「卓球・全日本選手権」(14日、丸善インテックアリーナ大阪) ジュニア男子準々決勝が行われ、前回準優勝した中学1年生の松島輝空(そら、13)=木下グループ=が、篠塚大登(17)=愛知・愛工大名電高=に2-3(5-11、11-8、11-7、7-11、4-11)で逆転負けした。