柔道・マスターズ大会第2日(12日、ドーハ)世界ランキング上位者で争う大会。男女各2階級が無観客で行われ、女子70キロ級で東京五輪代表補欠の大野陽子(31)=コマツ=が決勝でマディナ・タイマゾワ(21)=ロシア=に縦四方固めで一本勝ちし、優勝した。男子73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市(29)=パーク24=と女子63キロ級の鍋倉那美(23)は、ともに決勝で負けて2位だった。

 柔道・マスターズ大会第2日(12日、ドーハ)世界ランキング上位者で争う大会。男女各2階級が無観客で行われ、女子70キロ級で東京五輪代表補欠の大野陽子(31)=コマツ=が決勝でマディナ・タイマゾワ(21)=ロシア=に縦四方固めで一本勝ちし、優勝した。男子73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市(29)=パーク24=と女子63キロ級の鍋倉那美(23)は、ともに決勝で負けて2位だった。