卓球女子五輪代表の伊藤美誠(19)=スターツ=が18日、女子W杯(11月8日開幕・威海)から8カ月ぶりに再開する国際大会に出場するため成田空港から中国に出発した。出発前にオンラインで取材に応じ「久々の試合で楽しみ。色んな選手と試合できるようにしたい」と意気込んだ。 ただ、新型コロナウイルス感染対策のための現地での隔離期間や練習環境などの情報が直前まで二転三転しており、困惑した様子ものぞかせた。入国時はPCR検査のため3日間隔離される見込みだったが、日本協会の関係者によれば10日程度に延びる可能性もあり、練習もできないという。異例の遠征となりそうだが、五輪のシード争いにも直結するだけに、伊藤は「命がけで行くみたいなもの」と覚悟を明かした。