米大リーグの優勝決定シリーズ(7回戦制)は17日、サンディエゴなどで行われ、第7戦のア・リーグは筒香のレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)を4-2で下し、4勝3敗で12年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を決めた。アロザレーナの先制2点本塁打などで六回までに4点を先行し、逃げ切った。筒香は出番がなかった。