名古屋グランパスのフィッカデンティ監督は、前半終了間際の失点を悔いた。前半は一進一退の攻防の中で同44分に先制点を奪われ、後半は開始から主導権を握られ突き放さ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)