「ボクシング・世界ライト級王座統一戦」(17日、ラスベガス) ライト級主要4団体の王座統一戦が17日(日本時間18日)、米国ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで開催され、IBF世界同級王者のテオフィモ・ロペス(23)=米国=が下馬評を覆す3-0(116-112、119-109、117-111)の判定で、3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(32)=ウクライナ=に勝ち、ライト級史上初の4団体統一王者となった。ロペスは手数は出したものの、有効打ではロマチェンコが上回っており、大差の判定には疑問の声がわき上がっている。

 「ボクシング・世界ライト級王座統一戦」(17日、ラスベガス) ライト級主要4団体の王座統一戦が17日(日本時間18日)、米国ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで開催され、IBF世界同級王者のテオフィモ・ロペス(23)=米国=が下馬評を覆す3-0(116-112、119-109、117-111)の判定で、3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(32)=ウクライナ=に勝ち、ライト級史上初の4団体統一王者となった。ロペスは手数は出したものの、有効打ではロマチェンコが上回っており、大差の判定には疑問の声がわき上がっている。