「箱根駅伝予選会」(17日、陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース) 46校が参加し、各校上位10人の合計タイムで1位の順大など10校が本大会(21年1月2、3日)の出場権を獲得した。10年連続62度目の出場を決めた順大は、1年生の三浦龍司(18)が1時間1分41秒で日本選手トップの全体5位。大迫傑(ナイキ)が早大1年時にマークしたU20(20歳未満)ハーフマラソン日本歴代最高記録を6秒上回った。2位の中大も1年生の吉居大和(18)が全体10位の1時間1分47秒で快走し、2001年度生まれの“新世紀世代”が躍動した。本大会は前回総合優勝の青学大を筆頭に10位までのシード校と、オープン参加の関東学生連合を加えた21チームが走る。