緊急事態宣言の対象地域が甲子園球場所在地の兵庫県を含む計11都府県に拡大する中でも、3季ぶりの開催に向けて準備を進めるのは妥当な判断だろう。もちろん、全国大会は移動や長期の宿泊に伴う感染リスクが大きく、先日の春高バレーの東山(京都)のように途中棄権する高校が出ないとはかぎらない。ただ、ゼロリスク思考から脱却しない限り、再び球児の夢を奪うことになる。

 緊急事態宣言の対象地域が甲子園球場所在地の兵庫県を含む計11都府県に拡大する中でも、3季ぶりの開催に向けて準備を進めるのは妥当な判断だろう。もちろん、全国大会は移動や長期の宿泊に伴う感染リスクが大きく、先日の春高バレーの東山(京都)のように途中棄権する高校が出ないとはかぎらない。ただ、ゼロリスク思考から脱却しない限り、再び球児の夢を奪うことになる。