(セ・リーグ、中日5-0阪神、1回戦、中日1勝、30日、ナゴヤD)七回に2番手でマウンドに上がった阪神・能見には力みがあったように見えた。武田の四球、平田の四球の時点で、外に落とすなどの緩急も少なく、珍しいなと感じた。自分のペースにはまってこないまま走者をため、詰まらせるはずのアルモンテへの内角直球が、甘く入った。