ロッテのドラフト3位・小川龍成内野手(22)=国学院大=が13日、ロッテ浦和球場での新人合同自主トレ後、オンライン取材に応じ、メジャー時代正遊撃手として鳴らした新外国人エチェバリアに負けずに、レギュラーを目指す意欲を明かした。 大学ナンバーワンショートの呼び声高い小川は、西武・源田を理想のショートとしているが、チームメートになるエチェバリアにも興味を示した。一人の時間に動画では華麗なショートの守備を見ているという。「体の強さ、肩の強さもありますし、メジャーで活躍されている選手なのですごいなと思いました」とせん望のまなざしをむけるが、レギュラー争いには負けるつもりはない。「自分のアピールすべきところは守備力、長所である守備力、バッティングでも自分なりのスタイルを見つけていってアピールしていきたい」と力を込めた。