開幕後8試合で打率・444、2本塁打、7打点と勢いが止まらないDeNAの新外国人、タイラー・オースティン内野手(28)=前ブルワーズ。高い攻撃力を誇る新助っ人の活躍は、打つだけでなく走塁面でもチームに意識改革への風を吹かせている。29日は休養日で静養に充てた新助っ人。30日からの対巨人首位攻防3連戦でも大きな注目が集まる。       練習試合で2発の場外弾を放ったオースティンは、自身を「ホームランバッターではない」と分析する。打席で意識することは「強く水平に球をたたくこと」。来日当初からレベルスイングに強いこだわりを見せていた。