バスケットボールの第96回天皇杯全日本選手権(日本バスケットボール協会主催、共同通信社共催)は13日、東京都のアリーナ立川立飛などでBリーグ1部(B1)勢同士の顔合わせとなった準々決勝が行われ、A東京が終了間際の田中の逆転シュートで前回王者のSR渋谷を74-73で破り、4強入りを果たした。前回準優勝の川崎は72-62で千葉を振り切った。 B1東地区首位の宇都宮は87-72で大阪を下し、西地区1位の三河は85-60で琉球に快勝した。