CJカップ第3日(17日、シャドークリークGC=パー72)松山はもどかしいラウンドが続いている。前半は「うまくコースを攻略できなかった」とイーブン。後半も、伸ばした直後の12番で短いパットを外してボギーとした。「いいストロークをしてるけど、入らない」  上位の背中は見えているが、なかなか迫れない。3日間のパーオン率は全体5位の74%と、崩れる不安は小さい。あとはいかにスコアを伸ばすか。「ショットもパットもいい感じにはなってきていると思うが、結果を出すためにはちょっと苦しい内容」と悩ましげだった。