28場所ぶりの再入幕を果たした西前頭16枚目の明瀬山(35)は、豊昇龍(21)を寄り切って5連勝とした。3大関は今場所初の安泰。綱とりが事実上消滅した貴景勝(24)は琴勝峰(21)を突き落として初白星。かど番の2大関は、正代(29)が宝富士(33)を寄り切って4勝目、朝乃山(26)は3勝目を挙げて白星を先行させた。勝ちっ放しは大栄翔(27)、明生(25)、明瀬山の平幕3人。

 28場所ぶりの再入幕を果たした西前頭16枚目の明瀬山(35)は、豊昇龍(21)を寄り切って5連勝とした。3大関は今場所初の安泰。綱とりが事実上消滅した貴景勝(24)は琴勝峰(21)を突き落として初白星。かど番の2大関は、正代(29)が宝富士(33)を寄り切って4勝目、朝乃山(26)は3勝目を挙げて白星を先行させた。勝ちっ放しは大栄翔(27)、明生(25)、明瀬山の平幕3人。