日本ラグビー協会は1日、ラグビー新リーグについてオンライン会見を行い、6月26日に締め切った参入応募にトップリーグ(TL)全16チーム、トップチャレンジリーグ(下部)全8チーム、地域リーグの中国電力の25チームが申し込んだと発表した。 新リーグは当初、2021年秋の開幕を目標にしていたが、新型コロナウイルスの影響を受け「開幕は2022年の1月を目指している」と出席した谷口真由美新リーグ法人準備室室長(45)が明かした。リーグは3部制(ディビジョン)を想定しており、各部の所属チーム数は今年末までに発表する。