将来の日本のエース候補で中学1年の松島輝空(そら、13=JOCエリートアカデミー)が男子ジュニア史上最年少優勝を逃した。準々決勝で篠塚大登(愛知・愛工大名電高… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)