「大相撲初場所・4日目」(13日、両国国技館) 史上4位のスロー記録、28場所ぶりの幕内復帰を果たした35歳の明瀬山が新入幕翠富士を寄り切りで下し、初日から4連勝に伸ばした。11歳下との全勝対決を制し、トップを快走。緊急事態宣言下、笑顔が魅力の癒やし系、苦労人の奮闘を八角理事長(元横綱北勝海)も「立派」と絶賛した。全勝は平幕大栄翔、明生、明瀬山の3人が並ぶ。