ヤクルトのドラフト3位・内山壮真捕手(18)=星稜=が13日、理想の捕手像に球団OBの古田敦也氏を掲げた。目を輝かせながら、「打てるキャッチャーになりたい」と決意表明。黄金期を支えた名捕手を目指す。 今キャンプでは古田氏が臨時コーチに就任。育成メインの内山は2軍キャンプスタートが濃厚だが、「(いつか)技術を学びたい」と早くも興味津々だ。そして「誰からも信頼されていた。自分も信頼される捕手になりたい」と思いを寄せた。