卓球のTリーグは14日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が大阪府を含む地域に再発令されたことを受け、大阪府で1月に観客を入れて開催予定だった8試合を、無観客に変更すると発表した。地元行政と協議の上で判断した。チケットは払い戻す。 Tリーグは昨年11~12月は無観客で実施され、1月からは観客を入れる方針を示している。対象は22~24日に門真市の東和薬品ラクタブドーム、28~30日に貝塚市立総合体育館で行われる女子の各4試合。