阪神の小幡竜平内野手(20)、川原陸投手(20)が14日、兵庫・西宮市の球団事務所で、成人式記念品授与式に出席した。 藤原球団オーナー兼社長から「二十歳を迎えて、これからどういう自分になっていきたいのかを一生懸命考えてほしいと思います。どんなプロ野球選手になりたいのかをしっかりイメージして、今なにを、これからどういうことをしなければいけないのかをこの機会にもう一度よく考えて、日々取り組んでいってもらえたらと思います」という言葉とともに、ネーム入りのボールペンを手渡された。