日本体操協会は13日、オンラインで常務理事会を開催し、東京五輪の代表選考基準を部分承認した。 団体メンバー4人については、延期前の基準では個人総合によるNHK杯の上位2人を選出することになっていたが、5月に行われるW杯東京大会で4月の全日本選手権との合計得点で最上位選手を1人、NHK杯の最上位選手1人に変更。その他の2人については、前述の2人との組み合わせによるチーム貢献度で選出される。