大相撲秋場所で初優勝し新大関に昇進した正代(28)=時津風=が18日、東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古に参加し、貴景勝(24)=千賀ノ浦=と3日連続となる大関同士の三番稽古(同じ相手と続けて何番も取る)で鼻血を流しながら、熱戦を演じた。 計13番で5勝8敗と負け越したが圧力勝ちする相撲もあった。持ち前の柔らかさで逆転撃も収穫だった。