ラグビー・トップリーグのNECが13日、今月16、17日のリーグ開幕へ向けてオンライン取材に応じた。NECでは昨年9月、部員7人の新型コロナ陽性が判明し、活動休止を経験。主将のフランカー亀井亮依(26)は「チームにとってはいい機会になった」と振り返り、対策への意識がより高まったという。 浅野良太ヘッドコーチ(HC)は「特に室内、ミーティング時間の設定、冬で非常に寒いが、かなり換気しながらクラブハウスを利用している。選手はウエートトレーニング中のマスクの着用。特に室内での飛沫の感染対策を行っている」と具体的な感染防止策を明かした。