「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 捕球体勢に入ったが、ボールをつかむことができなかった。そのプレーは5点リードの五回1死走者なしで起こった。