18日のラ・リーガ第6節、バルセロナは敵地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのヘタフェ戦を0-1で落とした。ロナルド・クーマン監督は試合後、審判団への不満を隠すことができなかった。