「女子ゴルフ・富士通レディース・第2日」(17日、東急セブンハンドレッドC=パー72) 25位から出た黄金世代の浅井咲希(22)=小杉CC=が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算5アンダーで単独首位に浮上した。前週のスタンレー・レディースではプレーオフで敗れたが、今週こそ逃げ切りを決めて通算2勝目を奪う。4番でホールインワンを達成した申ジエ(韓国)が通算4アンダーで2位。2週連続優勝がかかる稲見萌寧は2アンダー4位から逆転を目指す。