「ボクシング・OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ」(14日、後楽園ホール) 前日計量(上限53・5キロ)が13日、都内で行われ、2度目の防衛がかかる王者の栗原慶太(28)=一力=は53・4キロ、元WBC世界同級暫定王者で挑戦者の井上拓真(25)=大橋=は53・5キロでともに1回目でパスした。