関学大の前監督、鳥内秀晃氏が、テレビ中継の解説者として実況席から関西学生アメフト1部トーナメント1回戦の関学大-同大戦を見守った。55-13で勝利した一戦を「緊張する初戦で、出だし(のキックオフリターン)で得点できて、2本目(のTD)もすぐ入ったから、チームとしてリラックスして戦えたんちゃう?」と振り返った。 今シーズンはコロナ禍で春の試合が行われず、秋は通常のリーグ戦ではなくトーナメント形式で実施。新チームとして最初の試合を異例の形で迎えただけに「どうなるか気になってたよ。トーナメントで緊張したやろうし。大村は普段どおりやってくれた」と後任の大村和輝監督をねぎらった。