4年ぶり出場の岩見沢東が1-0で羅臼・別海を下し、93年以来27年ぶりの道大会勝利を挙げた。攻撃の要、FW柳谷雄生(2年)が前半7分に相手DFとの接触で右ほお… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)