スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストで世界選手権3度制覇の浅田真央さん(29)が16日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの影響で延期していた自身が主役のアイスショー「サンクスツアー」について8月15、16日の滋賀公演から再開することを報告した。滋賀県民限定で開催され、「滋賀県における新型コロナウイルス感染拡大防止策」に基づいた対策をとって実施するという。

後で読む
スポーツ報知

巨人・吉川尚が「8番・二塁」で先発出場し、攻守で躍動した。

後で読む
デイリースポーツ

元阪神監督でデイリースポーツの評論家・岡田彰布氏が18日午後6時から、読売テレビの情報バラエティー「朝生ワイド す・またん!」の公式サイトで生配信トークライブに出演する。 トーク相手を務めるのは、プロのラグビーコーチとして、奈良県・御所実業高校など全国の強豪チームを指導し、U17、U18の日本代表コーチも務めた二ノ丸友幸氏。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が、右足の張りで大事をとって交代した。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは2点をリードされ迎えた5回2死満塁から3得点を奪い3―2と逆点に成功。さらに6回1死一塁。続く安田が中前ポテンヒットで一、二塁すると、一塁代走で起用されたのは鳥谷敬だった。

後で読む
スポーツ報知

西武・中村剛也内野手(36)が、史上73人目となる通算300二塁打を達成した。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの2年目・太田椋内野手(19)がプロ初安打初本塁打を記録した。1点を追う3回1死、バンデンハークの直球をバックスクリーンへ同点弾。1軍昇格を果たしたばかりの19歳は「会心でしたけど、あの方

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは先発・バンデンハークが誤算で、連勝も5でストップした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム3-4ロッテ」(16日、札幌ドーム) チームは接戦を落とし、再び単独のリーグ最下位。それでも明るい兆しも見えた。

後で読む
東京スポーツ

広島が16日の巨人戦(マツダ)を4―9で落とし痛恨の同一カード3連敗を喫した。  借金は今季最多の4に膨らみ、昨年4月19日以来となる単独最下位に転落。先発不足の影響からブルペンデーとなったこの日は…

後で読む
東京スポーツ

阪神の矢野燿大監督が16日、二軍で調整中の藤浪晋太郎投手について言及した。  6―4で勝利したヤクルト戦(甲子園)の試合後、5回持たず降板した先発・中田の次回登板について話が及ぶと「今日、晋太郎も良…

後で読む
東京スポーツ

中継ぎ陣がまたも踏ん張れなかった。ヤクルトは16日の阪神戦(甲子園)に4―6で逆転負け。先発の高橋奎二(23)は6回途中を2失点の好投を見せたが、二死一塁での交代に「今日は調子自体は良かったのですが…

後で読む
サンケイスポーツ

陸上女子200メートルでリオデジャネイロ五輪7位のディアジャ・スティーブンズ(米国)が16日、抜き打ちのドーピング検査で居場所の申告を3度怠ったため、世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」から1年6カ月の資格停止処分を受けた。処分は今年2月にさかのぼって適用され、来年の東京五輪には出場できない。

後で読む
スポーツ報知

WBA、IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が後楽園ホールに来場。同じジムの清水聡、いとこの井上浩樹の試合を見守った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-3ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク2勝1敗、16日、京セラ)オリックスの山崎福が2017年7月10日の日本ハム戦以来、3年ぶりの先発勝利を手にした。5回を投げて5安打2失点で今季初勝利となり、「素直にうれしい。欲を言えば、あと1、2イニング投げたかった」と反省も忘れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

広島のK・ジョンソンが16日、不振のために出場選手登録を外れた。昨季は自身4度目の2桁となる11勝を挙げ、リーグ2位の防御率2・59をマークしたが、今季は4試合に先発し0勝3敗、防御率5・73と精彩を欠いていた。佐々岡監督は「けがではない。当然、下で投げてもらう」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神6-4ヤクルト、6回戦、3勝3敗、16日、甲子園)ヤクルトの村上が3-0の五回に中前打を放ったところで退いた。高津監督は「右の脚に張りが出た。本人は出ますと言っていた(ので先発出場させた)が、強制的に代えた」と説明。3打数3安打と活躍した後の交代だったことから深刻な状況ではないようだ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-4ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・スアレスが九回を1安打無失点で締め、登板3戦連続のセーブを挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-4ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神の矢野燿大監督は試合後、今季初となった近本の途中交代に「(チームとして)動きを入れていくことが必要かなと思った」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-4ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神の矢野燿大監督が、大胆な攻めの采配でヤクルトに逆転を収めた。4カード連続の勝ち越しで5位に再浮上。4位・中日にもゲーム差0に迫っている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神6-4ヤクルト、6回戦、3勝3敗、16日、甲子園)阪神が逆転勝ちで最下位を脱した。3-4の八回1死からサンズの3号ソロで同点。梅野が安打で続き、福留が1号2ランを放った。福留は六回に代打で2点二塁打を放ち、4打点の活躍だった。ヤクルトは中継ぎ陣が打たれた。

後で読む
スポーツ報知

阪神が福留孝介外野手(43)とジェリー・サンズ外野手(32)のアベックアーチで劇的な逆転勝利を収めた。

後で読む
スポーツ報知

広島投手陣が3本塁打を浴びるなど踏ん張れず、本拠地・マツダスタジアムで2011年8月5~7日以来9年ぶりの巨人戦3連敗を喫した。

後で読む
スポーツ報知

阪神が8回の鮮やかな一発攻勢で最下位脱出に成功した。1点ビハインドで迎えた8回1死からサンズが甲子園1号となる3号ソロを左翼席に放り込むと、なおも1死一塁から福留がバックスクリーン左に今季1号2ラン

後で読む
スポーツ報知

日本ハムはロッテに逆転負けを喫し、5位タイから単独最下位に再転落した。

後で読む
スポーツ報知

西武・高橋光成投手(23)が先発して、6回8安打5失点で今季2敗目を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-9巨人」(16日、マツダスタジアム) 巨人の原監督が、坂本勇人内野手のつなぎを評価した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-4ヤクルト」(16日、甲子園球場) ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が右足の張りを理由に、五回で途中交代となった。17日の広島戦(マツダ)には出場する予定だ。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天7-4西武」(16日、楽天生命パーク宮城) 楽天・安楽智大投手(23)が、緊急登板で3年ぶりの白星を手にした。

後で読む
東京スポーツ

甲子園が虎党の歓喜に染まった。阪神の球界最年長・福留がひと振りで試合を決めた。16日のヤクルト戦の8回、4―4同点の一死一塁でヤクルト・清水の初球を一閃。中越えに決勝の1号2ランを叩き込んだ。 「そ…

後で読む
東京スポーツ

巨人のC・C・メルセデス投手が、16日の広島戦(マツダ)で6回を6安打2失点に抑え、今季5戦目でうれしい初勝利をマークした。  来日4年目で広島にはここまで8戦白星なしの5敗を喫してきたが、ようやく…

後で読む
東京スポーツ

中日が16日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に8ー0で勝ち、4カードぶりに勝ち越し。広島を抜いて4位に浮上した。  与田監督の采配がズバリ当たった。前日、チャンスに代打で登場して併殺に倒れた阿部を5番・…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督(61)が広島の夜空に〝柏手〟を打った。  16日の広島戦(マツダ)を9―4で下し、このカード3連勝を飾ったが、同一カードでの3連勝は第2次政権下の2011年以来。忌まわしい過去を「…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの2年目右腕・板東湧梧投手(24)が、16日のオリックス戦(京セラドーム)にリリーフ登板。3回2/3を4安打無失点に抑えて5三振を奪う快投を見せた。  前回14日の同カードでプロ初登板し…

後で読む
スポーツニッポン

オリックスは1点リードされた3回に打線が繋がり一挙4点を奪って逆転し、連敗を2で止めた。

後で読む
スポーツニッポン

オリックスは1点リードされた3回に打線が繋がり一挙4点を奪って逆転し、連敗を2で止めた。先発の山崎福が5回81球を投げて、5安打2失点で今季初勝利をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

西武は今季3勝目を狙った高橋光が6回8安打5失点。終盤の反撃も及ばず、首位相手に連敗で借金1となった。辻監督は「やっぱりうちの投手陣は四球。うちが点を取られるのは余計な四球からですよ」とおかんむり。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が16日の阪神戦(甲子園)で右足の張りのため途中交代した。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハム、阪神で活躍した元プロ野球選手の片岡篤史氏(51=スポニチ評論家)が16日放送のフジテレビ「直撃!シンソウ坂上」(木曜後9・00)にVTR出演。新型コロナウイルス感染で闘病中、PL学園野球部の2年先輩にあたる清原和博氏(52)から毎日励ましのメッセージが届いたと明かし、感謝した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天7-4西武、2回戦、楽天2勝、16日、楽天生命)楽天は一回に浅村の二ゴロの間に1点を先制した。五回に浅村の適時打、六回に辰己の2ランで加点。5-4の八回に鈴木大の2点適時打で突き放した。7投手でつなぎ、2番手の安楽が3年ぶりの白星。西武は勝率5割を切った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-4ロッテ、3回戦、ロッテ2勝1敗、16日、札幌D)ロッテは0-2の五回にマーティンの2点適時打と菅野の適時打で3点を奪い逆転し、六回に失策で加点した。岩下は5回を7安打2失点で粘り開幕3連勝。益田が7セーブ目。日本ハムは再三の好機を生かせず単独最下位に転落した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神が1点を追う八回裏に同点に追い付いた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 大ベテランの一振りで阪神が大逆転に成功した。1点をリードされて迎えた八回。まずはサンズの左翼ポール際への一発で同点に追いつく。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-4ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神がヤクルトに逆転勝ちして、4カード連続の勝ち越し。最下位脱出した。球界最年長の43歳・福留が同点2点二塁打と決勝の1号2ランを放ち、2安打4打点の大暴れを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-4ヤクルト」(16日、甲子園球場) 大ベテランのバットが勝利に導いた。阪神が4カード連続勝ち越し。最下位脱出に成功し、5位に浮上した。八回、同点としてなお1死一塁。福留がバックスクリーン左に突き刺さる決勝2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断されていたプロボクシングが、興行再開後初めて「聖地」の東京・後楽園ホールで行われた。タイトルマッチ2試合が無観客で実施され、日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は「無観客でも聖地での開催は意義深い」と再開を喜んだ。 ロンドン五輪銅メダリストの清水聡(大橋)ら出場4選手、レフェリーらは前日にPCR検査を受けて陰性。ジャッジはリングから距離を置いて着席し、JBC関係者は防護服を着用した。ラウンド間には、興行主の大橋ジムに所属する元世界王者の八重樫東らがロープを消毒した。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・日本スーパーライト級タイトルマッチ」(16日、後楽園ホール=無観客試合) ボクシングの“聖地”後楽園ホールで2月27日以来140日ぶりの公式試合、新型コロナウイルス感染拡大による興行自粛明け初のタイトルマッチが行われ、日本スーパーライト級1位の永田大士(30)=三迫=が王者の井上浩樹を7回TKOで破り新王者となった。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は、ヤクルトに6-4で勝利。終盤に反発力を見せ、4カード連続勝ち越しとした。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ」(16日、後楽園ホール=無観客試合) ボクシングの“聖地”後楽園ホールで2月27日以来140日ぶりの公式試合、新型コロナウイルス感染拡大による興行自粛明け初のタイトルマッチが行われ、王者の清水聡(34)=大橋=が同級14位の挑戦者・殿本恭平(25)=勝輝=を7回TKOで破って5度目の防衛に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングの2012年ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(大橋)が16日、東京・後楽園ホールで5度目の防衛戦に臨み、殿本恭平(勝輝)を7回2分10秒TKOで下した。 新型コロナウイルスの影響で中断されていたプロボクシングの興行再開後、国内で初のタイトル戦。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-4ロッテ、3回戦、ロッテ2勝1敗、16日、札幌D)ロッテは0-2の五回にマーティンの2点適時打と菅野の適時打で3点を奪い逆転し、六回に失策で加点した。岩下は5回を7安打2失点で粘り開幕3連勝。益田が7セーブ目。日本ハムは再三の好機を生かせず単独最下位に転落した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天7-4西武、2回戦、楽天2勝、16日、楽天生命)楽天は一回に浅村の二ゴロの間に1点を先制した。五回に浅村の適時打、六回に辰己の2ランで加点。5-4の八回に鈴木大の2点適時打で突き放した。7投手でつなぎ、2番手の安楽が3年ぶりの白星。西武は勝率5割を切った。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのフランス1部リーグは16日、2020~21年シーズンの組み合わせを発表し、バックスの松島幸太朗が新加入したクレルモンは、9月上旬の開幕節でトゥールーズと対戦することが決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-4ロッテ、3回戦、ロッテ2勝1敗、16日、札幌D)日本ハムのバーヘイゲンは六回途中まで8安打4失点で来日初黒星を喫した。150キロを超えるツーシームを軸に四回までは得点を許さなかったが、2-0の五回に勝利投手の権利まであと1死としながら失点を重ねた。「打ち取ったつもりの打球から連打を浴び、リズムを崩されてしまった」と肩を落とした。

後で読む
日刊スポーツ

J1浦和レッズは16日、青森山田の主将を務めるU-18日本代表DF藤原優大(3年)の来季新加入内定を発表し、青森市内で会見を行った。藤原は1年時から主力として…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
スポーツ報知

巨人は敵地・マツダで10安打9得点で快勝した。

後で読む
スポーツ報知

中日・阿部寿樹内野手(30)が12打席ぶりの安打をきっかけに3安打4打点と大暴れした。この日の試合前まで7月の打率8分6厘と絶不調だった男に快音が戻り、チームを4カードぶりの勝ち越しへ導いた。

後で読む
スポーツ報知

◆DeNA・井納翔一―巨人・今村信貴(18時・横浜)

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの2年目右腕、清水昇投手(23)の開幕からの連続試合無失点は11でストップした。

後で読む
スポーツ報知

阪神の福留孝介外野手(43)が日米通算2400安打となる鮮やかな一発を放った。

後で読む
スポーツ報知

阪神が福留孝介外野手(43)とジェリー・サンズ外野手(32)のアベックアーチで劇的な逆転勝利を収めた。

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大後、首都圏では初となるボクシング興行が16日に東京・後楽園ホールで無観客で行われた。  最初の試合となった日本スーパーライト級タイトルマッチでは井上尚弥、拓真兄弟のいとこで…

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大後、首都圏では初となるボクシング興行が16日に東京・後楽園ホールで無観客で行われた。  メインの東洋太平洋(OPBF)フェザー級タイトルマッチは王者でロンドン五輪銅メダリス…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) ついに防御率0・00の壁が崩れた。ヤクルトの清水昇投手が八回に、同点弾と逆転弾を被弾。ここまでリーグ2位の快進撃を支えたリリーフが、今季初めて失点を許した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは0-2の五回にマーティンの2点適時打と菅野の適時打で3点を奪い逆転し、六回に失策で加点した。岩下は5回を7安打2失点で粘り開幕3連勝。益田が7セーブ目。日本ハムは再三の好機を生かせず単独最下位に転落した。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は一回に浅村の二ゴロの間に1点を先制した。五回に浅村の適時打、六回に辰己の2ランで加点。5-4の八回に鈴木大の2点適時打で突き放した。7投手でつなぎ、2番手の安楽が3年ぶりの白星。西武は勝率5割を切った。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-9巨人」(16日、マツダスタジアム) 巨人が先制、中押し、ダメ押しと3発の本塁打で広島投手陣を粉砕。敵地マツダスタジアムでは11年8月5~7日以来、9年ぶりの3連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が逆転勝ちで最下位を脱した。3-4の八回1死からサンズの3号ソロで同点。梅野が安打で続き、福留が1号2ランを放った。福留は六回に代打で2点二塁打を放ち、4打点の活躍だった。ヤクルトは中継ぎ陣が打たれた。

後で読む
日刊スポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は15日、オンライン形式による非公開の理事会後に記者会見し、新型コロナウイルスの影響で来年夏に1年延期と…

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子200メートル平泳ぎ前世界記録保持者の渡辺一平(23=トヨタ自動車)が16日、オンライン形式で取材に応じた。豪雨被害が出ている出身地の大分県について触…

後で読む
東京スポーツ

日本ハム・清宮幸太郎内野手が16日、ロッテ戦(札幌ドーム)に「6番・DH」で先発出場。2点ビハインドの6回無死の第3打席に今季3号のソロ本塁打を放った。  清宮はこの回からマウンドに上がったロッテ・…

後で読む
東京スポーツ

阪神の球界最年長男が今季初打点をマークする一打で試合を一時振り出しに戻した。16日のヤクルト戦(甲子園)で43歳のベテラン・福留が2点を追う6回二死一、二塁の場面で代打登場。ヤクルト2番手・近藤の1…

後で読む
スポーツ報知

 国内ツアー通算14勝の上田桃子(34)=フリー=が16日、メジャー大会のAIG全英女子オープン(8月20~23日、ロイヤルトルーンGC)の出場を自身のインスタグラムで表明した。

後で読む
スポーツニッポン

復調を印象付ける3安打だった。中日・阿部が今季初の3安打猛打賞、自己最多タイの4打点と大暴れ。チームを4カードぶりの勝ち越しに導き、4位浮上に貢献した。

後で読む
スポーツニッポン

○●○●○●○●○●○●○●○●●…。球界初の珍記録がついにストップした。

後で読む
スポーツニッポン

阪神のジェリー・サンズ外野手が貴重な同点3号本塁打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は途中出場のベテラン、福留の大車輪の活躍でヤクルトに逆転勝利。広島が敗れたため5位に浮上した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人が大城、吉川尚、岡本と効果的な3発で広島を下し、3連勝を飾った。巨人が2017~2018年にかけて13連敗を喫したこともある鬼門・マツダで広島戦に3連勝するのは2011年10月以来9年ぶりとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のドラフト3位・岡野祐一郎投手(26)=東芝=が16日、DeNA6回戦(ナゴヤドーム)に先発し、5回6安打無失点の好投でプロ2勝目をつかんだ。

後で読む
スポーツ報知

日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は16日、東京都庁を訪問し、小池百合子知事に大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の開催を報告した。7月場所は、新型コロナ禍の中1日あたりの上限を2500

後で読む
スポーツ報知

王者・清水聡(34)=大橋=が同級14位・殿本恭平(25)=勝輝=から初回に左ストレートや右フックで2度ダウンを奪うなど7回2分10秒TKOで勝利し、5度目の防衛に成功した。通算成績は清水が9勝(9

後で読む
スポーツ報知

日本ラグビー協会の森重隆会長と岩渕健輔専務理事が16日、横浜市内で練習する横浜TKMを訪問。新型コロナウイルスに対応する医療従事者でもある選手を多く抱える女子チームに対し、森会長が「どうしてもお礼を

後で読む
スポーツ報知

スポーツブランドのプーマは16日、都内で展示会を開催し、陸上男子短距離で100と200メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(33)=ジャマイカ=らが着用する「UNITY COLLECTION(

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは16日、中日6回戦(ナゴヤドーム)に0-8で敗戦。6月26日から史上最長の16試合、勝利と敗戦を交互に繰り返す“オセロ状態”が続いていたが、開幕以来となる連敗でストップした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島4-9巨人、6回戦、巨人4勝1敗1分、16日、マツダ)巨人は大城、吉川、岡本の本塁打攻勢で広島を圧倒、4連勝で首位を守った。マツダスタジアムでの同一カード3連勝は9年ぶり。先発のメルセデスは6回2失点で今季初勝利を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日8-0DeNA、6回戦、DeNA4勝2敗、16日、ナゴヤD)投打が噛み合い、中日が4カードぶりの勝ち越しを決めた。ルーキーの先発・岡野が5回6安打無失点で2勝目(2敗)を挙げた。DeNAは8本の安打を放つも、好機であと一本が出なかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-3ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク2勝1敗、16日、京セラ)オリックスは0-1の三回に太田のプロ初安打となる同点ソロ、吉田正の適時二塁打、ジョーンズの4号2ランで一挙4点を奪った。山崎福は5回2失点で先発としては3年ぶりの白星。ソフトバンクは連勝が5で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神が六回、一気に同点に追いついた。まずは1死から大山がセンターオーバーのフェンス直撃となる三塁打で出塁。続くボーアがバットをへし折られての二ゴロの間に大山が生還して、ヤクルト先発・高橋からようやく1点を返した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園) 六回に代打で同点の2点適時二塁打を放った阪神・福留が、七回の守備からセンターに入った。センターに入るのは、2014年8月28日・巨人戦(東京ドーム)以来6年ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神先発の中田賢一投手(38)は、4回2/3を投げ、7安打3失点だった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、6回戦、16日、甲子園)阪神のドラフト6位・小川一平投手(23)=東海大九州=が、五回途中から2番手として登板。公式戦で初めて甲子園のマウンドに立った。

後で読む
サンケイスポーツ

ボクシングの2012年ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(大橋)が16日、東京・後楽園ホールで5度目の防衛戦に臨み、殿本恭平(勝輝)を7回2分10秒TKOで下した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、6回戦、16日、甲子園)阪神・福留孝介外野手(43)が、1-3で迎えた六回2死一、二塁の場面で代打で登場。右翼へ同点の2点二塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天先発の弓削隼人投手(26)が、三回まで無失点の好投を続けていたが、四回に先頭・栗山の打球が右足を直撃。治療でベンチに戻った後、再びマウンドに上がったが、2球ボールが続いたところで降板した。二回2死二塁で岡田のライナーを打球を左腰付近に受けても三回まで好投を続けていただけに、四回途中の無念の降板にベンチでは涙を浮かべて悔しがっていた。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーのフランス1部リーグ「トップ14」主催者は16日、2020~2021年シーズンの試合日程を発表し、日本代表FB松島幸太朗(27)が所属するクレルモンは、9月5日の開幕戦でリーグ歴代単独最多の20度の優勝を誇るトゥールーザンを、本拠マルセル・ミシュラン・スタジアムに迎えて対戦することが決まった。移籍初年度の松島がデビューなるかに注目が集まる。

後で読む
スポーツ報知

先発したドラフト3位・岡野祐一郎投手(26)が6安打を浴びながら5回無失点と好投した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの清宮幸太郎内野手(21)が右越えの3号ソロを放った。「6番・指名打者」で先発。2点を追う6回の第3打席。ロッテの2番手・田中靖の内角143キロを右翼席中段に運んだ。「先頭で2点差ということ

後で読む
スポーツ報知

阪神の福留孝介外野手(43)が今季初タイムリーを放った。2点ビハインドの6回2死一、二塁で代打起用されると、近藤の甘いスライダーをジャストミート。同点に追いつく右越えの2点二塁打となった。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・高橋奎二投手(23)は今季2度目の先発で6回途中2失点で降板。2点リードでマウンドを降りたが、直後に同点を許し、今季初勝利はならなかった。

後で読む
スポーツ報知

投打ががっちりかみ合った。先発のドラフト3位・岡野祐一郎投手(26)が6安打を浴びるも5回無失点の好投で2勝目を挙げた。2~4回は毎回先頭打者を出したが、いずれの回でも併殺を奪いホーム生還は許さなか

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) ヤクルトの高橋奎二投手が、5回2/3を投げ4安打2失点。だが、2番手の近藤が追いつかれ…。降板直後に勝ち投手の権利は消滅した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-巨人」(17日、マツダスタジアム) 巨人・丸がプロ入り初の1試合2犠打をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(16日、京セラドーム大阪) オリックスが逆転勝ち。連敗を2で止めた。ソフトバンクは5連勝でストップした。

後で読む
デイリースポーツ

中日が4カードぶりに勝ち越した。阿部が3安打4打点の活躍。一回に先制打、四回に適時二塁打、七回に2点中前打を放った。岡野は5回無失点で2勝目。計5投手で無失点リレーにつなげた。DeNAは今季初の零敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-9巨人」(16日、マツダスタジアム) 巨人が3連勝。広島に同一カード3連勝は14年9月2日~4日以来、6年ぶり。マツダスタジアムでは11年8月5日~7日以来、9年ぶりとなった。

後で読む
東京スポーツ

風格すら漂ってきた。巨人の新若大将・岡本和真内野手(24)が、16日の広島戦(マツダ)で3試合連続となる8号2ランを左中間スタンド2階席に叩き込んだ。この瞬間、同じ7本塁打で並んでいた広島の主砲・鈴…

後で読む
スポーツニッポン

今季初勝利を目指す巨人のC・C・メルセデス投手(26)が広島戦(マツダ)で4度目の先発登板。6回6安打2失点と好投し、勝利投手の権利を得て降板した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・福留が試合を振り出しに戻す一打を放った。1―3の6回2死一、二塁。代打で登場すると、ヤクルト・近藤の内角スライダーを捉え、右翼フェンス直撃の2点打で同点に追いついた。球界最年長野手の意地の一振りに甲子園の虎党も沸き上がった。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテの先発・岩下が5回7安打2失点と粘った。初回にいきなり2点を失ったが、3回と4回は走者を背負いながらも併殺でしのぎ、5回2死満塁のピンチもビヤヌエバを空振り三振に斬った。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハム・清宮が今季3号となるソロ本塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のドラフト3位・岡野祐一郎投手(26)=東芝=が16日、DeNA6回戦(ナゴヤドーム)に先発し、5回6安打無失点と好投した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手(35)が16日、オリックス戦(京セラ)に先発。自己最短の2回2/3でKOされた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 思わず甲子園がため息に包まれた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園) ソフトンバンクから阪神に移籍後、甲子園で初登板初先発となった中田は、リードを許したまま五回途中で降板。移籍後初勝利は次回以降にお預けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園) 阪神のドラフト6位・小川(東海大九州)がプロ入り後、本拠地・甲子園で初登板して、ピンチをしのいだ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 五回1死走者なしの場面で打順が回ってきた阪神・近本に代打・陽川が送られた。近本に代打が送られるのは今季初めて。昨季も6月30日の中日戦(ナゴヤドーム)で代打・原口が送られた1度だけだった。

後で読む
東京スポーツ

夢を現実に変えるために――。7人制ラグビー日本代表の藤田慶和(26=パナソニック)が目をぎらつかせている。  7人制ラグビー日本代表は、前回のリオデジャネイロ五輪で4位入賞を果たしたが、自身は代表落…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCは16日、12日の仙台戦で負傷退場したGK六反勇治(33)が鼻骨骨折で15日に手術を受けたことを発表した。六反は仙台戦の前半12分に、相手FWの膝を顔…

後で読む
サンケイスポーツ

日本スポーツ協会は16日、長年スポーツを続けて功績を残した高齢の競技者をたたえる「第15回日本スポーツグランプリ」の受賞者に、陸上女子三段跳びで年代別の世界記録を持つ長野県の大日向暁子さん(70)ら8人が決まったと発表した。書面決議の理事会で承認された。表彰式は新型コロナウイルス感染防止のため中止する。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-DeNA、6回戦、16日、ナゴヤD)DeNAのラミレス監督が、またも先発投手を1回で交代させた。今季2試合目の中川は2死から連続四球で走者をため、阿部にフルカウントから右前打されて先制点を献上。続く京田は3球三振に仕留めたが、二回のマウンドは許されずに1失点、35球で降板となった。

後で読む
日刊スポーツ

FC東京FW永井謙佑が負のジンクス打破を誓った。次節でぶつかる浦和レッズとは、05年以来、ホーム味スタでの公式戦は6分け9敗と相性が悪い。昨季は終盤までリード…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス-ソフトバンク、3回戦、16日、京セラ)オリックスの2年目、太田がプロ初安打をソロ本塁打でマークした。0-1の三回1死で打席へ。3ボール1ストライクからバンデンハークが投じた高めの直球を中越えに運び、「実感がわかないけど、とにかくめちゃくちゃうれしい」と19歳らしいあどけない笑顔を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスMF相馬勇紀(23)が、ゴールへのこだわりを見せた。18日のサガン鳥栖戦(豊田ス)に向けて16日、オンラインでの取材に応じた。前節はアウェーで…

後で読む
日刊スポーツ

チーム屈指の生え抜きが勝利を引っさげホームへ帰る。北海道コンサドーレ札幌は16日、千葉市内でベガルタ仙台戦(18日、ユアスタ)に向けた練習を行った。MF宮沢裕…

後で読む
サンケイスポーツ

西武・中村剛也内野手(36)が16日、楽天戦(楽天生命パーク)で史上73人目となる通算300二塁打を達成した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-ロッテ、3回戦、16日、札幌D)日本ハムのビヤヌエバが0-0の一回2死二、三塁で2点適時打を放ち、2試合連続で打点をマークした。2ボール1ストライクからの4球目、岩下の外寄りの速球を左前に運び「前の打者がいい形でチャンスをつくってくれたので、何としても走者をかえしたいという気持ちだった」と喜んだ。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグ(TL)東芝のフランカー徳永祥尭(よしたか)共同主将(28)が16日、東京都府中市のグラウンドで個人練習後に対面取材に応じた。新型コロナウイルスの収束が見えず、ラグビー界にも大きな影響が及ぶ中、「当たり前のことを当たり前にやる」と細心の注意を払いながら、来年1月開幕予定の新シーズンに照準を定めていることを明かした。

後で読む
スポーツ報知

巨人は1点リードの6回2死一塁、吉川尚がフルカウントから左翼ポール際付近へ追加点となる3号2ラン本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー7人制男子で東京五輪日本代表候補の藤田慶和(パナソニック)が16日、東京都内で行われた代表候補の練習に参加してオンライン取材に応じ、1年後の五輪に向けて「7人制を日本の皆さんに知ってもらうチャンス。いい結果を残し、15人制のように盛り上げられたら」と思いを語った。 緊急事態宣言の期間は地元京都に帰省し、ランニングや故障しない体づくりに努めていたという。6月29日からは週に1度ながらも代表の練習が始まり「みんなで集まってできることが本当に幸せ。五輪に向けて一つずつステップを上っていきたい」と声を弾ませた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会の森重隆会長らが16日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で医療や介護の現場に従事した医療法人運営の女子チーム、横浜TKMを訪問し、奮闘した選手をねぎらった。緊急事態宣言の期間には本来練習だった時間を勤務にあて、外来患者の検温や症状の確認などを担当。練習が再開された今も感染防止に力を注ぐ。 選手の多くは医療法人「横浜未来ヘルスケアシステム」の病院や介護施設で勤務しながらラグビーに励む。コロナ患者の治療には直接関わらないが、入り口や受付で不特定多数の人に対応して感染リスクと向き合う状況だ。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は16日、東京都庁で小池百合子知事と面会し、上限約2500人の観客を入れる大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の開催を報告した。 新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言の影響で5月の夏場所は中止。本場所実施は3月の春場所以来で、同理事長は「開催するにあたって万全の態勢で臨みたいと思っています」とあいさつした。

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子200メートル平泳ぎで昨年の世界選手権銅メダルの渡辺一平(トヨタ自動車)が16日、オンラインで報道陣の取材に応じ、23日であと1年となる東京五輪へ「ぶっちぎりで世界記録を更新して、金メダルを獲得することをモチベーションに強化できればいい」と意欲的に語った。 新型コロナの影響で、4月の日本選手権が中止となった後は2カ月近く本格的な練習ができなかった。水泳人生で最も長くプールに入らない時期を過ごし、5月下旬に久しぶりに泳ぐと「自分の体が自分じゃない感じだった」と戸惑った。拠点とする母校早大のプールで練習する現在は、徐々に泳ぎの感覚が戻ってきたという。

後で読む
デイリースポーツ

J1札幌のMF荒野拓馬(27)が中心となって活動する「Rescue Hero」(https://www.rescuehero.net)が16日、長野県北佐久郡御代田(みよた)町のフードロス問題などを解消するため、小園拓志町長とオンラインで会議を行った。 会議には荒野の他に中学時代を長野県佐久市で過ごしたMF菊池大介(J2福岡)、昨季までJ2松本に所属していたDF今井智基(ウェスタン・ユナイテッド)も参加し、活発な議論が交わされた。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのアルシデス・エスコバー内野手(33)が先制適時打。15日の同カードから5打席連続安打に伸ばした。

後で読む
スポーツ報知

楽天の弓削隼人投手(26)が、打球直撃の影響で4回途中で降板した。4回先頭。栗山の放った痛烈な打球が右ふくらはぎ付近にワンバウンドで直撃。治療のため一度ベンチへ下がり続投したが、続く中村に2ボールと

後で読む
サンケイスポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は16日、新型コロナウイルスの影響で中断しているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグの西地区について、カタールで9月14日から集中開催で再開すると発表した。10月3日までに決勝トーナメント1回戦、準々決勝、準決勝も行う。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(16日、京セラドーム大阪) オリックスの2年目・太田椋内野手がプロ初安打初本塁打を放った。16日に出場選手登録され、9番・三塁で即スタメン出場。0-1で迎えた三回1死、今季初打席を迎え、ソフトバンク先発バンデンハークの141キロ直球をバックスクリーンに運ぶ同点ソロ。21世紀生まれの選手による初めての本塁打となった。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(16日、京セラドーム大阪) オリックスは太田の1号で同点に追いつくと、2死一塁から吉田正の右中間二塁打で勝ち越した。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-西武」(16日、楽天生命パーク宮城) 楽天・弓削隼人投手(26)が、涙の負傷降板となった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-巨人」(16日、マツダスタジアム) 巨人・吉川尚が左翼席へ3号2ランを放ち、広島を突き放した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-巨人」(16日、マツダスタジアム) 巨人・ウィーラーがハッスルプレーでピンチの芽を摘んだ。

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールの4部で国内初の女性監督に就任した関西外大の沢木由衣監督(29)が日刊スポーツのインタビューに応えた。同大学のOBで在学中は主務…

後で読む
日刊スポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)の古参委員であるディック・パウンド氏(カナダ)が、新型コロナウイルス感染拡大が収まらず21年夏の東京五輪が仮に再延期か中止とな…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手が16日、ロッテ戦(札幌ドーム)に「5番・三塁」で先発出場。初回二死二、三塁の場面で先制の2点適時打を放った。  前日の同カードで本拠地1号となる今季2号弾を…

後で読む
東京スポーツ

広島・堂林翔太内野手(28)が反撃のノロシとなる一発だ。「6番・三塁」で先発出場すると3点を追う4回に見せ場が訪れた。二死二塁の場面で巨人先発・メルセデスが投じたスライダーをフルスイング。打球はカー…

後で読む
東京スポーツ

高卒2年目の太田椋内野手(19)がプロ初安打を本塁打で飾った16日のソフトバンク戦(京セラ)から出場選手登録された太田は0―1で迎えた3回、一死走者なしで打席に入り、先発のバンデンハークからバックス…

後で読む
東京スポーツ

正妻が思わぬアクシデントに見舞われた。DeNA・伊藤光が16日の中日戦(ナゴヤドーム)で1点を追う4回二死一、二塁の第2打席、2―1からの4球目をスイングした際に打球が左ひざ付近を直撃。その場に倒れ…

後で読む
東京スポーツ

DeNAの20歳右腕・中川虎大が16日の中日戦(ナゴヤドーム)が今季2度目の先発マウンドに立ち、1回を35球、1安打2四球1失点。初回二死から2者連続で四球を与えて一、二塁とし、阿部の右前適時打で先…

後で読む
スポーツニッポン

西武のプロ19年目の中村剛也内野手が、0―2の4回無死一塁から、楽天2番手の安楽から右中間二塁打。無死二、三塁と好機を広げた。これで自身は、プロ通算300二塁打を達成した。

後で読む
スポーツニッポン

オリックスの太田椋内野手(19)が、16日のソフトバンク戦でプロ初安打となるプロ初本塁打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

楽天の弓削隼人投手が、16日の西武戦で負傷退場するアクシデントに見舞われた。2―0の4回、先頭・栗山の打球が右すね付近に当たった。

後で読む
スポーツニッポン

今季2度目の先発でプロ初勝利を狙ったDeNA・中川だったが、わずか1回で無念の降板となった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神先発の中田が4回2/3を7安打3失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグの村井満チェアマンは16日、東京都を中心に新型コロナウイルスの感染者が増加している現状を踏まえ、8月からの入場者数の制限緩和について協議する考えを示した。理事会後にオンラインで記者会見し「20日に臨時実行委員会を開くことも視野に入れている」と明かした。 政府指針に沿って10日から1試合上限5千人の観客を受け入れ、8月以降は会場収容人数の50%まで引き上げる予定。アウェー観戦者席も設けるが「感染拡大の懸念がされている。専門家の助言を聞きながら丁寧にかじ取りをする」と慎重に話した。地域の状況や会場の形状に応じたクラブごとの運用も検討する。

後で読む
東京スポーツ

J1名古屋の日本代表MF相馬勇紀(23)が16日にウェブ上で取材に応じ、リーグ戦再開後にチームが好調の理由を明かした。  名古屋はリーグ戦再開前の調整期間となった6月にFW金崎夢生(31)とGKミチ…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-DeNA、6回戦、16日、ナゴヤD)DeNAの伊藤光が、四回2死一、二塁の打席で自打球を左膝付近に受けて交代した。打席内でうずくまり、トレーナーら2人の肩を借りて痛みに苦悶の表情を浮かべながら引き揚げた。カウント2-2から急きょ代打に出た戸柱は、空振り三振に倒れた。

後で読む
サンケイスポーツ

J1横浜FCは16日、GK六反が鼻骨骨折と診断され、15日に手術を受けたと発表した。12日の仙台戦で負傷した。全治期間は公表していないが、下平監督はオンライン取材で「(回復に)少し時間がかかる」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は16日、東京都庁で小池百合子知事と面会し、上限約2500人の観客を入れる大相撲7月場所(19日初日、両国国技館)の開催を報告した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグの村井満チェアマンは16日、東京都を中心に新型コロナウイルスの感染者が増加している現状を踏まえ、8月からの入場者数の制限緩和について協議する考えを示した。理事会後にオンラインで記者会見し「20日に臨時実行委員会を開くことも視野に入れている」と明かした。

後で読む
スポーツ報知

本格デビュー戦の大宮競輪2日目・準決勝3Rに出場した、2018年平昌五輪フリースタイルスキー男子モーグルの銅メダリスト・原大智(23)=宮城=がレース中にバランスを崩して落車、バンクに叩きつけられた

後で読む
スポーツ報知

競泳200メートル平泳ぎの前世界記録保持者・渡辺一平(23)=トヨタ自動車=が16日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で来年に延期となった東京五輪に向け「目標は一切変わらず、ぶっちぎ

後で読む
スポーツ報知

同級1位・永田大士(30)=三迫=が王者・井上浩樹(28)=大橋=を7回2分17秒TKOで破り、新王者となった。プロ初黒星の井上浩は2度目の防衛に失敗。通算成績は永田が15勝(6KO)2敗1分け、井

後で読む
スポーツ報知

日本スーパーライト級王者・井上浩樹(28)=大橋=が同級1位の挑戦者・永田大士(30)=三迫=に7回2分17秒TKOで敗れ、王座陥落した。プロ初黒星を喫した。

後で読む
スポーツ報知

ラグビーのフランス1部リーグ「トップ14」の20~21年シーズン日程が16日、発表された。日本代表の松島幸太朗(27)が新加入したクレルモンは、9月5日にホームでスタッド・トゥールーザンと開幕戦を行

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園) ソフトンバンクから阪神に移籍後、本拠地・甲子園で初登板初先発となった中田が二回に制球を乱して、先制を許した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ラグビー協会の森重隆会長らが16日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で医療や介護の現場に従事した医療法人運営の女子チーム、横浜TKMを訪問し、奮闘した選手をねぎらった。緊急事態宣言の期間には本来練習だった時間を勤務にあて、外来患者の検温や症状の確認などを担当。練習が再開された今も感染防止に力を注ぐ。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが16日、オリックス戦(京セラ)にのぞみ二回に先制。松田宣浩内野手(37)が先制犠飛を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックス・太田椋内野手(19)が16日、ソフトバンク3回戦(京セラ)に「9番・三塁」で先発出場。0-1の三回1死で迎えた第1打席で、バンデンハークからプロ初安打となる中越え1号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの新助っ人、アルシデス・エスコバー内野手(33)が16日、阪神6回戦(甲子園)に「7番・遊撃」で先発出場。二回1死一、二塁から先制の左前適時打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

スポーツブランドのプーマは16日、都内の展示会で陸上男子短距離で100&200メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(33=ジャマイカ)らが着用する「Unity コレクション」など20年秋冬の新作を発表した。

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCは16日、FW一美和成(22)が7月8日に入籍したことを発表した。 ここまでリーグ4試合にスタメン出場し、2得点と好調を維持している。1年延期となった東京五輪出場も目標に掲げている。

後で読む
スポーツ報知

先発した3年目右腕の中川虎大投手(20)は初回2死から福田、ビシエドに連続四球を与えて一、二塁のピンチを招く。阿部には右前に適時打を打たれて先制点を献上した。

後で読む
スポーツ報知

昨季から12連勝中の西武のザック・ニール投手(31)が、17日の楽天戦(楽天生命)に先発する。

後で読む
スポーツ報知

楽天の浅村栄斗内野手(29)が、12球団最速で30打点に到達した。初回。1死から鈴木大が左前安打で出塁すると、続く茂木がフルカウントから右前安打。一塁走者の鈴木大はスタートを切っていたため一気に三塁

後で読む
スポーツ報知

阪神・中田賢一投手(38)が2年ぶりの安打を放った。2点を追う2回2死一、二塁から打席に立つと、高橋のスライダーを中前にはじき返した。得点にはつながらなかったものの、ソフトバンク時代の18年5月31

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのアルシデス・エスコバー内野手(33)が先制適時打。15日の同カードから5打席連続安打に伸ばした。

後で読む
サンケイスポーツ

これまでバルセロナへの移籍話が取りざたされていたインテルミラノのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスだったが、ここにきてマンチェスターCが関心を強めているようだ。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-DeNA」(16日、ナゴヤドーム) DeNA・ラミレス監督が再び先発を初回で降板させた。

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン、西武-巨人」(16日、カーミニーク) 楽天からトレードで入団した巨人・高梨雄平投手(28)が移籍後、初登板。2/3回を1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(16日、京セラドーム大阪) オリックスの2年目・太田椋内野手がプロ初安打初本塁打を放った。16日に出場選手登録され、9番・三塁で即スタメン出場。0-1で迎えた三回1死、今季初打席を迎え、ソフトバンク先発バンデンハークの141キロ直球をバックスクリーンに運ぶ同点ソロとした。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(16日、京セラドーム大阪) ソフトバンク・甲斐をアクシデントが襲った。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-DeNA」(16日、ナゴヤドーム) DeNA・伊藤光がアクシデントに見舞われ、途中交代した。

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCは16日、FW一美和成(22)が今月8日に入籍したと発表した。東京五輪を目指す世代で、4日の札幌戦でJ1初ゴール。12日の仙台戦でもゴールを決め、再開後は3戦2発と好調。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは16日に理事会を開き、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインの内容を一部改定した。

後で読む
スポーツニッポン

デジタルコンテンツ(写真、ビデオ、音楽)を世界200カ国以上に提供する世界最大級のデジタルコンテンツカンパニー、ゲッティイメージズは、Jリーグ公式写真の独占的写真販売代理店とすることを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京の日本代表FW永井が16日、都内での練習後にオンラインで取材に応じ、あさって18日のホーム浦和戦に向けて「いいトレーニングができている。浦和戦に向けてチーム全体で頑張りたい」と意気込んだ。

後で読む
東京スポーツ

J1名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督(52)が16日にウェブ上で取材に応じ、18日の鳥栖戦(豊田ス)でエースFW金崎夢生(31)が出場できない契約に不満を爆発させた。  金崎は3月に鳥栖から期…

後で読む
スポーツニッポン

巨人の大城卓三捕手(27)が広島戦(マツダ)の初回に待望の今季1号となる2ランを放った。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会が16日、青森県で行われた。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは16日、理事会を開催し、村井満チェアマン(60)が8月1日からの入場規制緩和について、収容人数の50%引き上げを予定通り実施する方針を示した。  16日に東京で過去最多となる286人の新型…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは16日に理事会を開催し、8月1日から予定される収容人数50%まで引き上げられた有観客試合でアルコール飲料の販売を解禁することを決定した。Jリーグでは10日から上限5000人までの有観客試合…

後で読む
サンケイスポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪の開催に向け「さまざまなシナリオを検討している」と理事会後に表明したことを受け、大会組織委員会幹部は16日、「開催することを前提に、そのためにはどういう対応を取るべきかを考える、ということだろう」と好意的に受け止めた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神の糸原健斗内野手(27)が、第1打席に中前打を放ち、自己最長を更新する8試合連続安打をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は16日、戸田隆矢投手(27)が15日に群馬県内の病院で、左肘内側側副靱帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-巨人」(16日、マツダスタジアム) 巨人・大城が今季1号2ランを放った。

後で読む
東京スポーツ

競泳男子200メートル平泳ぎで昨年の世界選手権銅メダルの渡辺一平(23=トヨタ自動車)が16日、オンラインで報道陣の取材に応じ、来夏に延期となった五輪に向けて「世界記録をぶっちぎりで更新して金メダル…

後で読む
デイリースポーツ

元プロレスラーの長州力(68)が16日未明、「懐かしい友人達の再会を断る!」というタイトルで自身のブログを更新した。 「本当に残念です!諦めないでいつか安心な状況で会おう、必ず!皆その時まで元気でいてくれよ!俺の孫も紹介しますよ!」と思いを記した。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は16日、戸田が15日に群馬県内の病院で、左肘内側側副靱帯の再建手術を受けたと発表した。鹿児島・樟南高から2012年にドラフト3位で入団し、昨季から登板がなかった。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCのベテランGK南雄太(40)が、18日のホームでの川崎フロンターレ戦に向け真っ向勝負を誓った。12日の前節ベガルタ仙台戦で、GK六反が負傷退場し、前半…

後で読む
日刊スポーツ

関西のJ4クラブ、ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、京都サンガ共同のプロジェクト「負けへんで!関西」第2弾が16日、各クラブから発表された。新型コロナ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは16日、女子テニスの大坂なおみ(日清食品)、米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁らが参加して24日から5日間、オンラインで体験型イベントを開催すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCのFW一美和成(22)が16日、7月8日に結婚したことを発表した。一美は今季、J2京都から加入。7月4日の札幌戦でJ1初ゴールを決めた。一美はクラブを…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・東浜巨投手(30)が16日、キャッチボールなどで調整。17日のオリックス戦(京セラ)での先発登板に向けて力を込めた。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは16日、第7回実行委員会を行い、J3入会要件の一部特例処置の制定などを決議し、寄付金の募集開始や、6月に公開した「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対…

後で読む
サンケイスポーツ

広島のクリス・ジョンソン投手(35)が16日、出場選手登録抹消となった。開幕から4試合連続未勝利で、再調整が決まった。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグの村井満チェアマンは16日、第7回理事会後のオンライン会見に出席し、7月10日から有観客でのリーグ戦が実現できたことの喜びなどを語った。村井満チェアマ…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの新助っ人、ガブリエル・イノーア投手(27)が16日、阪神6回戦(甲子園)前の練習で、入念にバント練習を行った。

後で読む
スポーツニッポン

7人制ラグビー東京五輪代表候補の藤田慶和(26=パナソニック)が16日、東京都内で行われた強化練習に参加後、オンラインでの合同取材に応じ、「自粛期間が続いたので、みんなでトレーニングできるのが幸せ。五輪へステップを上っていきたいと思う」と抱負を語った。

後で読む
スポーツ報知

【巨人スタメン】

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー日本代表の“笑わない男”稲垣啓太(パナソニック)が16日、自身のツイッターを更新。NHK・WEBの「笑わない高齢者 介護必要になるリスク1・4倍」という記事を引用し「いろんな意味で笑えねぇ。」と短い言葉でつぶやいて笑いを誘った。 このツイートに元日本代表の真壁氏は「それを調べたあんたが笑える」とコメント。また、介護現場で働くというファンは「今から笑顔を解禁して下さい ガッキーサイズの高齢者が介護が必要=恐らく男性介護士4人くらい必要になる=人員不足になる」とコメントしている。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のINAC神戸が16日、新型コロナウイルス感染症の予防対策として市内各所に殺菌成分入り美容液計1万本を寄贈したとして、神戸市から感謝状を贈られた。 INAC神戸は5月から市立東灘図書館など市内の文化・スポーツ施設や神戸市交通局、練習拠点のある同市東灘区の六甲アイランド高などに美容液を贈った。

後で読む
デイリースポーツ

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは16日、女子テニスの大坂なおみ(日清食品)、米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁両選手らが参加して24日から5日間、オンラインで体験型イベントを開催すると発表した。 スポンサー契約を結ぶ国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)と連携し、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックへの機運を高める。収益は選手の活動を支援する団体に寄付する。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは16日、第7回理事会を開き、オンラインでの会見に応じた村井満チェアマン(60)が一部の浦和サポーターに苦言を呈した。 12日に行われた浦和-鹿島戦(埼玉)でJリーグが定めた「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」で禁止されている、指笛や大声を出すなどの応援行為が行われた。村井チェアマンは「多くのファン・サポーターの皆様が悲しい思いをしたのではないか。非常に多くの飛沫が飛ぶ。仲間のサポーターを危険にさらす行為」と語り、「サッカーを愛する者に起こり得る行為ではない」と断じた。

後で読む
日刊スポーツ

新天地でメジャー5年目を迎えるツインズ前田健太投手(32)が15日(日本時間16日)、本拠地ターゲット・フィールドでの紅白戦に先発し、5回3安打1失点2四球4…

後で読む
日刊スポーツ

米感染症対策の責任者を務める国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長が、今季中に観客を入れて試合を開催できる可能性に言及した。15日付の専門局MA…

後で読む
スポーツ報知

両チームのスタメンが発表された。阪神は中田賢一投手(38)が6月28日のDeNA戦(横浜)以来、中17日での先発となる。ヤクルトは山田哲人内野手(27)が2試合連続でスタメンを外れた。

後で読む
スポーツ報知

今季の開幕投手を務めた大野雄大投手(31)が初勝利へ意気込んだ。17日の阪神戦(甲子園)に先発予定の左腕はナゴヤドームでキャッチボールやダッシュなどで最終調整した。

後で読む
スポーツ報知

【ロッテスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【DeNAスタメン】

後で読む
サンケイスポーツ

Aマドリードのディエゴ・シメオネ監督が、移籍が噂されるGKヤン・オブラクについて言及した。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは16日に理事会を開催し、村井満チェアマンは、8月1日からの入場規制の緩和について、現時点で方針に変更はないことを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子200メートル平泳ぎ前世界記録保持者の渡辺一平(23=トヨタ自動車)が16日、オンライン形式で取材に応じた。1年延期になった東京オリンピック(五輪)に…

後で読む
日刊スポーツ

日本バドミントン協会のオフィシャルファンクラブ「BIRD MEMBERS」のサイトに「バドミントンチャンネル」という新たな企画が14日から始動した。選手たちか…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー7人制男子代表候補の藤田慶和(26=パナソニック)が16日、来夏に延期になった東京オリンピック(五輪)への思いを語った。都内での練習後、オンライン取材…

後で読む
日刊スポーツ

ワールドゲームス2022バーミンガム大会組織員会が15日、フラッグフットボールが追加種目に予定されていると発表した。NFLに国際アメリカンフットボール連盟(I…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグの村井チェアマンは16日、J1浦和の一部サポーターに新型コロナウイルス対応ガイドラインで定めた観戦ルール違反があった問題について「サポーター自ら仲間を(感染の)危険にさらし、多くの方が悲しい思いをされた。命令ではないが、繰り返されないようにクラブと協力していきたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは16日、9月と10月に実施するリーグ戦の開催日や開始時間、会場などの詳細を8月4日に発表すると決めた。対象はJ1が第14~25節、J2が第16~29節、J3が第13~24節。9月30日に変則的に行われるJ1第29節の浦和-FC東京、神戸-名古屋も含む。11月以降の詳細は10月初旬に発表予定。

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは16日、イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は15日の同戦で打率3割台に乗せたボーアに期待。梅野は4打席立てば規定打席に到達する予定だ。先発の中田は6月28日のDeNA戦以来、中17日での登板。18年8月26日西武戦以来、2年ぶりの白星を目指す。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

中日は16日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を1軍の監督、コーチ、選手、スタッフ並びに球団職員、総勢138人が行い、全員が陰性だったと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

大阪から3番目のJリーグ入りを目指すサッカーJFLのFC大阪は16日、サポーターとともににJリーグ参入へ向けて戦いたいという思いから「SNSリモート応援プロジェクト」を発足させたことを報告した。 FC大阪は今季、Jリーグ入会に必要なJリーグ百年構想クラブに承認され、J3ライセンスを申請中。新型コロナウイルスの影響で延期となっていたJFLリーグ戦は18日のホンダロック戦(宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場)で開幕するが、当面はリモートマッチが続く状況となっている。サポーターの声援が届きづらい中、SNS上で声援やJリーグ参入への思いを集めて、選手に届けるプロジェクトとなっている。。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のINAC神戸が16日、新型コロナウイルス感染症の予防対策として市内各所に殺菌成分入り美容液計1万本を寄贈したとして、神戸市から感謝状を贈られた。 INAC神戸は5月から市立東灘図書館など市内の文化・スポーツ施設や神戸市交通局、練習拠点のある同市東灘区の六甲アイランド高などに美容液を贈った。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは16日、理事会を開催し、村井満チェアマン(60)がJ1浦和の一部サポーターによる違反行為を厳しく糾弾した。  12日に埼玉スタジアムで行われた浦和―鹿島戦で一部の浦和サポーターが指笛や大声…

後で読む
サンケイスポーツ

マジョルカは16日、ラ・リーガ第37節でグラナダをホームに迎える。地元メディア『Diario de Mallorca』は久保建英が引き続き先発に名を連ねると予想している。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・栗山英樹監督(59)が16日、ロッテ3回戦(札幌)の試合前、先発する新外国人のドリュー・バーヘイゲン投手(29)について「ボールの強さがベースなのでね。そこはうまくね」と好投に期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・大野雄大投手(31)が17日の阪神4回戦(甲子園)に先発する。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは17日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(19)=東邦高=が16日、DeNA6回戦(ナゴヤドーム)で1軍昇格後初のベンチスタートとなった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・青柳晃洋投手(26)は16日、先発予定の17日・中日戦(甲子園)に向けてキャッチボールやダッシュなどで汗を流した。前回6月30日・中日戦(ナゴヤドーム)は6回4安打1失点。好投しながら初黒星を喫した。 青柳は「余計なランナーを出すことも多かった」と反省点を挙げ「中日は一発のある打者もそろっているのでランナーをためずに1人ずつ丁寧に抑えていきたい。全部勝つつもりで投げていますし、中日にもリベンジできるようしっかり準備します」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 前夜にヤクルトに敗れ、一夜にして最下位に逆戻りした阪神。

後で読む
サンケイスポーツ

ボクシングの2012年ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(大橋)が16日、東京・後楽園ホールで5度目の防衛戦に臨み、殿本恭平(勝輝)の挑戦を受ける。34歳の清水は昨年7月にスーパーフェザー級の試合でフィリピン選手にプロ初黒星を喫しており、約1年ぶりの再起戦。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUは、16日に行われるプレミアリーグ第36節でクリスタル・パレスとのアウェー戦を迎える。この試合を前に、チームを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督がチーム状況を明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は16日、1軍監督、コーチ、選手、スタッフ並びに球団職員の総勢138名を対象とした7月度の新型コロナウイルスのPCR検査を同日までに実施し、全員が陰性だったことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは16日、8月14日から主催する公式戦の一部チケットを対象に2次流通サービスを始めると発表した。不正転売を防止するため、「チケットぴあ」が管理する公式チケットトレードリセールサービス(チケトレ)を通じ、定価取引を仲介する。

後で読む
デイリースポーツ

大阪から3番目のJリーグ入りを目指すサッカーJFLのFC大阪は16日、サポーターとともににJリーグ参入へ向けて戦いたいという思いから「SNSリモート応援プロジェクト」を発足させたことを報告した。 FC大阪は今季、Jリーグ入会に必要なJリーグ百年構想クラブに承認され、J3ライセンスを申請中。新型コロナウイルスの影響で延期となっていたJFLリーグ戦は18日のホンダロック戦(宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場)で開幕するが、当面はリモートマッチが続く状況となっている。サポーターの声援が届きづらい中、SNS上で声援やJリーグ参入への思いを集めて、選手に届けるプロジェクトとなっている。。

後で読む
スポーツ報知

DeNAは16日、試合観戦チケットの適正な流通を確保するため、8月14日から主催公式戦の一部チケットを対象に、観戦チケットの二次流通(トレード)サービスを開始すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

楽天に巨人からトレードで加入した池田駿投手(27)が、16日の西武戦(楽天生命)から1軍に合流した。この日から出場選手登録され、試合前練習ではキャッチボール、ダッシュなどで調整した。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
デイリースポーツ

広島は16日、K・ジョンソン投手の出場選手登録を抹消した。 今季は4試合に登板し、0勝3敗、防御率5・73。前夜の巨人戦でも敗戦投手となった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスの2年目・太田椋内野手が16日、出場選手登録された。 「しっかりとバットが振れていると思うので、思い切ってやりたいなと思います。今、チームは負け越している状況なので、戦力になれるように頑張りたいと思います」

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは16日に理事会を開催し、9月、10月に開催される2020明治安田生命Jリーグの試合日程を8月4日に発表することを決定した。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクの工藤監督が、背中の張りで出場選手登録を抹消した牧原大成内野手(27)に「急がず早く戻って来て」とエールを送った。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
東京スポーツ

扇の要は不在でも…。J1横浜FCの下平隆宏監督(48)が16日、オンライン取材に応じ、GK六反勇治(33)の状態について明かした。  六反は12日の仙台戦(ニッパツ)で、相手FWと交錯し負傷交代して…

後で読む
サンケイスポーツ

競泳平泳ぎの渡辺一平(23)=トヨタ自動車=が16日、オンラインで取材に応じた。

後で読む
サンケイスポーツ

九州六大学野球連盟は16日、秋季リーグ戦の開幕予定日を9月11日に決めた、と発表した。新型コロナウイルス感染防止のガイドラインや、正式な日程は今後検討する。春季リーグ戦は中止となっていた。

後で読む
サンケイスポーツ

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は15日、来年9月24日~10月3日にメキシコで開催される野球のU-23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)に、来年で24歳になる選手も出場できると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて1年延期されたことを受けての措置。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 中川虎大投手 ▽ヤクルト 古賀優大捕手 【同抹消】 ▽DeNA 伊勢大夢投手 ▽広島 K・ジョンソン投手 ▽ヤクルト 松本直樹捕手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽楽天 池田駿投手 ▽オリックス 荒西祐大投手、太田椋内野手、西浦颯大外野手 【同抹消】 ▽楽天 津留崎大成投手 ▽オリックス 東明大貴投手、広沢伸哉内野手、後藤駿太外野手

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(16日、オセアンバファローズスタジアム) 阪神・中谷がこの日2本目の本塁打だ。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(16日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 先発した阪神・藤浪晋太郎投手が、7回を4安打無失点、7三振を奪う投球。直球の最速は157キロを計測するなど今季初の1軍昇格に向け、最終テストの意味合いも濃い登板で結果を残した。

後で読む
東京スポーツ

7人制ラグビー日本代表の藤田慶和(26=パナソニック)が司令塔としての活躍を誓った。  代表チームの活動は先月29日から再開したが、新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、週1回ペースで動いている状況が…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が16日、ウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)に先発し、7回4安打無失点と好投した。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は16日、新型コロナウイルス感染症の治療、拡大防止に従事する医療関係者らを支援すべくホームタウンの大阪市と堺市に各20万円を寄付すると発表した。5…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神2軍は16日、オリックスと対戦し(オセアンBS)、11-0で大勝した。三回にドラフト2位の井上広大外野手(18)が今季2号となる先制3ランを放つなど、存在感を放った。

後で読む
スポーツニッポン

昨夏の世界選手権男子200メートル平泳ぎ銅メダルの渡辺一平(23=トヨタ自動車)が来夏の東京五輪の目標を「ぶっちぎりで金メダル」に設定した。16日に埼玉県内でオンライ取材に応じ「ぶっちぎりを目指して1年間やりたい。今は何秒を出したいとかタイムを掲げているわけではないが、2分5秒9ではなくて、もっと上を目指したい」と宣言。本命種目の200メートル平泳ぎで、昨夏にライバルのチュプコフ(ロシア)が出…

後で読む
スポーツ報知

巨人の育成のエスタミー・ウレーニャ内野手(21)が16日のイースタンの西武戦で、初回に先制の左前適時を放った。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー日本代表の“笑わない男”稲垣啓太(パナソニック)が16日、自身のツイッターを更新。NHK・WEBの「笑わない高齢者 介護必要になるリスク1・4倍」という記事を引用し「いろんな意味で笑えねぇ。」と短い言葉でつぶやいて笑いを誘った。 このツイートに元日本代表の真壁氏は「それを調べたあんたが笑える」とコメント。また、介護現場で働くというファンは「今から笑顔を解禁して下さい ガッキーサイズの高齢者が介護が必要=恐らく男性介護士4人くらい必要になる=人員不足になる」とコメントしている。

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCのGK南雄太(40)が16日、練習後にオンライン取材に応じ首位・川崎戦(18日、ニッパツ)に勝利宣言。「今やっている自分たちのサッカーを川崎相手でも出して、真っ向勝負して、なおかつ勝てるようにプレーで貢献したい」と意気込んだ。 再開後3戦で9得点と川崎は圧倒的攻撃力を誇る。それに対して「我慢強く耐えなきゃいけないときはある。引いてしまったり、後ろからつなぐことを怖がって辞めてしまったりとかは、ないようにリードしたい」と試合運びを想定した。

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)は、投打で順調な調整ぶりを見せた。15日(日本時間16日)、今キャンプ初のナイターでの紅白戦に打者で出場し、遊ゴロ併殺打、右直、…

後で読む
日刊スポーツ

ブルージェイズのモントーヨ監督は、開幕ローテ入り確実だったが脇腹を痛めた右腕アンダーソンに復帰を急がせない考えを示し「代わりの先発候補は複数いる」とした。ブル…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス検査で陽性反応が確認されたマリナーズ平野佳寿投手について、サービス監督がオンライン会見で、あらためて「我々は彼を必要としている」と語った。昨…

後で読む
スポーツ報知

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が、右胸軽度の筋挫傷から復帰後最長の7イニングを投げ、4安打無失点。最速157キロを計測し、1軍昇格への“最終試験”とも言えるマウンドで最高の結果を残した。

後で読む
サンケイスポーツ

セリエA第33節ボローニャvsナポリは1-1でフルタイムを迎えた。ナポリは開始7分に先制。だが徐々にホームのボローニャが盛り返し、81分に1点を決めてスコアは1-1となる。試合はこのまま勝ち点1を分け合うことになった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは16日、試合観戦チケットの適正な流通を確保するため、8月14日からの主催公式戦の一部チケットを対象に、二次流通(トレード)サービスを開始すると発表した。 「チケットぴあ」が管理を行う公式チケットトレードリセールサービス「チケトレ」を通じて、チケット券面に記載されている金額で、公正な取引を行えるようになる。やむを得ない事情で球場に来られなかった人が球団公式二次流通マーケットを通じてチケットを出品し、一時流通でチケットを購入できなかった人が適正な価格で購入できる環境を提供する。詳細は球団公式HPまで。

後で読む
デイリースポーツ

広島は16日、K.ジョンソン投手の出場選手登録を抹消した。 今季は4試合に登板し、0勝3敗、防御率5・73。前夜の巨人戦でも敗戦投手となった。

後で読む
日刊スポーツ

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)モーグル銅メダルの原大智(23=宮城)が準決3Rの最終2角で落車し、ゴールすることなく棄権となった。「フレームは大丈夫です…

後で読む
日刊スポーツ

サッカーのスペインリーグ2部サラゴサでプレーするMF香川真司、バドミントンの桃田賢斗らの所属事務所であるUDNSPORTSが16日、現役アスリートがプロデュー…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)男子マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)が16日、北海道網走市で取材に応じ、残り1年あまりとなった五輪へ「改善する余地はたくさんある…

後で読む
日刊スポーツ

男子マラソン日本記録保持者で東京五輪(オリンピック)代表の大迫傑(29=ナイキ)が16日、オンラインでの合同取材に応じ、前日に自身のツイッターで表明した大学生…

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは試合観戦チケットの適正な流通を確保するため、8月14日からの主催公式戦の一部チケットを対象に、二次流通(トレード)サービスを行うと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

先発した阪神・藤浪晋太郎投手(26)は7回を投げ4安打無失点で降板。今季最速タイの157キロを計測し7三振を奪うなど好投し、1軍昇格へアピールした。

後で読む
スポーツニッポン

楽天からトレードで加入した巨人・高梨雄平投手(28)が16日、カーミニーク球場で行われたイースタン・リーグ西武戦で移籍後初登板し、打者3人を相手に10球を投げ無失点。「初めてジャイアンツのユニホームを着てブルペンに入るまで凄く緊張していました」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」でスペイン女子1部ウエルバ所属のMF田中陽子が、クラブとの契約を1年延長した。16日までにクラブの公式ページで発表された。 田中は「もう1シーズン、スポルティング・ウエルバの一員として続けることができうれしい。私のことを信頼し続けてくれて本当にありがとう」とコメントしている。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が16日、ウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)に先発し、7回4安打無失点と好投した。

後で読む
スポーツ報知

自身の公式ツイッターで再婚を報告した大相撲の元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(39)は16日、スポーツ報知のリモート取材に、お相手がモンゴル人女性であることを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは16日、試合観戦チケットの適正な流通を確保するため、8月14日以降の主催公式戦の一部チケットを対象に、観戦チケットの二次流通(トレード)サービスを開始すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(16日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 先発した阪神・藤浪晋太郎投手が、5回まで4安打無失点、5三振を奪う投球で、1軍昇格をアピールしている。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(16日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 阪神・中谷がドラフト2位・井上に負けじと豪快な一発を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(16日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 先発した阪神・藤浪晋太郎投手が、7回を4安打無失点、7三振を奪う投球。直球の最速は157キロを計測するなど今季初の1軍昇格に向け、最終テストの意味合いも濃い登板で結果を残した。

後で読む
サンケイスポーツ

元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ氏が、Rマドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルを批判した。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントス指揮官マウリツィオ・サッリが、3-3でドローとなったサッスオーロ戦を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビー7人制男子日本代表候補の藤田慶和(26)=パナソニック=が16日、東京都内での練習後にオンライン取材に対応。「自粛期間が続いたので、皆でトレーニングできるのが今は幸せ。これから五輪に向けて、一つずつステップを登っていきたい」と心境を明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは2月22、23日の開幕節を終えて以降4カ月中断した。酒井のチームメート、アンドレス・イニエスタはこの期間を日本で過ごしている。コロナ・パンデミックの中でイニエスタはどんな存在だったのか。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグは15日、キャンプが各地で行われ、エンゼルスは今キャンプ初のナイターでの紅白戦を行い、大谷が主力組で出場した。先発陣の一角を狙う右腕バリアに一回は初球に手を出し、詰まった当たりで遊ゴロ併殺打。次の打席は右飛で、救援右腕と対戦した3打席目も空振り三振と振るわなかった。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。