「競泳・日本短水路選手権」(18日、東京辰巳国際水泳場) 女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(25)=イトマン東進=が2分5秒09の日本新記録で優勝した。自身が2年前の同大会で残したタイムを0秒20更新した。