スポーツ報知

 東京五輪パラリンピック組織委員会は28日、来年に延期となった東京五輪の聖火リレーについて実施概要を発表。来年3月25日に福島県の「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)でグランドスタートし、開会式が行われ

後で読む
スポーツ報知

 日本女子プロゴルフ協会と大会主催者は28日、11月の伊藤園レディス(13~15日、千葉・グレートアイランドC)を無観客で開催することを発表した。新型コロナウイルス感染症への安全確保のため。

後で読む
スポーツ報知

 ロッテは28日、1、2軍の全選手(育成含む)、監督、コーチ、チームスタッフ、チームに関係する職員、161名に対し24日、26日にPCR検査を実施し、全員陰性の結果となったと発表した。

後で読む
スポーツ報知

 大経大が通算4勝2敗で大商大と首位で並んだ。内林瑞貴が7回2/3を3失点に抑え、大院大のプロ注目右腕・打田雷樹(ともに4年)に投げ勝った。「関六(関西六大学)ではいい投手なので、先に点をやりたくなか

後で読む
スポーツ報知

 ロッテは28日、10月13日からの楽天3連戦、16日の日本ハム戦(いずれもZOZO)で地域振興活動の一環として「ALL for CHIBA」イベントを開催し、CHIBAユニホームを着用することが決ま

後で読む
スポーツ報知

 巨人・坂本勇人内野手(31)が通算2000安打達成まであと「36」に迫っている。スポーツ報知では、カメラマンが選んだ「勇人のベストショット」を全10回でお届けする。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の菅野智之投手(30)は今季14登板で101回1/3を投げて11勝0敗、防御率1・78、3完封。勝利、勝率、防御率でリーグトップに立ち、個人タイトルを視野に入れて首位を独走するチームを引っ張って

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は28日、来年1月16日に開幕するトップリーグ(TL)の大会概要を発表した。  まずは1月16日~3月6日の日程でTL16チームを2組に分けて1回戦総当たりの第1ステージ(S)を行う…

後で読む
東京スポーツ

 阪神の高橋遥人投手(24)が28日、甲子園で行われた投手指名練習に参加した。  29日の中日戦(甲子園)に先発が予想される左腕はキャッチボールやダッシュで調整。前回の13連戦と同様、またも13連戦初…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは28日、1、2軍の全選手(育成選手含む)と監督、コーチ、チームスタッフ、チームに関係する職員161人に対し24日と26日にPCR検査を実施し、全員陰性の結果となったと発表した。 検査はZOZOマリンスタジアム、浦和球場で行った。

後で読む
デイリースポーツ

中日が28日、柳裕也投手の出場選手登録を抹消した。 パ・リーグでは、ソフトバンクが二保旭投手らを、楽天は安楽智大投手らを抹消。日本ハムは吉田輝星投手、N・マルティネス投手を抹消した。

後で読む
東京スポーツ

FC東京のDF森重真人(33)が28日にオンラインで取材に応じ、今季好調を維持する理由を明かした。  森重は安定感に磨きを増した守備と巧みなパス出しで攻撃の起点にもなっており、まさに大黒柱として3位…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は28日、2021年1月に開幕するトップリーグ(TL)日程を発表した。開幕は1月16日で5月末終了を予定している。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神・高橋遥人投手(24)が28日、甲子園で投手指名練習に参加。先発が予定されている29日の中日戦(甲子園)に向け意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

ツインズは最終戦でレッズに敗れたものの、2年連続で地区優勝。今季チームトップタイの6勝(1敗)を挙げた前田健太投手が先陣を切って第1戦の先発マウンドに向かう。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季を3勝3敗で終えたヤンキース田中将大投手は、コールに続き、30日(日本時間10月1日)の対インディアンス第2戦に先発する。過去のPSでは、8試合に先発し、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

カブスのロス監督が先発ローテの発表を保留。日本人初の最多勝(8勝)を獲得したダルビッシュは、マーリンズとの初戦または第2戦に先発する見込みとなった。PSはレン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックス山本由伸投手(22)が、先発予定の29日西武戦(京セラドーム大阪)で今季7勝目を目指す。現在6勝をマークしており、自身初の2桁勝利も視野に入るが「こ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9月28日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>なし<抹消>中日 柳裕也投手【パ・リーグ】<登録>なし<抹消>西武 西川愛也外野手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武の高橋光成投手が得意のオリックス戦で、チームに今季4度目の4連勝をもたらす。29日オリックス戦(京セラドーム大阪)で先発予定。今季完封含め自身3戦3勝で防… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 阪神は28日、甲子園球場で投手指名練習を行った。 高橋、青柳、西勇、秋山、岩田が参加し、キャッチボールなどで汗を流した。

後で読む
スポーツ報知

 日本プロゴルフ協会は28日、11月に開催延期を発表していた国内シニアツアー、富邦仰徳シニア盃(20~22日、台湾・林口ゴルフ場)の開催を新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、本年度は見送ると

後で読む
スポーツ報知

 2位のC大阪は後半から途中出場した元日本代表MF清武の1ゴール1アシストの活躍で、仙台に3―2と逆転勝ち。連敗を2で止めた。清武は1―2と逆転を許した直後の後半23分から途中出場。同37分にCKから

後で読む
スポーツ報知

 阪神の高橋遥人投手(24)が13連戦の先陣となる29日の中日戦(甲子園)に先発する。28日は甲子園での投手指名練習に参加し、キャッチボールや短距離ダッシュで汗を流した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の育成ドラフト1位ルーキー・平間隼人内野手(23)が1―1の3回1死二、三塁から中前へ勝ち越しの2点適時打を放った。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でロウ女子王者の〝女帝〟ことアスカ(華名=38)が防衛戦からわずか1時間後、スマックダウン(SD…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンク、ロッテの上位2強対決に5勝1敗と勝ち越しながら借金5の5位に低迷していた昨年覇者・西武(4位に浮上)によもやの3タテを食らい、その差を1・5ゲームにまで詰められた3位・楽天。  29日…

後で読む
サンケイスポーツ

 米プロフットボールNFL、フォーティナイナーズ(49ers)で1980年代の黄金期にQBとして活躍したジョー・モンタナ氏(64)と妻が、ロサンゼルス郊外の自宅で9カ月の孫を女が誘拐しようとしたのを阻止したと27日、AP通信が報じた。孫は無事だという。

後で読む
日刊スポーツ

レッドソックスのロン・レネキー監督が、今季限りで解任となったことが分かった。レネキー監督は2011年から15年までブルワーズの指揮を執り、1年目にナ・リーグ中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神高橋遥人投手(24)が、緊急事態のチームを好投で救う。29日中日戦(甲子園)に先発予定。前日28日は甲子園での投手練習に参加した。中日とは今季1度、8月2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 大相撲秋場所で初優勝し大関昇進を決めた関脇正代(28)=時津風=が28日、優勝一夜明けのリモート会見を都内の部屋で行った。大関となっても本名の「正代」のままで「変えるつもりはない」と断言した。 昭和以降91人目の大関となり、過去、昇進後も本名を使用したのは輪島、北尾、出島、高安の4人だけで5人目の本名大関となる見込みだ。北尾は横綱昇進を機に双羽黒に改名した。本名横綱は輪島しかいない。

後で読む
スポーツ報知

 来秋ドラフト候補で京産大の最速151キロ右腕・北山亘基(3年)が5回3安打3失点で今季2敗目を喫した。

後で読む
スポーツ報知

 大商大の最速149キロ右腕・吉川貴大(4年)が先発で6回0/3を5安打1失点に抑え、今季2勝目を挙げた。チームも4勝2敗で首位に浮上した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の松井義弥内野手(20)が「1番・DH」で先発出場。初回にソフトバンク先発・吉住から右中間へ先頭打者本塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の横川凱投手(20)が先発。シーズン途中からリハビリ組に合流していたが、復帰戦で2回を2安打1奪三振無失点に抑えた。

後で読む
東京スポーツ

【KJ松井のCatch&Shoot(35)】 米プロバスケットボールNBAのプレーオフは、西地区でロサンゼルス・レイカーズが優勝。東地区王者と戦って年間王者を決めるファイナルに進出した。シーズン前から…

後で読む
スポーツニッポン

 大相撲秋場所で13勝2敗の成績で初優勝し、大関昇進を確実にした関脇・正代(28=時津風部屋)が千秋楽から一夜明けた28日、東京都墨田区の時津風部屋からオンラインで記者会見し、「緊張感から解放された。優勝したのは分かっているけど、自分が(その現実に)追いついていない感じ。ここからじわじわ来るんじゃないですか」といまだに夢見心地の心境であることを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

 27日のラ・リーガ第3節、ビリャレアルは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を0-4で落とした。ウナイ・エメリ監督は試合後、自チームの低調なパフォーマンスについて、サポーターに謝罪している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルスのジョー・マドン監督は、大谷翔平選手が来季も“二刀流”として続けることに自信を示している。大谷は2018年に打者として、打率2割8分5厘、出塁率3割… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ダイヤモンドバックスの左腕マディソン・バムガーナー投手(31)が5回を投げて2安打無失点、1死球4三振と奮闘。今季9度目の先発でようやく初勝利(4敗)を挙げ、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 ブラジル1部ボタフォゴのMF本田圭佑(34)が28日、自身のツイッターを更新した。

後で読む
スポーツ報知

 3軍対ソフトバンクのスタメンが発表された。以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で行われたWWE選手権・アンビュラスマッチ(救急車マッチ)は、まさかの展開の末、王者ドリュー・マ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」メインで行われたエースの〝大型犬〟ことWWEユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)と、ウーソ…

後で読む
東京スポーツ

 リオデジャネイロ五輪レスリンググレコローマン59㌔級銀メダリストの太田忍(26)がALSOKを退社することが28日、同社から発表された。  太田は「4年と半年の間、多大なるサポートをしてくださり、レ…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲秋場所で初優勝を飾った関脇正代(28=時津風)が28日、東京・墨田区の部屋でリモートによる会見を行った。歓喜の瞬間から一夜が明け「緊張感から解放された」と安堵の表情。それでも「理解はしているつ…

後で読む
サンケイスポーツ

 番狂わせを演じた。9月6日に行われた自動車のF1シリーズ第8戦イタリア・グランプリ(GP)決勝。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー(フランス)がF1初優勝を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト3-9阪神、18回戦、9勝9敗、27日、神宮)よっしゃ! 2試合連続でリリーフ登板の藤浪晋太郎がコントロールの乱れもなく、1回を無失点のマウンドいいねー!! 先発では苦しんだけど来シーズンは、今季限りでユニホームを脱ぐ火の玉投手・藤川球児の後継者として、日本一のストッパーになったれやー!! 打っては4安打3打点の近本をはじめ、大山、原口、小幡らが暴れ回っての16安打9得点…。まだ、Vを諦めたわけじゃないけど(ホントだから阪神ファンは往生際が悪いんだよね~)、来季への夢は広がる一方なのだ!! 前日26日に中日・木下拓がエレベーターの中でぬれた傘を入れるポリ袋を拾って、ヒーローになる神様の恩恵を受けているじゃないですか? 猛虎ナインも清く、正しくで、野球の神様に恩恵を受けましょう!!試合結果へプロ野球日程へ

後で読む
サンケイスポーツ

 菅義偉新総理大臣と同じ秋田県出身の右腕が新たなスタートを切った。広島・藤井黎来(れいら)投手(21)=右投げ右打ち=が26日に支配下契約を締結。背番号を「121」から「58」に変更した。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が27日、日本勢初の最多勝に輝いたことを受け、ツイッターで「ハーフですが気持ちは完全に日本人なので、日本人としてうれしく思います」と喜びをつづった。

後で読む
サンケイスポーツ

 【シアトル(米ワシントン州)27日(日本時間28日)】今季最終戦の試合前、エンゼルスの大谷翔平投手(26)がシーズン総括会見を行った。2020年は二刀流選手として復活したが、投手としては2度先発しただけで離脱。打者としても不本意な形で終わった。また、チームは今年もプレーオフを逃し、大谷は「結果的にポストシーズンに行けなかったので、悔しさの方が大きい」などと話した。主なやり取りは以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲秋場所で13勝2敗の成績で初優勝し、大関昇進を確実にした関脇正代(28)が千秋楽から一夜明けた28日、東京・墨田区の時津風部屋でオンラインでの会見に臨み、「理解はしているつもり。1日たって落ち着くと思ったけど、『ああ、優勝したんだな』という感じ。まだ自分が追いついていない」と、実感が伴っていない心境を口にした。

後で読む
日刊スポーツ

アストロズはホセ・アルテューベ二塁手、カルロス・コレア遊撃手、アレドミス・ディアス左翼手兼二塁手がそれぞれソロ本塁打を放つも、勝利を収めることはかなわず。30… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム、ロッテ、ダイエーで21年間の選手生活を送り、その後ソフトバンク、阪神、中日で2軍バッテリーコーチを通算21年間(うち1年間は編成担当)を務めた日刊ス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 大相撲秋場所で熊本出身力士として初優勝を飾った関脇・正代(28)=時津風=が28日、テレビ会議アプリZoomで一夜明け会見を行い、悲願の喜びと大関昇進に向けての決意を語った。一問一答は以下の通り。

後で読む
スポーツ報知

 大相撲秋場所(27日千秋楽)で13勝を挙げて初優勝を果たし、大関昇進も濃厚にした関脇・正代(28)=時津風=が28日、一夜明け会見に臨み、「初優勝&大関昇進」を祝う声に頬を緩ませた。

後で読む
スポーツ報知

 女子200メートルで内山響香(浜松市立2年)が、追い風参考ながら24秒24の好記録でV。男子三段跳びでは走り幅跳びで東海高校記録を更新した北川凱(東海大静岡翔洋2年)が、大会記録を更新する15メート

後で読む
スポーツ報知

 青森県大会決勝は八戸学院光星が14-3で八戸西を下した。 2年ぶりの秋の県制覇は“代理主将”のグランドスラムが引き寄せた。2―0の3回2死満塁。八戸学院光星の伊藤巧将(こうすけ)二塁手(2年)が左翼

後で読む
スポーツ報知

 秋田県大会決勝は角館が制した。

後で読む
スポーツ報知

 3位決定戦が行われ、加藤学園(東部1位)が三島南(東部3位)を5―2で下し、2年連続3度目の東海大会(10月24日開幕・三重)出場を決めた。雨宮快成捕手(2年)が4回に勝ち越しソロ。先発の石山拓真(

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でロウ女子王者の〝女帝〟ことアスカ(華名=38)が防衛戦からわずか1時間後、スマックダウン(SD…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で行われたロウ女子選手権は〝女帝〟こと王者のアスカ(38=華名)がゼリーナ・ベガ(26)の挑戦を…

後で読む
東京スポーツ

 リオデジャネイロ五輪レスリンググレコローマン59㌔級銀メダリストの太田忍(26)がALSOKを退社することが28日、同社から発表された。  太田は「4年と半年の間、多大なるサポートをしてくださり、レ…

後で読む
日刊スポーツ

MLBは27日(日本時間28日)、レギュラーシーズンの全日程が終了した。ナショナル・リーグは、カブス・ダルビッシュ有投手が8勝で日本選手初の最多勝に輝いた。防… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLBは27日(日本時間28日)、レギュラーシーズンの全日程が終了した。アメリカン・リーグの首位打者は打率3割6分4厘でラメーヒュー(ヤンキース)、本塁打王は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で短縮された今季メジャーのレギュラーシーズンが27日に閉幕し、ヤンキースのDJ・ラメーヒュー内野手が、史… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

三塁側ブルペンで「力水」を手渡される。ペットボトルの水に口をつける阪神藤浪の姿に、神宮球場全体がザワつき始める。マウンドへ駆けだすと、観客の盛り上がりは最高潮… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは監督、コーチ、選手、チームスタッフ(1、2軍合計144人)を対象に、26日にPCR検査を行い、全員が陰性だったと28日、発表した。1軍は新型コロナウ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 女性問題で揺れる競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の名前が、所属契約を結んでいるANAの公式サイトの「所属アスリート」のページから外れた件で、ANA広報部は28日、「契約等々は事実関係を確認し、関

後で読む
スポーツ報知

 G大阪はMF倉田秋(31)の1得点1アシスト、FWパトリック(32)の古巣相手へのゴールで競り勝ち、今季2度目の3連勝を飾った。前半16分に倉田のミドルで先制すると、同20分には倉田のパスから、昨季

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で行われたインターコンチネンタル王座トリプルスレッドマッチは、王者AJスタイルズ(43)、ジェフ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの祭典「G1クライマックス」27日神戸大会でのAブロック公式戦では、オカダ・カズチカ(32)がジェイ・ホワイト(27)に敗れ痛恨の2敗目を喫した。オカダ、飯伏幸太(38)、ジェイが同ブ…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2227080/

後で読む
東京スポーツ

 4大大会にケイが帰ってきた。27日に開幕した全仏オープン(パリ)の男子シングルス1回戦で、日本のエースで世界ランキング35位の錦織圭(30=日清食品)が同34位ダニエル・エバンズ(30=英国)に1―…

後で読む
スポーツ報知

 レッズ・秋山翔吾外野手(32)のメジャー1年目のレギュラーシーズンが27日(日本時間28日)、終わった。この日は、7回に代打出場して中堅の守備にもついたが、2打数無安打だった。

後で読む
東京スポーツ

 大関昇進を確実とした正代が30日に臨む予定の昇進伝達式について、秋場所を謹慎した師匠の時津風親方の同席が決まった。日本相撲協会幹部が「晴れ舞台なので、特例を認めた」と説明した。  伝達式は新大関が口…

後で読む
東京スポーツ

 優勝力士の横顔は――。大相撲秋場所(東京・両国国技館)で悲願の初優勝を達成し、大関昇進を確実にした関脇正代(28=時津風)は、これまでネガティブなキャラとして知られてきた。新十両会見では、報道陣から…

後で読む
東京スポーツ

 メジャーリーグのレギュラーシーズンの全日程が27日(日本時間28日)に終了した。エンゼルスの大谷翔平投手(26)は敵地でのドジャース戦に「4番・DH」で出場し、4打数1安打だった。2回先頭の第1打席…

後で読む
東京スポーツ

 中日の内部事情に詳しい関係者やOBの間から「韓国コネクション」復活を望む声が上がっている。「外国人選手の補強にもっとOBの落合英二、宣銅烈、李鍾範らを生かしたらどうか」というのだ。  こういった声が…

後で読む
東京スポーツ

J1川崎の元日本代表FW小林悠(33)が、敵地で1―0と勝利した湘南戦(27 日)で人気お笑いコンビ「ぺこぱ」のゴールパフォーマンスを“完成”させた。  前半18分、MF家長昭博(34)の右クロスに…

後で読む
東京スポーツ

ベルギー1部ベールスホットの日本代表FW鈴木武蔵(26)が2試合連続ゴールで猛アピールだ。ワースランドベベレン戦(26日)で1―2の後半29分から出場した鈴木は、同34分に右クロスを頭で合わせて同点…

後で読む
東京スポーツ

ドイツ1部ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)が復活に向けて好スタートだ。チームに加入後、公式戦3試合連続先発出場となったケルン戦(26日)では得意のドリブル突破などで攻撃陣をけん引し1―0の…

後で読む
スポーツニッポン

 エンゼルスは27日(日本時間28日)のレギュラーシーズン最終戦終了後、ビリー・エプラーGM(45)と来季の契約を結ばないことを発表した。16年から就任したエプラーGMは、今季が5年目。14年を最後に遠ざかっているポストシーズン進出を果たせなかった。

後で読む
日刊スポーツ

カブスのエプスタイン編成本部長は27日、オンライン取材に応じ、ナ・リーグで最多勝のタイトルを獲得したダルビッシュ有投手を「今季の彼はチームに『今日は勝てる日だ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグは27日、レギュラーシーズンの全日程を終了して各タイトルが確定し、ナ・リーグはカブスのダルビッシュが8勝で日本選手初の最多勝に輝いた。プロ野球日本ハ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズのサービス監督は日本投手2人を評価した。先発で2年目の菊池雄星は2勝4敗で、防御率や三振奪取率は昨季より良くなった。「一つ一つの球の質はリーグでも屈… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季のDeNA宮崎敏郎内野手(31)はマツダスタジアムの成績が11試合で49打数22安打、打率4割4分9厘。11試合すべて安打を放ち、26日が4安打、27日は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は広島が九里、DeNAが京山。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 失点を重ねた神戸戦だが、小柏は本当に良さを出した。スピードとアイデアがあるし、どうすれば点を奪えるかが分かっている。相手のミスを狙いながらプレスをかけたり、最後まで走り続けた。今は1トップ2シャドー

後で読む
サンケイスポーツ

 27日のラ・リーガ第3節、ビリャレアルは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を0-4で落とした。この試合の74分から途中出場を果たしたMF久保建英は、スペインメディアでもその存在感が認められている。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、エンゼルスはビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM、45)の解任を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

7年ぶりにポストシーズン(PS)へ進出するレッズが、延長10回、ツインズに競り勝ち、PSでは第7シードとなった。30日(同10月1日)からのワイルドカード・シ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLBは27日(日本時間28日)、レギュラーシーズンの全日程が終了。プレーオフ進出の全16チームが出揃い、29日(同30日)から始まるワイルドカードシリーズ(… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLBは27日(日本時間28日)、レギュラーシーズンの全日程が終了した。カブス・ダルビッシュ有投手が8勝を挙げ日本人投手では初の最多勝のタイトルを獲得した。今… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

菅義偉首相の出身地、秋田・湯沢市にある湯沢翔北が大館桂桜との3位決定戦を5-0で制し、春秋通じて初の東北大会(10月14日開幕、宮城県)出場を決めた。エース右… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「ヤクルト3-9阪神」(27日、神宮球場) 暗い気持ちも一気に吹き飛んだわ!阪神は原口文仁捕手(28)が2号ソロを含む2安打3打点の活躍で、3位転落を阻止した。女房役の奮闘に後押しされるように、チームも5試合ぶりの2桁16安打で9点を奪い、連敗を3でストップ。29日からは甲子園に戻って13連戦に挑む猛虎。この勢いは消したらあかんで!

後で読む
デイリースポーツ

 カブスのダルビッシュ有投手(34)は27日(日本時間28日)、自身のツイッターを更新し、日本人初の最多勝タイトルの獲得に「ハーフですが気持ちは完全に日本人なので、日本人として嬉しく思います」と喜びをつづった。(原文まま) フォロワーに向けて「今日で2020年のレギュラーシーズンが終わりました」と公式戦全日程終了を報告したダルビッシュ。今季は12試合に登板し、メジャー最多タイ、ナ・リーグ単独1位の8勝を挙げ、リーグ2位の防御率2・01、同4位の93奪三振、同3位の76投球回数をマーク。サイ・ヤング賞最有力候補に挙がっている。

後で読む
スポーツ報知

 米大リーグは27日(日本時間28日)、レギュラーシーズンの全日程が終了。ポストシーズン出場が決まっていなかったナ・リーグの2枠には、カージナルスとブルワーズが最終日に滑り込んで、出場16チームが決定

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」が行われ、スマックダウン(SD)タッグ王者の〝黒いロックスター〟こと中邑真輔(40)、セザーロ(…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により4か月遅れで開幕したメジャーリーグのレギュラーシーズンが27日(日本時間28日)に全日程を終えた。60試合制の短期決戦で日本人選手ではカブスのダルビッシュ有投…

後で読む
東京スポーツ

 エンゼルスは27日(日本時間28日)に来季まで契約を残していたビリー・エプラーGMの解任を発表した。2015年10月に6年契約で就任した同GMは、17年に大谷翔平投手(26)の獲得に尽力、19年には…

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲秋場所千秋楽(27日、両国国技館)熊本県出身力士として初の賜杯を手にし、大関昇進を確実にした関脇正代(28)。母校の熊本農高相撲部でともに汗を流した片山大誠さん(28)が本紙の取材に応じ、その素顔を明かした。東農大進学後、片山さんはマネジャーとして正代が所属した相撲部を支え、交流は今も続いている。古巣の教えである「無心」を心に刻み、看板力士として活躍することを願った。新入幕優勝はならなかったが場所を盛り上げた翔猿(とびざる、28)は敢闘賞を受賞した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト3-9阪神、18回戦、9勝9敗、27日、神宮)阪神は転換期を迎えている。奇跡の優勝へ、諦めない選手起用は必要だが、来季を見据えた登用もしていい時期だ。誰でもいいからスタメンにすればいい、というわけではない。将来を期待でき、現状で結果を残せている選手を、より高いレベルで抜てきすべき。

後で読む
サンケイスポーツ

 (米大リーグ、ドジャース5-0エンゼルス、27日=日本時間28日、ロサンゼルス)エンゼルスの大谷翔平投手(26)が試合前に日米のメディアにオンライン会見を行い、今季を総括した。2018年の10月に右肘の靱帯(じんたい)再建手術、通称トミー・ジョン手術を受けてから、復活を期した今季。しかし、投手としてはわずか2度の先発で、合計でも1回2/3、80球を投げたのみだった。

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズ平野佳寿投手が今季最終戦で初黒星を喫した。2-2の7回に登板。いきなりラムに勝ち越し弾を許すと四球、三振、二塁打、四球で1死満塁。キャンハに2点二塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ブルージェイズ山口俊投手が今季最終戦に救援登板。4敗目(2勝)を喫した。4-4の5回から2番手でマウンドへ。3連打と内野ゴロ、さらに適時二塁で3失点。続く6回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今ポストシーズン(PS)でア・リーグの第1シードが確定しているレイズが、今季最終戦でフィリーズに快勝し、リーグ唯一の40勝に到達。29日(同30日)からのワイ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「RIZIN.24」(27日、さいたまスーパーアリーナ) K-1を離脱してRIZINに参戦した皇治(31)=TEAM ONE=が、長らく対戦を熱望されながらも実現していないRISE世界フェザー級王者の那須川天心(23)=TARGET/Cygames=とK-1のエース武尊(29)=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST=を比較して「武尊の方が強い」と話した。

後で読む
スポーツ報知

 鷹木信悟(37)が19キロ増量して完全にヘビー級仕様となったウィル・オスプレイ(27)を大熱戦の末、撃破。昨年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの決勝で敗れたリベンジを果たし、今大会初白星を挙げた

後で読む
スポーツ報知

 タイチ(40)が高橋裕二郎(39)を下し、開幕3連勝を飾った。

後で読む
スポーツ報知

 正代もさすがに緊張したようだ。しかも、翔猿の立ち合いの変化が頭にあったのか、少し見て初めの一歩が遅れた。追い込まれた土俵際から持ち前の馬力で押し返したものの、2本差されて再び土俵際。最後は左の突き落

後で読む
スポーツ報知

 10月2日に開幕するBリーグでB1全20チームの代表選手が27日、オンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツ報知

 ラグビー元日本代表ウィング福岡堅樹(28)=パナソニック=が27日、静岡エコパスタジアムでW杯1周年記念イベントに参加した。1次リーグ第2戦のアイルランド戦で決勝トライを挙げた自身をモチーフにした銅

後で読む
スポーツ報知

 仙台は27日、ホームでC大阪に2―3で敗れた。開幕からのJ1でのクラブワースト記録を更新するホーム9戦未勝利、リーグ6連敗で9月は勝ちなしに終わった。0―1からFW西村拓真(24)が後半12分にゴー

後で読む
スポーツ報知

 鹿島の連勝が止まった理由は明確で、相手のバランスを崩す動きが少なかったことに尽きる。前半は敵陣でボールを奪い、相手を押し込むことはできていた。シュートも大分の5本に対し、17本と3倍以上の本数を放っ

後で読む
スポーツ報知

 岩手決勝では盛岡大付が、今夏県大会決勝で敗れた一関学院に5―2で勝利し、3連覇を達成。秋田は3位決定戦で湯沢翔北が大館桂桜を5―0で下し、春秋通じて初の東北大会(10月14日開幕、宮城)出場を決めた

後で読む
スポーツ報知

 決勝が行われ、藤枝明誠(中部5位)が常葉大菊川(西部5位)に16―2の圧勝で連覇を達成。宮城佑弥遊撃手(2年)が4安打2打点を挙げるなど、21安打16得点と打線が爆発した。東海大会の組み合わせ抽選は

後で読む
スポーツ報知

 米大リーグは27日(日本時間28日)、レギュラーシーズンの全日程が終了。ポストシーズン出場が決まっていなかったナ・リーグの2枠には、カージナルスとブルワーズが最終日に滑り込んで、出場16チームが決定

後で読む
スポーツ報知

 巨人・戸郷が自身の連敗を2で止め、4試合ぶりの勝利を挙げた。7回4安打無失点の8勝目で、新人王にも前進した。

後で読む
東京スポーツ

【スペイン・バルセロナ27日(日本時間28日)発】スペイン1部リーグ第3節、ビリャレアルのMF久保建英(19)は敵地のバルセロナ戦に後半29分から出場したが、得点に絡むことはできずに0―4で敗れた。 …

後で読む
東京スポーツ

27日に行われたサッカー・スペインリーグのエイバル―ビルバオ戦で、ニューカッスル(イングランド)からエイバルに加入したFW武藤嘉紀(28)がスペインデビューを果たした。1―2で迎えた後半45分から約…

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)が、試合前にメジャー3年目の総括を行った。18年10月1日に右肘のトミー・ジョン手術を行い、約1年10カ月のリハビリを経て今季は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「4番DH」で出場したエンゼルス大谷翔平投手(26)が、4打数1安打の結果でシーズン最終戦を終えた。メジャー3年目の今季は打率1割9分、7本塁打、24打点、7… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

アジャが目覚めた。ロッテ井上晴哉内野手(31)が1回、2回と2打席連続で左中間に2点適時二塁打を飛ばし、首位攻防戦の勝ち越しに大きく貢献。「焼き肉をおごっても… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<西武6-2楽天>◇27日◇メットライフドーム3位楽天が4位西武に手痛い3連敗を喫した。首位ソフトバンクに2勝1敗、2位ロッテに3連勝。今季初の5連勝で所沢へ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

初回に見せた松原のバッティングに成長の跡を感じた。無死二塁で、初球ストレートを左中間フェンス直撃の三塁打として先制点をもたらした。この場面、打球は左中間へ飛ん… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 メインイベントで昨年準優勝のジェイ・ホワイト(27)が復活を期すオカダ・カズチカ(32)を下し、開幕3連勝を飾った。

後で読む
スポーツ報知

 昨年優勝の飯伏幸太(38)が石井智宏(44)との“しばき合い”を制し、2勝目を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

 賜杯争いから脱落した朝乃山は結びの一番で貴景勝に敗れ、10勝5敗で終えた。立ち合いはおっつけられて右が差せず、最後は強烈な突っ張りで土俵下へと押し倒された。優勝候補筆頭だった大関は「先場所に比べたら

後で読む
スポーツ報知

 貴景勝が既に逆転優勝の可能性が消えていた、結びの大関対決で意地の白星を挙げた。朝乃山戦前にトップ2敗の正代が勝利。約3年半ぶりの大関Vには1差で届かないことは分かっていたが、力で押し倒し。正代を祝福

後で読む
スポーツ報知

 熊本の家族も、遠くから正代の背中を押した。母の理恵さん(56)はこの日の取組前、「一回は優勝してほしいというか…。国技館に写真(優勝額)がかかるじゃないですか。あれがかかったらうれしいなと、率直にそ

後で読む
スポーツ報知

 6試合が行われ、2位のC大阪は後半から途中出場した元日本代表MF清武弘嗣(30)の1ゴール1アシストの活躍で、敵地で仙台に3―2と逆転勝ち。連敗を2で止め、逆転優勝に望みをつないだ。首位を独走する川

後で読む
スポーツ報知

 首位を独走する川崎は、FW小林悠(33)の先制弾を守りきり、アウェーで湘南に1―0で快勝。次節(10月3日)は敵地でC大阪と直接対決する。

後で読む
スポーツ報知

 鹿島の進撃が止まった。17本のシュートを放ったが無得点。後半は大分にペースを握られ、2失点を喫した。連勝が7でストップし、ザーゴ監督(51)は「連勝はいつかは止まるものだと分かっているが、ホームで止

後で読む
スポーツ報知

 “コロナショック”の緊急事態に全員野球で手にした1勝だ。矢野監督は最後尾に待ち構え、ナインをエアハイタッチで出迎えた。「俺らは常に必死というのは大事にしている。何かがあったから必死になってるというこ

後で読む
スポーツ報知

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)の2020年シーズンが27日(日本時間28日)、終わった。この日行われたドジャース戦に「4番・指名打者」でフル出場したが、一塁内野安打、空振り三振、三飛、一ゴロの4打

後で読む
スポーツ報知

 レイズ・筒香嘉智外野手(28)のメジャー1年目のレギュラーシーズンが27日(日本時間28日)、終わった。この日の本拠地・フィリーズ戦に「1番・三塁」でスタメン出場したが、5打数無安打だった。

後で読む
東京スポーツ

 それにしてもソフトバンクはロッテに弱い。25日からの首位攻防戦は1勝2敗で負け越し。首位の座こそ守ったが、開幕から天敵・ロッテ戦は全カード負け越しで対戦成績も4勝10敗1分けと分が悪い。工藤監督は「…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ8-4ソフトバンク」(27日、ZOZOマリンスタジアム) タカを足踏みさせた快勝だった。ロッテは首位ソフトバンクと2ゲーム差で迎えた首位攻防3連戦を2勝1敗で勝ち越し。再び1ゲーム差に迫った一戦は、早々に転がり込んだチャンスを逃さなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 27日のラ・リーガ第3節、カンプ・ノウでのバルセロナ対ビリャレアルは4-0でバルセロナが勝利を収めた。ビリャレアルMF久保建英は3戦連続でベンチスタートとなり、74分から出場している。

後で読む
日刊スポーツ

これで“5割復帰”だ。熱心な虎党は「何言うてるんや。貯金2や」とお怒りだろうが阪神の戦績ではない。原口文仁がスタメンマスクをかぶっての結果だ。6月に3試合、9… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 関脇・正代(28)=時津風=が悲願の初優勝を果たした。1差で追っていた新入幕・翔猿(とびざる、28)=追手風=を逆転の突き落としで退けて、花道ではうれし泣き。13勝2敗の好成績を受け、日本相撲協会の

後で読む
スポーツ報知

 男子高飛び込みは、中学2年の玉井陸斗(14)=JSS宝塚=が528・80点の自己ベストで連覇を果たした。史上最年少で3メートル板飛び込みとの2冠を達成。16年リオ五輪の銅メダルに相当するハイスコアを

後で読む
スポーツ報知

 新型コロナウイルスの影響で例年の5月から延期され開幕した。男子シングルス1回戦で世界ランク35位の錦織圭(30)=日清食品=は、同34位で第32シードのダニエル・エバンズ(30)=英国=に1―6、6

後で読む
スポーツ報知

 ドイツで14シーズンプレーするMF長谷部誠(36)、今季スペイン1部ウエスカで活躍するFW岡崎慎司(34)、オランダ、イングランド、イタリアと3か国を渡り歩くDF吉田麻也(32―。欧州の第一線で活躍

後で読む
スポーツ報知

 スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)は、古巣のバルセロナ戦に4点を追う後半29分から途中出場した。

後で読む
スポーツ報知

 レッドソックスは、27日(日本時間28日)ロン・レネキー監督(64)が来季の監督を務めないと発表。ブルーム野球部門最高幹部は「困難なシーズンに選手の育成に尽力してくれた功績が損なわれることはないが、

後で読む
スポーツ報知

 “GUCCHIロッテ”がたたみかけた。初回1死満塁。井上が二保のスライダーを捉えて左越えの2点二塁打。15日・西武戦以来の長打で先制点を奪った。続く福田秀は中前2点打で、この回4点。続く2回も井上、

後で読む
スポーツ報知

 ◆原辰徳監督に聞く

後で読む
スポーツ報知

 初回無死二塁で左中間へ強烈な打球を放った。ボールはグラウンドに跳ね返ってきたが、二塁塁審は手を回してホームランと判定した。しかし、松原は全力疾走。「僕は入っていないと思っていたので」。一気に三塁を陥

後で読む
スポーツ報知

 巨人の戸根千明投手(27)が27日、投打二刀流に挑戦後、初安打を放った。3軍のソフトバンク3軍とのダブルヘッダー練習試合・第1試合に「5番・左翼」で先発出場。6回1死一塁、尾形から左前安打を放つと、

後で読む
東京スポーツ

 男子テニスの4大大会「全仏オープン」(パリ)が27日に開幕し、世界ランキング35位の錦織圭(30=日清食品)が大会初日の1回戦で同34位のダニエル・エバンズ(30=英国)を1―6、6―1、7―6(7…

後で読む
東京スポーツ

 それにしてもソフトバンクはロッテに弱い。25日からの首位攻防戦は1勝2敗で負け越し。首位の座こそ守ったが、開幕から天敵・ロッテ戦は全カード負け越しで対戦成績も4勝10敗1分けと分が悪い。工藤監督は「…

後で読む
東京スポーツ

 一軍6人が新型コロナウイルスに感染、濃厚接触者、球団独自判断で濃厚接触者と同様の扱いを決めた選手合計10人を登録抹消し、大幅な戦力ダウンを強いられた阪神。3月の藤浪ら3選手に続く2度目の集団感染とな…

後で読む
デイリースポーツ

「西武6-2楽天」(27日、メットライフドーム) 楽天は同一カード3連敗を喫し、西武戦は5連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-1中日」(27日、東京ドーム) 巨人・松原が幻の一発を含む3安打1打点と躍動した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス12-8日本ハム」(27日、京セラドーム大阪) 得点力不足に苦しんだ以前がウソのようだ。オリックスは先発全員&毎回&今季最多、そして本拠地京セラドームでは球団初となる20安打の12点で、2年ぶりの4カード連続勝ち越しだ。

後で読む
デイリースポーツ

「広島1-3DeNA」(27日、マツダスタジアム) 守り勝った。DeNAの先発・大貫が七回途中3安打1失点で7勝目をマークし、目標としていたキャリアハイの数字に到達。チームを連勝へ導き、貯金1とした。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-1中日」(27日、東京ドーム) 巨人先発・戸郷が原監督の思いを力に変えた。7回4安打無失点。1カ月ぶりとなる8勝目を挙げ、新人王を争う広島・森下を2勝差へと引き離した。

後で読む
サンケイスポーツ

 お笑いコンビ、ナインティナインの矢部浩之(48)が27日、自身がMCを務めるテレビ朝日系「やべっちF.C.」(日曜後11・55)の最終回に出演。多くのサッカー選手からの番組終了を惜しむ声に感謝した。同番組は11日に同局の10月改編説明会で今月で終了することを正式に発表。2002年4月からスタートした同番組は18年半の歴史に幕を下ろした。

後で読む
サンケイスポーツ

 明治安田J1第19節最終日(27日、湘南0-1川崎、BMWス)首位の川崎はFW小林悠(33)のゴールで湘南を1-0で下し、7連勝で勝ち点53とした。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト3-9阪神、18回戦、9勝9敗、27日、神宮)ヤクルトは連勝が2で止まり、今季初の同一カード3連戦3連勝はならなかった。阪神先発の秋山とは今季5度目の対戦だったが、得点は一回の坂口が放った2点二塁打だけ。高津臣吾監督(51)は「研究はしているんだけどね。そう簡単にはいかないのが野球」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト3-9阪神、18回戦、9勝9敗、27日、神宮)必死の形相で一塁ベースを駆け抜けた。一塁塁審が両手を広げたのを見て手をたたいた。阪神・小幡が自慢の快足を生かして、もぎ取った1点は自身初の決勝点だ。

後で読む
スポーツニッポン

 関脇・正代(28=時津風部屋)が13勝2敗で初優勝を飾り、大関昇進が確実となった。1差で追っていた新入幕の翔猿(28=追手風部屋)に土俵際での突き落としで勝ち、逃げ切った。優勝制度ができた1909年(明42)夏場所以降、熊本県出身力士の優勝は初めて。審判部は正代を大関に推薦することを決め、30日に開かれる11月場所番付編成会議と臨時理事会を経て正式決定することになった。

後で読む
サンケイスポーツ

 テニス・全仏オープン第1日(27日、パリ)開幕した。男子シングルスで世界ランキング35位の錦織圭(30)=日清食品=は1回戦で第32シードのダニエル・エバンズ(30)=英国=に1-6、6-1、7-6、1-6、6-4で勝ち、6年連続で2回戦に進んだ。錦織は右肘手術や新型コロナウイルス感染を経て復帰し、昨年の全米オープン以来約1年ぶりの四大大会を白星発進した。

後で読む
スポーツニッポン

 約4カ月遅れで開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング35位の錦織圭(30=日清食品)が同34位で第32シードのダニエル・エバンズ(30=英国)に1―6、6―1、7―6、1―6、6―4で競り勝った。右肘手術や新型コロナウイルス感染を乗り越え、今月上旬のジェネラリ・オープンで約1年ぶりに公式戦に復帰。昨年の全米以来の出場となった4大大会では396日ぶりに白星を挙げ、6年連続で初戦を突破した。

後で読む
日刊スポーツ

楽天太田光捕手(23)が27日、左肩関節唇損傷のため、出場選手登録を抹消された。今季中の復帰は厳しい見通し。26日西武戦の4回2死一、三塁で先発石橋の投球を三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 【エイバル(スペイン)27日=豊福 晋】 MF乾貴士、FW武藤嘉紀が所属するスペイン1部リーグのエイバルはホームでアスレティック・ビルバオと対戦し、1―2で敗れた。先発した乾は後半39分までプレーし

後で読む
スポーツ報知

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が27日(日本時間28日)、「4番・指名打者」でスタメン出場するレギュラーシーズン最終戦となる敵地・ドジャース戦前に、シーズンの総括会見をオンラインで行った。

後で読む
スポーツ報知

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が27日(日本時間28日)、「4番・指名打者」でスタメン出場するレギュラーシーズン最終戦となる敵地・ドジャース戦前に、シーズンの総括会見をオンラインで行った。一問一答

後で読む
東京スポーツ

 大相撲秋場所(東京・両国国技館)で悲願の初優勝を達成し、大関昇進を確実にした関脇正代(28=時津風)が一躍、時の人となった。熊本出身力士としても初の幕内優勝を果たし、地元の熊本・宇土市は祝福ムード一…

後で読む
東京スポーツ

 ムチを入れる必要もないのかもしれない。巨人は27日の中日戦(東京ドーム)に5―1で快勝。15日に38で点灯させた優勝マジックを一度も消すことなく順調に24まで減らした。29日からは10連戦が控える中…

後で読む
東京スポーツ

 今季からロッテに加入した美馬学投手(34)が8月以降、白星を量産している。8月11日の日本ハム戦で今季3勝目を挙げるまでは勝ち負けが一進一退だったが、そこから快進撃。27日のソフトバンク戦(ZOZO…

後で読む
日刊スポーツ

西武が、今秋ドラフト1位筆頭候補に近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)を挙げていることが27日、分かった。複数の関係者の話を総合すると、クリーンアップ候補と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 世界ランク35位の錦織圭(30)=日清食品=が、同34位で第32シードのダニエル・エバンズ(30)=英国=にフルセットで競り勝った。4大大会の勝利は右肘故障で戦線を離れる前の19年全米オープン2回戦

後で読む
スポーツ報知

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が27日(日本時間28日・午前4時10分開始予定)、レギュラーシーズン最終戦となる敵地・ドジャース戦のスタメンに「4番・指名打者」で名を連ねた。ポストシーズン(PS)

後で読む
サンケイスポーツ

 26日のヤクルト-阪神17回戦(神宮)の試合中に、阪神・矢野監督と審判団が口論になったことを受け、セ・リーグは27日の試合前に阪神に経緯の確認と説明を行い、試合進行が遅れたことを謝罪した。また、試合前のメンバー交換では森審判が脱帽して、矢野監督に頭を下げた。

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲秋場所千秋楽(27日、両国国技館)関脇正代(28)が新入幕の翔猿(とびざる、28)を突き落とし、13勝2敗で初優勝。大関昇進も事実上、決まった。昇進を預かる日本相撲協会審判部が取組後、昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(57)=元横綱北勝海=に要請して受諾された。これまで、理事会で昇進が見送られた例はない。30日の11月場所(8日初日、国技館)番付編成会議と理事会を経て正式決定する。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト3-9阪神、18回戦、9勝9敗、27日、神宮)雨粒を切り裂き、白球が左翼スタンドで弾んだ。1-2の二回。阪神・原口が2号ソロ。相手に傾きかけた流れをひと振りで引き戻した。

後で読む
サンケイスポーツ

 F1シリーズ第10戦ロシアGP決勝(27日、ソチ、オートドローム=1周5・848キロ×53周)レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペン(22)=オランダ=が2位に入った。ホンダは9戦連続表彰台。アレクサンダー・アルボン(24)=タイ=は10位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

 組織崩壊のコロナ地獄は矢野燿大監督(51)の思考にどんな影響を与えますか-。阪神は25日、糸原健斗内野手(27)、岩貞祐太投手(29)ら計7人の新型コロナウイルス感染を発表。福留孝介外野手(43)ら6人を合わせ、10選手を登録抹消しました。名古屋遠征中の19日に福留、糸原ら8人が飲食店を貸し切り、会食していたことも判明。「会食は2時間程度、4人まで」という球団内規に違反する行為で、谷本修副社長兼球団本部長は「非常にゆゆしき事態」と陳謝しました。選手の自覚を重んじる指揮官の管理術を裏切る選手たちの自覚のなさ。さらに重大事態なのに球団トップの揚塩健治球団社長はコメントすら発表しない“異例の対応”…。組織の体をなしていない虎の実態は指揮官の心をむしばむかもしれません。

後で読む
サンケイスポーツ

 テニス・全仏オープン(27日、パリ)男子シングルス1回戦で昨年8強入りした世界ランキング35位の錦織圭(30)=日清食品=が、同34位で第32シードのダニエル・エバンズ(30)=英国=を1-6、6-1、7-6、1-6、6-4で破り、6年連続で初戦を突破した。2回戦では同73位のステファノ・トラバグリア(28)=イタリア=と対戦する。錦織との一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

 テニス・全仏オープン(27日、パリ)男子シングルス1回戦で昨年8強入りした世界ランキング35位の錦織圭(30)=日清食品=が、同34位で第32シードのダニエル・エバンズ(30)=英国=を1-6、6-1、7-6、1-6、6-4で破り、6年連続で初戦を突破した。

後で読む
東京スポーツ

 男子テニスの4大大会「全仏オープン」(パリ)が27日に開幕し、世界ランキング35位の錦織圭(30=日清食品)が大会初日の1回戦で同34位のダニエル・エバンズ(30=英国)を1―6、6―1、7―6(7…

後で読む
東京スポーツ

J1首位を走る川崎は27日の湘南戦に1―0で勝利したが、鬼木達監督(46)は高い内容を求めている。  前半18分に奇にパスがつながってMF家長昭博(34)がダイレクトキックで右クロスを挙げると、最後…

後で読む
日刊スポーツ

コロナ禍、情報伝達疑惑…。矢野阪神が激動の日々を経て5日ぶりに白星を手にした。「7番捕手」で先発した原口文仁捕手(28)が3カ月ぶりの1発となる同点2号ソロを… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 東京五輪(延期)のため、今年は秋開催となったシングル最強決定リーグ戦のAブロック公式戦が行われた。

後で読む
スポーツ報知

 G大阪が前半に奪った2得点を守り切り、3連勝で7位に浮上した。前半16分にMF倉田の技ありミドル、同20分には倉田のパスから抜け出したFWパトリックが決めてリードを奪った。しかしその後は広島の猛攻に

後で読む
スポーツ報知

 FW乾貴士とFW武藤嘉紀の所属するエイバルはホームでビルバオと対戦したが、1―2で敗戦。今季初白星はおあずけとなった。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」27日神戸大会のAブロック公式戦で、タイチ(40)が高橋裕二郎(39)を下し開幕から無傷の3連勝となった。  デンジャラスバックドロップ、アックス…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」27日神戸大会のAブロック公式戦で、NEVER無差別級王者・鈴木みのる(52)がジェフ・コブ(38)を下し2勝目を挙げた。  みのるはアテネ五輪出…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」27日神戸大会のAブロック公式戦で、前年度覇者・飯伏幸太(38)が石井智宏(44)を下し2勝目を挙げた。  互いに一歩も引かない打撃戦からシットダ…

後で読む
東京スポーツ

 阪神が27日のヤクルト戦(神宮)に9―3で勝利し、連敗を3で止めた。  初回にサンズの適時打で先制すると、逆転された直後の2回に原口の2号ソロですぐさま同点とした。3回に二死満塁から小幡の遊撃への内…

後で読む
デイリースポーツ

阪神が26日のヤクルト戦で外部とやりとりを行ったと審判団から指摘された件で、セ・リーグの杵渕和秀統括は27日、阪神が故意に情報を受け取った行為はなかったと結論づけた。「サイン盗みとか全くそういうことは疑っていない」と述べた。 杵渕統括は試合中に審判団が当該記者に注意をするなど試合進行が遅れたことについて矢野監督や球団に謝罪。審判団も試合前に矢野監督に直接、謝罪した。

後で読む
東京スポーツ

自慢の攻撃力を見せつけた。横浜Mは27日にアウェーで柏と対戦し、3―1で勝利。リーグ戦4連勝をマークし、5位に浮上した。  慌てる様子は見られなかった。前半40分に柏のエースでケニア代表FWマイケル…

後で読む
スポーツニッポン

 大相撲秋場所の千秋楽が27日、東京・両国国技館で行われ、2敗単独トップの関脇・正代が3敗で追う新入幕・翔猿を下して初優勝を飾った。熊本県出身、そして東農大出身では初、時津風部屋では1963年(昭38)名古屋場所の大関・北葉山以来57年ぶり賜杯と記録ずくめの優勝となった。

後で読む
日刊スポーツ

阪神2年目の小幡竜平内野手(20)が決勝打を放った。同点の3回2死満塁。高いバウンドの遊撃前のゴロだったが俊足で勝ち越しの適時内野安打だ。7回は中前打でつなぎ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ジョン・エドワーズ投手が7回を無難に抑えた。先頭坂口を内角速球で一ゴロに詰まらせた。2死後、エスコバーに中前打と二盗を許したが後続を断った。この日は1回無… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

故障離脱していたヤクルトの嶋基宏捕手と中村悠平捕手が、イースタン・リーグのロッテ戦(戸田)で実戦復帰した。5回から嶋、7回から中村がマスクをかぶり、ともに1打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 キック界の“神童”那須川天心(22)=TARGET/Cygames=、RIZINバンタム級王者・朝倉海(26)=トライフォース赤坂=をはじめ、修斗、DEEP、パンクラスの3団体ライト級王者らが集い、

後で読む
スポーツ報知

 陸上5000メートルの日本高校記録(13分36秒89)を持つ石田洸介(18)=群馬・東農大二高=が27日、神奈川・秦野市のカルチャーパーク陸上競技場で行われた東海大長距離競技会男子5000メートルに

後で読む
スポーツ報知

 大関・貴景勝(24)=千賀ノ浦=は、千秋楽結びの一番で大関・朝乃山(26)=高砂=を押し出しで下し、12勝で秋場所を終えた。大関として最後まで優勝争いを演じたが、賜杯は関脇・正代(28)=時津風=の

後で読む
スポーツ報知

 鹿島とNTTドコモは27日、カシマスタジアムで行われたJリーグ・大分戦で、マルチアングルスポーツ観戦サービス「5G LIVE SPORTS SUPPORTER+」を実施した。ドコモ社の専用デバイスを

後で読む
スポーツ報知

 2位のC大阪は後半から途中出場した元日本代表MF清武弘嗣(30)の1ゴール1アシストの活躍で、敵地で仙台に3―2と逆転勝ち。連敗を2で止め、逆転優勝に望みをつないだ。

後で読む
スポーツ報知

 湘南はホームで首位・川崎に0―1で敗れたが、サイドMFなどを本職とする身長169センチのDF石原広教(21)が「高校2年以来」というセンターバック(CB)中央で奮闘した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人は27日、デーゲームで中日に勝利。ナイトゲームで阪神がヤクルトに勝利したため優勝マジックは1つ減って「24」となった。

後で読む
東京スポーツ

 首位・ソフトバンクが27日の2位・ロッテ戦(ZOZOマリン)に4―8で敗戦。再び1ゲーム差に迫られた。  安打数はロッテの10本に対して、ソフトバンクは12本。しかし、投手陣が10四死球を与えて、そ…

後で読む
東京スポーツ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が27日、ヤクルト戦(神宮)の8回に3番手として登板。プロ初の連投となった。  前日には2イニングを投げていた藤浪。この日も6点リードの8回から1イニングを投げ無失点とし…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト3-9阪神」(27日、神宮球場) 高津ヤクルトが、投壊で最下位脱出ならず。試合後の高津監督は、5敗目を喫した吉田喜に厳しいゲキを飛ばした。

後で読む
東京スポーツ

エースの一撃が勝利につながることはなかった。柏は、27日にホームで横浜Mと対戦。前半40分にCKのキッカーDF三丸拡(27)が左足でクロスを供給すると、ケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)が頭で…

後で読む
日刊スポーツ

阪神秋山拓巳投手が粘りの投球で今季6勝目をつかんだ。1回に1点先制したが、その直後、坂口に逆転2点打を浴びた。だが、2回以降はコーナーを丁寧に突き、6回を初回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手はプロ8年目で公式戦初の連投に臨み、1イニングを無失点でつないだ。6点リードの8回裏、150キロ超の直球で打者3人を詰まらせた。「途中から行… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが今季初の同一カード3連勝を逃した。阪神秋山に0勝3敗と、今季5度目の対戦でまたも勝てなかった。36試合ぶりに5番に据えた坂口が2点二塁打を放ち、山田… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 仙台はホームでC大阪に2―3で敗れた。0―1の後半12分にDFパラのクロスをFW西村が右足を合わせて追いつき、さらに同22分に西村がPKを獲得して冷静に決めた。一時逆転したものの、後半37分と46分

後で読む
スポーツ報知

 湘南はホームで首位・川崎に0―1で敗れ、3連敗を喫した。

後で読む
スポーツ報知

 鹿島とNTTドコモは27日、カシマスタジアムで行われたJリーグ・大分戦で、マルチアングルスポーツ観戦サービス「5G LIVE SPORTS SUPPORTER+」を実施した。ドコモ社の専用デバイスを

後で読む
スポーツ報知

 阪神が16安打、9得点の猛攻で連敗を3で止めた。1点を追う2回に原口の2号ソロで同点に追いつくと、3回に小幡の適時打で勝ち越した。

後で読む
スポーツ報知

 ヤクルトは逆転負けし、今季初の3連戦3連勝はならず。相手先発の秋山に昨季から5連敗となった。

後で読む
東京スポーツ

 阪神の秋山拓巳投手(29)が27日、ヤクルト戦(神宮)に先発し6回4安打2失点の力投を見せた。  前回19日の中日戦(ナゴヤドーム)では自身の失策もあり黒星。窮地のチームを救う投球を期待される中で、…

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球秋季千葉大会・準々決勝、専大松戸7-6千葉学芸」(27日、千葉県野球場) 延長十六回タイブレークまで持ち込んだ千葉学芸だったが、あと一歩及ばなかった。来秋ドラフト候補で高校通算38本塁打の有薗直輝外野手(2年)は「4番・右翼」で出場し、6打数1安打1打点。接戦を逃し「最後、自分たちの野球ができなかった」と肩を落とした。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト3-9阪神」(27日、神宮球場) 高津ヤクルトが投壊で連勝ストップ。勝てば5位浮上の試合で、燕キラーの秋山に抑え込まれた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が連敗を3で止めた。2-2の三回に小幡の適時内野安打で1点を勝ち越すと七回に原口の2点適時打などで5点を奪って突き放した。秋山が6回2失点で6勝目。ヤクルトは一回に逆転に成功したがリードを守れなかった。

後で読む
東京スポーツ

J1第19節の残り試合が27日に行われ、横浜Mはアウェーで柏と対戦。先取点を奪われながらも、逆転勝ちを収め、リーグ戦4連勝をマークした。  横浜Mのアンジェ・ポステコグルー監督(55)の「ボールを持…

後で読む
日刊スポーツ

左脚内転筋の違和感で登録抹消中の巨人亀井善行外野手が、マシン打撃を再開した。ジャイアンツ球場の室内練習場で重信、山下らのリハビリ組と練習に励んだ。屋外の球場で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神秋山拓巳投手(29)が、6回4安打2失点の好投で6勝目の権利を手にした。今季ここまでの4戦で2勝0敗と好相性の相手に初回に逆転を許したが、その後は持ち前の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

25日に糸原、陽川ら1軍4選手、同スタッフ2人の感染が判明した阪神が、ヤクルトが対戦。先発はヤクルトが吉田大喜、阪神は秋山。–一球速報-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 キック界の“神童”那須川天心(22)=TARGET/Cygames=が、元K―1“大阪エース”皇治(31)=TEAM ONE=に勝利。「絶対倒れない男」と呼ばれる皇治を倒せず3-0の判定勝利となった

後で読む
スポーツ報知

 RIZINバンタム級王者・朝倉海(26)=トライフォース赤坂=が、初代ライト級キング・オブ・パンクラスの昇侍(37)=トイカツ道場=に1回TKOで勝利した。

後で読む
スポーツ報知

 熊本・宇土市出身の関脇・正代(28)=時津風=が、新入幕・翔猿(28)=追手風=を下して13勝2敗で賜杯を手にし、大関昇進を確実にした。長い大相撲の歴史の中で、熊本出身力士としては初優勝を飾ったこと

後で読む
スポーツ報知

 37年ぶりに初日から複数の横綱全員が休場して大混戦となった秋場所は、関脇・正代(28)=時津風=が制して、熊本県出身力士として初優勝した。これで優勝力士を輩出した都道府県は「35」となった。最多は北

後で読む
スポーツ報知

 5回表まで4―0とリードしていた慶大だったが先発の森田晃介投手(3年=慶応)が5回裏に4安打を浴び、1点差まで詰め寄られた。

後で読む
スポーツ報知

 来秋ドラフト候補で最速152キロ右腕の市和歌山・小園健太投手(2年)が先発出場。8回8安打10奪三振2失点、この日の最速は148キロをマークした。「序盤は真っすぐで押そうと思っていたが、打たれたので

後で読む
スポーツ報知

 ヤクルトのドラフト2位、吉田大喜投手(23)が中7日で先発。プロ最多の116球を投げ、6回を3失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「秋季高校野球千葉大会・準々決勝、千葉学芸6-7専大松戸」(27日、千葉県野球場) 専大松戸が延長十六回タイブレークで4時間25分に及ぶ激戦を制した。

後で読む
日刊スポーツ

阪神の高卒2年目小幡竜平内野手(20)が、持ち味の俊足で適時内野安打をもぎ取った。同点の3回2死満塁で、ヤクルト吉田喜の2球目をたたきつけた。打球は大きく跳ね… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト坂口智隆外野手が中軸起用に応えた。8月16日以来となる5番で先発。1点先制された直後の1回2死一、二塁、阪神秋山の真ん中低め135キロをはじき返して右… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

伏し目がちに、今季2度目の先発マウンドを後にした。日本ハム吉田輝星投手は、2回途中を5安打4失点でノックアウト。「指のかみ(ボールへの指の掛かり具合)が全然、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 26日のヤクルト戦(神宮)で外部からの情報伝達疑惑を指摘された阪神・矢野燿大監督が審判団と口論に発展した問題で、審判団が27日、試合進行を遅らせたことについて阪神に謝罪した。 27日の試合開始直前、メンバー交換の際に責任審判の森審判が脱帽して頭を下げた。同日、阪神側と話し合ったセ・リーグ杵渕和秀統括は「(試合が)スムーズに流れなかったというところをお詫びしました。お詫びというのはどちらが良い、悪いとかではなくて、審判のやり取りを通じて試合があれだけ止まった」と明かした。

後で読む
スポーツ報知

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位で18年平昌五輪代表の田中刑事(25)=倉敷FSC=は、125・21点、合計192・18点で優勝した。

後で読む
スポーツ報知

 関脇・正代(28)=時津風=が、1差で追う新入幕の東前頭14枚目・翔猿(28)=追手風=を突き落としで下して13勝2敗とし、悲願の初優勝を果たした。

後で読む
スポーツ報知

 F東京は敵地で鳥栖と対戦し、0―3で完敗した。鳥栖は、直近のリーグ戦10試合で1勝5分け4敗と分が悪い相手。8月1日の対戦でも、ホームで悔しい敗戦を喫していた。

後で読む
スポーツ報知

 ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が2点二塁打を放ち、逆転に成功。連続試合出塁を19に伸ばし、通算1500安打まで15本に迫った。

後で読む
スポーツ報知

 昨秋に続く県大会4強入りを狙っていた川口市立が延長11回の末、サヨナラ負けで姿を消した。

後で読む
スポーツ報知

 3時間16分に及ぶ長い戦いを制した明大・田中武宏監督(59)は、試合後のインタビューで次のように切り出した。「長い試合で皆さんには申し訳ないですが、これが我々の本来の戦い方。選手にも『時間をかけて、

後で読む
スポーツ報知

 巨人の戸郷翔征投手(20)が7回無失点の好投で8勝目を挙げた。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲秋場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)、関脇正代(28=時津風)が新入幕の翔猿(28=追手風)に快勝。13勝2敗で悲願の初優勝を飾った。熊本県出身力士の幕内優勝も初めてとなった。  初めて賜…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲秋場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)、大関朝乃山(26=高砂)は大関貴景勝(24=千賀ノ浦)に屈して10勝5敗で今場所を終えた。  大関対決となった一番は朝乃山が貴景勝に押し倒されて完敗。…

後で読む
東京スポーツ

 驚異のクリーンアップの向こうに、38歳の〝いぶし銀〟の姿あり――。巨人が27日の中日戦(東京ドーム)を5―1で下し、優勝へのマジックをまた一つ減らした。  投げてはここ1か月勝ち星のなかった、20歳…

後で読む
東京スポーツ

 26日のヤクルト戦(神宮)で外部からの情報伝達の疑義を巡り、阪神・矢野燿大監督(51)と審判団との口論に発展した件で27日、セ・リーグの杵渕和秀統括が神宮球場を訪れ、阪神球団に謝罪した。 「審判から…

後で読む
東京スポーツ

J1鳥栖が東京五輪世代コンビの活躍で連敗ストップだ。鳥栖は27日のFC東京戦(駅スタ)で、前半26分にFW石井快征(20)のゴールで先制すると、後半14分にはDF森下龍矢(23)が左足で貴重な追加点…

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム清宮幸太郎内野手(21)が2試合連続代打で結果を出した。6点を追う9回1死一塁。2-2からファウルで粘った後の8球目、漆原の145キロ直球を右中間席へ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

藤枝明誠が、秋の静岡県大会2連覇を果たした。打線が21安打16得点の猛攻で常葉大菊川を圧倒。1番宮城佑弥内野手(2年)が4安打でけん引した。先発の小林輝(てる… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「ロッテ-ソフトバンク」(27日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ・沢村拓一投手が4点リードの八回から登板し、打者3人をピシャリ。移籍後7イニング連続で無失点に抑え、仕事を果たした。

後で読む
スポーツ報知

 約10年のキャリアで47戦している“鉄人ファイター”大原樹里(29)=KIBAマーシャルアーツクラブ=が、“お祭り漢”矢地祐介(30)=KRAZY BEE=を判定で下し、RIZINデビュー戦を白星で

後で読む
スポーツ報知

 “ツヨカワクイーン”RENA(29)=シーザージム=が、DEEP JEWELSで活躍するベテランの富松恵美(38)=パラエストラ松戸=を3―0の判定で下した。

後で読む
スポーツ報知

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位で、約1年5か月ぶりの復帰戦に挑んだ本郷理華(24)=中京大=は、115・78点、合計176・07点で2位だった。

後で読む
スポーツ報知

 初戦をホームでクリスタルパレスに敗れたマンチェスター・Uはアウェイでブライトンと対戦。2-2で迎えた後半ロスタイム7分、最後のプレーと思われたマンチェスター・Uのコーナーキックからマグワイアがヘディ

後で読む
スポーツ報知

 神戸国際大付が13安打10得点で村野工に6回コールド勝ちし、3年連続の近畿大会(10月17日開幕・わかさスタジアム京都)出場を決めた。

後で読む
スポーツ報知

 首位ソフトバンクが、2位ロッテに4カード連続で負け越し。再び1ゲーム差に詰め寄られた。

後で読む
スポーツ報知

 セ・リーグの杵渕和秀統括が27日、ヤクルト―阪神戦を前に神宮球場を訪れ、情報伝達問題で試合が遅延したことを阪神球団に謝罪した。当該記者に聞き取り調査を行った上で、阪神・矢野監督、谷本球団本部長とも会

後で読む
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人5―1中日(27日・東京ドーム)

後で読む
スポーツ報知

 巨人のエスタミー・ウレーニャ内野手(21)が「7番・左翼」で来日初のスタメン出場を果たした。

後で読む
東京スポーツ

 中日が貧打に泣き、27日の巨人戦(東京ドーム)に1―5で敗れた。これで対戦成績は8勝11敗2分けとなり、今季の巨人戦勝ち越しはなくなった。  初回の攻防が全てだった。巨人先発・戸郷の立ち上がりを攻め…

後で読む
東京スポーツ

 力負けだ。首位ソフトバンクが鬼門で痛すぎる返り討ち。27日の2位ロッテ戦(ZOZO)に4―8で敗れ、首位攻防3連戦を1勝2敗と負け越し、ゲーム差は1に縮まった。  先発の二保は初回から四死球絡みで走…

後で読む
東京スポーツ

 巨人・戸郷翔征投手(20)が、27日の中日戦(東京ドーム)で7回4安打無失点の好投で、8月27日のヤクルト戦以来1か月ぶりの白星となる8勝目(4敗)を挙げた。「今月は勝ちがなくチームに迷惑をかけた。…

後で読む
日刊スポーツ

県内屈指の進学校・青森が43年ぶりの秋東北大会に惜しくも届かなかった。先発した伊藤敏生投手(2年)が初回2死から4連続四死球で1失点。2回も3連続四死球で満塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク先発二保旭投手が、2回途中7失点で無念のKO降板だ。前回16日の日本ハム戦(札幌ドーム)の登板後、疲労回復のため出場選手登録を抹消。中10日で休養… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

25日に糸原、陽川ら1軍4選手、同スタッフ2人の感染が判明した阪神が、ヤクルトが対戦。先発はヤクルトが吉田大喜、阪神は秋山。–一球速報-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-1中日」(27日、東京ドーム) 巨人・原監督が中島の打撃を大絶賛した。

後で読む
スポーツ報知

 元十両・貴ノ富士(本名・上山剛)あらためスダリオ剛(23)=フリー=が、プロレス元世界ヘビー級王者のディラン・ジェイムス(29)=ランズエンドプロレスリング=に1回終了ドクターストップで、格闘技デビ

後で読む
スポーツ報知

 25日開幕予定だったが新型コロナウイルスの影響で開催中止となった、日本女子プロゴルフツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(宮城・利府GC、報知新聞社後援)の特別番組「ミヤギテレビ杯ダンロップ

後で読む
スポーツ報知

 西武が序盤に奪ったリードを守り切って快勝。今季、同一カード6連戦中の3連勝はあったものの、3連戦システムに戻ってからは初の同一カード3連勝で、日本ハムを抜いて4位に浮上した。

後で読む
スポーツ報知

 広島の中村祐太投手(25)が6回6安打2失点で2敗目となった。

後で読む
スポーツ報知

 オリックスは今季最多の20安打12得点で日本ハムを退けた。4点差を追いつかれた3回、モヤが3試合連続アーチとなる勝ち越し2ラン。9月17日に1軍再昇格後、これで10戦6発の大暴れだ。6回にはムードメ

後で読む
スポーツ報知

 巨人の大竹寛投手(37)が27日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)の通算2000安打達成が期待される今季。スポーツ報知では「坂本勇人2000安打への道」と題して、これまでの勇人の活躍を、当時の記事で振り返る。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の松原聖弥外野手(25)が3安打猛打賞で勝利に貢献した。

後で読む
東京スポーツ

 DDT27日の東京・後楽園ホール大会で、11月3日の東京・大田区総合体育館大会で一騎打ちする秋山準(50)と竹下幸之介(25)が、3対3の綱引きマッチで激突した。  秋山率いる「準烈」と、竹下の「オ…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲秋場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)、関脇正代(28=時津風)が新入幕の翔猿(28=追手風)に快勝。13勝2敗で悲願の初優勝を飾った。熊本県出身力士の幕内優勝も初めてとなった。  大一番は…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲秋場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)、関脇正代(28=時津風)の大関昇進が事実上、決まった。千秋楽の本割で新入幕の翔猿(28=追手風)を下し、13勝2敗で初優勝した。  この日、日本相撲協…

後で読む
東京スポーツ

 スペイン2部サラゴサの元日本代表MF香川真司(31)が、クラブとの契約解除条件に合意したと、スペイン紙「アス」が報じた。  クラブ側は、あと1年契約を残す香川をEU圏外枠の登録から外し、事実上の戦力…

後で読む
デイリースポーツ

巨人は戸郷が7回無失点で8月27日以来の8勝目。打線は一回に松原の先制三塁打、坂本の内野ゴロで2点を先制。五回は岡本が、七回は丸が適時打を放つなど中軸が機能した。中日は一回無死一、二塁を逃し、流れをつかめなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球秋季広島大会・準々決勝、広島新庄9-2広陵」(27日、みよし運動公園) 広島新庄が広陵を七回コールドで下し、ベスト4進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島1-3DeNA」(27日、マツダスタジアム) DeNA・梶谷隆幸外野手が攻守で躍動した。

後で読む
デイリースポーツ

「オープン戦、法大3-2東海大」(27日、東海大グラウンド) 今秋ドラフト候補で最速155キロ右腕の東海大・小郷賢人投手(4年・関西)は2回1失点だったが、広島、DeNAのスカウトの前で新球を披露した。「真っすぐを狙われることが多いので」と、初球からスライダーを投じるなど変化球主体の投球。「緩急が使えるように緩い球が欲しかった」と新たに試しているチェンジアップの出来も上々。九回先頭には決め球として空振り三振に斬った。

後で読む
東京スポーツ

ベルギー1部ベールスホットの日本代表FW鈴木武蔵(26)が2試合連続ゴールを決めた。26日にホームで行われたワースランドベベレン戦で、1―2のビハインドで迎えた後半29分から出場すると、同34分に右…

後で読む
東京スポーツ

フランス1部で日本代表DF長友佑都(34)と同DF酒井宏樹(30)所属するマルセイユは26日、ホームでメスと1―1で引き分けた。2試合連続の先発出場となった長友は左サイドバックを務め、持ち味の攻撃参…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ウエスカの岡崎慎司(34)は26日、アウェーのバレンシア戦に先発し、1―1で引き分けた。この日も果敢にゴール迫る中、1―1で迎えた後半27分には右足でボレーシュートを放つも、惜しくもバー…

後で読む
東京スポーツ

ドイツ1部ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)は26日、ホームで行われたケルン戦に公式戦3試合連続となる先発出場し、0―0の後半28分までプレーした。  この日は中盤で起用され、積極的な姿勢で…

後で読む
東京スポーツ

オランダ1部ズウォレのDF中山雄太(23)は26日、本拠地で行われたスパルタ戦で今季ゴールを決めた。今季初スタメンとなる中、3―0で迎えた後半26分、右CKに頭で合わせた。中山は同29分に交代、DF…

後で読む
日刊スポーツ

オリックスはモヤの3戦連発となる6号2ランなどで、3回までに11安打8得点。日本ハム吉田輝は1回1/3を5安打4失点でKO。日本ハムは6回に大田の8号2ランで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武金子侑司外野手が攻守で存在感を示した。2回無死一塁で中前打を放ちチャンスメーク。3回1死一、二塁からは右前適時打を放った。守備でも5回に左中間に抜けそうな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武松本航投手が自身3連勝、チームを今季初の同一カード3連戦3連勝に導いた。7回4安打2失点で、失点はソロ2本。5回2死一、二塁のピンチで相手打線の枢軸を担う… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「ロッテ8-4ソフトバンク」(27日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテがソフトバンクとの首位攻防で勝ち越し。ゲーム差を1とした。

後で読む
スポーツ報知

 約10年のキャリアで47戦している“鉄人ファイター”大原樹里(29)=KIBAマーシャルアーツクラブ=が、“お祭り漢”矢地祐介(30)=KRAZY BEE=を判定で下し、RIZINデビュー戦を白星で

後で読む
スポーツ報知

 10月2日に開幕するBリーグでB1全20チームの代表選手が27日、オンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツ報知

 2敗で単独トップの関脇・正代(28)=時津風=が、3敗で追う新入幕の東前頭14枚目・翔猿(28)=追手風=を下して13勝目を挙げ、悲願の初優勝を果たした。

後で読む
スポーツ報知

 八戸学院光星が16安打14点と圧倒的な強さを見せつけ、八戸西を撃破。2年ぶり17度目の優勝を飾った。

後で読む
スポーツ報知

 ◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

 ◆広島・九里亜蓮―DeNA・京山将弥(18時・マツダスタジアム)

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。