巨人の会田3軍投手コーチが28日、東京都中央区の都営新宿線馬喰横山駅構内で、エスカレーターから転げ落ちて意識を失っていた男性を自動体外式除細動器(AED)を使って救助した。 会田コーチは28日午後8時過ぎ、ジャイアンツ球場での練習を終えて帰宅途中、馬喰横山駅地下構内のエスカレーターの前で中高年の男性があおむけで倒れているのを発見。男性はエスカレーターから転げ落ちて顔も血だらけ。会田コーチが駆け寄って声をかけても反応がない状況だった。