日本オープン選手権第3日(17日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)首位に1打差の2位から出た谷原秀人(41)=国際スポーツ振興協会=が4バーディー、3ボギーの69をマークし、通算5アンダーで単独首位に立った。アマチュア勢の健闘が目立つ中、ベテランが4年ぶりの優勝を狙う。首位から出たアマの河本力(りき、20)=日体大3年=は71で回り、通算4アンダーで2位。プロ初戦の金谷拓実(22)=東北福祉大4年=は通算イーブンパーで5位につけた。