「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=が、大山悠輔内野手(25)から打撃の極意を学んでいることが17日、明らかになった。この日も打撃の助言を受ける姿が見られた。矢野燿大監督(51)も井上に対し「(大山)悠輔を見といてみ」と指示。将来的に2人の本塁打王争いを期待した。