペンの再構築で、上位浮上を狙う。 真夏の9連戦を戦い終えたチームに衝撃が走った。投手陣の精神的支柱である藤川が右上肢のコンディション不良のため、出場選手登録を抹消された。今季2度目の戦線離脱に、藤川のコメントからもショックがにじむ。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤浪晋太郎投手(26)が13日、「粘り」、「我慢」をテーマに“鬼門突破”で685日ぶりの勝利を誓った。14日の広島戦(京セラドーム大阪)に先発予定。同球場は過去、死球による乱闘騒動や投手に死球を与えるなど、長く苦しむ遠因となった因縁の地。悪夢を払しょくする快投で、登板4戦目の今季初勝利を目指す。 偶然か、それとも必然か。今季初勝利を狙う藤浪の登板が14日・広島戦に決まった。順当なら中6日で12日のDeNA戦になるはずだった。だが、矢野監督は他選手の相性なども考慮し、ローテーションを再編。中8日で“因縁”のマウンドに上がることになった。

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは13日、開催を予定していた愛媛・宇和島市総合体育館大会を開始直前に出場選手の一部に発熱が確認されたため急きょ中止すると発表した。 選手は病院で検査を行い、結果はまだ出ていないが、新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、来場した観客の安全確保を最優先したと説明している。

後で読む
スポーツニッポン

ヨネックスの最新1W「ロイヤルEZONEエクストラスペック ドライバー」は、ヘッドスピード秒速35メートル前後のゴルファーがドローボールで飛ばせると好評。

後で読む
スポーツニッポン

テニスの4大大会、全米オープン(31日開幕、ニューヨーク)にエントリーしている男子世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)が13日、自身の公式サイトで大会に出場するとの声明を出し「簡単な決断ではなかったが再び戦えることに興奮している」とコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

競泳男子の瀬戸大也(ANA)や萩野公介(ブリヂストン)、女子の大橋悠依(イトマン東進)ら日本代表の主力選手が月末の競技会で実戦復帰することになった。

後で読む
東京スポーツ

業界の盟主に激震が走った。新日本プロレスは13日に開催予定だった愛媛・宇和島市総合体育館大会を急きょ、中止した。出場選手1人が発熱の症状を訴えたためで、団体側は協議の結果、試合開始直前に中止を決定。…

後で読む
スポーツニッポン

創設2年目を迎えた競泳の国際リーグ(ISL)の20年シーズン決勝大会の開催地に、東京が有力候補として挙がっていることが13日、分かった。ISL関係者によると、ハンガリー・ブダペストとともに最終候補に残り、会場は東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで調整を進めているという。当初は9月~来年4月に世界各地で27大会を開催予定だったが、コロナ禍で大会形式を変更。合同練習期間も含めて10月14日~…

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフのマスターズ(11月12日開幕)が新型コロナウイルスの影響で無観客開催となったことを受け、07年覇者のザック・ジョンソン(米国)が12日に「うまく考えを整理できない」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

霧による影響で約2時間スタートが遅れ、現地時間午後8時35分に日没サスペンデッドとなった。今季海外ツアー初戦となった渋野日向子(21=サントリー)は6ボギー、1ダブルボギーの79で回り、8オーバーの暫定126位と出遅れ。海外メジャーのAIG全英女子オープン(20日開幕)の前哨戦に位置付けられる今大会で、リンクスの洗礼を受ける形となった。世界ランク5位の畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)…

後で読む
スポーツニッポン

全英出場を見送った鈴木愛が年内は国内ツアーに専念する意向を明かした。一向に収束の気配が見えないコロナ禍を懸念しており「健康が第一。日本も感染者は増えていますけど、米国はもっと悪い。自分がうつってくるのも嫌だし、なるべく日本にいたい」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

上田は、先月からポットバンカーでの対処など来週の全英を想定した練習をこなし「順調に仕上がっています」と笑顔を見せた。全英出場を決断した7月上旬は地元の熊本が豪雨に見舞われていた時期だったが「熊本人頑張ってるな、と思ってもらえたらと。家族は反対したが、チャレンジしているところを見せたい気持ちの方が大きかった」。

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフの今季第2戦、NEC軽井沢72は14日に長野・軽井沢72ゴルフ北コース(6710ヤード、パー72)で開幕する。20日開幕の海外メジャー初戦、AIG全英女子オープン(ロイヤルトルーンGC)に出場する勝みなみ(21=明治安田生命)は、今大会での優勝を公言。昨年5月以来のツアー5勝目で海外メジャーに弾みをつける。

後で読む
スポーツ報知

◆原監督に聞く

後で読む
デイリースポーツ

9日に多発性骨髄腫のため67歳で亡くなった大相撲元幕内、蔵玉錦(ざおうにしき)の安達敏正さんの葬儀・告別式が13日、都内で行われた。先代武隈親方として最後に在籍した時津風部屋の時津風親方(元幕内時津海)と井筒親方(元関脇豊ノ島)、同学年で親交の深かった大島親方(元関脇魁輝)らが参列し別れを惜しんだ。 井筒親方は7月場所中に見舞いに行き、手を握ると力強く握り返された。「本当に相撲が好きだった」と懐かしんだ。大島親方は「巡業が20日あったら18日は一緒だった。また1人(同世代が)亡くなったな」と、さみしそうに話していた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは終盤に守備のミスが重なり6―8で敗れた。先発のドラ1左腕・河野竜生投手(22)は4回まで1失点と好投も、5回に3本のソロ弾を浴びる悪夢。5回6安打4失点で降板した。1点リードで救援した2番

後で読む
スポーツ報知

阪神・藤川球児投手(40)が13日、現役引退の危機に直面した。この日、出場選手登録を抹消され、球団が「右上肢のコンディショニング不良」と発表。球児は広報を通じて「自分自身残念ですが、再びコンディショ

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ8-6日本ハム」(13日、ZOZOマリンスタジアム) 負の連鎖が止まらなかった。最大4点あったリードもひっくり返され、日本ハムが痛恨の逆転負け。栗山監督の通算600勝のかかった一戦だったが、後味の悪い結果が待っていた。

後で読む
デイリースポーツ

「西武4-7楽天」(13日、メットライフドーム) 主砲の一打が打線に勢いを呼んだ。初回2死一塁で楽天の4番・浅村。初対戦の西武先発・与座に対して「(下手投げとか)あまり考えずにシンプルに来た球を打とうと臨んだ」と、鋭い当たりを中前へ。中堅・高木が打球処理に手間取る間に一走・茂木が生還する先制の適時二塁打となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ8-6日本ハム」(13日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテは一発攻勢で試合の流れを変えて逆転勝ち。五回に田村、福田秀、マーティンのソロで1点差に迫り、5-5の七回に相手のミスにつけ込んで勝ち越した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人4-3ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人・岡本が同点適時打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人4-3ヤクルト」(13日、東京ドーム) 極限まで集中力を高め、一振りに魂を込める。大音量のチャンステーマと大きな拍手に背中を押され、巨人の代打・亀井が初球に狙いを定めた。「一振りで決めるつもりでした」。天国の恩師にささげる今季初のサヨナラ打。歓喜のウオーターシャワーを浴びた後、すがすがしい表情で語った。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京の日本代表FW永井が勝利の一撃を誓った。15日はホームで名古屋戦。18年に加入してから4戦3発と得意としている古巣相手に「結果にこだわってやっていきたい」と意気込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

川崎Fは15日に敵地で札幌と対戦する。現在リーグ戦では8連勝中。勝てば延長戦を除く単一シーズンの連勝記録としては鹿島、G大阪が持つJ1リーグ記録に並ぶ。

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCのFW三浦知良(53)が今後、リーグ戦で積極起用される可能性が高まった。下平監督は13日、オンライン取材に応じルヴァン杯2試合に先発した際のパフォーマンスを高く評価し「驚いていると言ったら失礼ですが、リーグ戦でも力になってくれる。カズさんが主将マークを巻いた時の一体感は明らかに違う」と明かした。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・NEC軽井沢72」(14日開幕、軽井沢72G北C=パー72) 女子ゴルフの今季第2戦、NEC軽井沢72が14日開幕する。6月の開幕戦、アース・モンダミンカップ以来、約1カ月半ぶりの開催。前日13日はオンライン会見が開かれた。

後で読む
スポーツニッポン

札幌の日本代表FW鈴木武蔵(26)が、ベルギー1部のベールスホットに完全移籍することが13日、決定的となった。交渉は最終段階を迎えており、オンラインで取材に応じた三上大勝GMはオファーを受けた事実を認め「肌感覚でいうと(交渉は)まとまっていく方向だと思う」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・NEC軽井沢72」(14日開幕、軽井沢72G北C=パー72) 女子ゴルフの今季第2戦、NEC軽井沢72が14日開幕する。6月の開幕戦、アース・モンダミンカップ以来、約1カ月半ぶりの開催。前日13日はオンライン会見が開かれた。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは13日、鳥栖で金明輝(キムミョンヒ)監督(39)、選手ら計10人の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、行政サイドの指導の下、少なくとも15日の鳥栖―G大阪、19日の仙台―鳥栖、23日の鳥栖―札幌の開催を延期すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・NEC軽井沢72」(14日開幕、軽井沢72G北C=パー72) 女子ゴルフの今季第2戦、NEC軽井沢72が14日開幕する。6月の開幕戦、アース・モンダミンカップ以来、約1カ月半ぶりの開催。前日13日はオンライン会見が開かれ、黄金世代の中心選手・勝みなみ(22)=明治安田生命=が堂々と優勝を宣言した。勝は今大会後に渡英し、全英女子オープンに参戦。出発前に通算4勝目を挙げ、昨年の渋野日向子に続くメジャー制覇へ景気をつける。

後で読む
サンケイスポーツ

J1川崎の鬼木監督が13日、全体練習後にオンラインで取材に応じ、改めて新型コロナウイルスを警戒した。「やはり人ごとではないと思いました」。

後で読む
東京スポーツ

チーム野手最年長が明かしていた「覚悟」とは――。巨人が代打・亀井善行外野手(38)の一打で13日のヤクルト戦(東京ドーム)を4―3で制し、今季初のサヨナラ勝ち。初球を仕留めたことに「試合時間3秒だっ…

後で読む
東京スポーツ

やはり先発には向いていないのではないか…。今季から先発に転向した昨季セーブ王の楽天・松井裕樹(24)に対し、こんな溜息交じりの声がチーム周辺から漏れ始めている。  今季4度目の先発となった13日の西…

後で読む
東京スポーツ

実力不足だけが原因ではないようだ。中日・根尾昂内野手(20)が13日に出場選手登録を抹消されたことで、チーム内外から同情の声が沸き起こっている。  あるOBは「精神的なプレッシャーなのか、根尾は一軍…

後で読む
スポーツ報知

 国内女子プロゴルフツアーの今季2戦目、NEC軽井沢72は長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)で14日から3日間、行われる。17、19年賞金女王で世界ランクで日本勢3番手の15位につける

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルト山田哲が上半身のコンディション不良から復帰し、14試合ぶりに「2番・二塁」で先発。初回無死二塁から四球で出塁すると、西浦の右翼線への2点適時二塁打で生還した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の2軍は中大相手に7―20と完敗。母校を相手にした阿部2軍監督は「散々だったけれど母校が強くなって良かった。うちよりも可能性のある選手がいっぱいいる」と自虐的に笑うしかなかった。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。