「競泳・日本短水路選手権」(18日、東京辰巳国際水泳場) 男子200メートル個人メドレー決勝は、萩野公介(26)=ブリヂストン=が1分52秒73で優勝し、17日に行われた400メートルとの2冠を達成。タイムは「もうちょっとほしかった」としながらも「1歩1歩前進しているのでよかったと思う」と振り返った。