「中日5-0阪神」(6月30日、ナゴヤドーム) ホームに背を向ける阪神・能見の肩に、福原投手コーチが優しく手を添える。止まらない負の連鎖、かさむ失点。開幕から、粘りの投球を続けてきたベテランも、傾いた流れを止めることができない。これで10試合連続でリリーフ投手の失点。投打の歯車がかみ合わない。