ACミラン指揮官のステファノ・ピオリ監督と幹部のパオロ・マルディーニ氏が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの残留を願っている。