首都大学野球リーグの名門・東海大が17日、神奈川県平塚市内の同大学湘南キャンパスで緊急記者会見を開き、無期限活動停止を発表。寮内で複数の部員による大麻使用の疑いがあったことを明かした。 野球界、スポーツ界に激震が走り、OBの巨人・原辰徳監督(62)も球団を通じてコメントを発表。「詳しい状況は分かりませんが、本当であれば絶対にあってはいけないことです。母校でこのようなことが起き、大変ショックです」と落胆の色をにじませた。