「大相撲7月場所・千秋楽」(2日、両国国技館) 新型コロナウイルスの影響で、通常の名古屋から変更され東京での開催となった7月場所の全ての取組が終わった。元大関で、一時は序二段まで番付を落とした照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が13勝2敗で5年2カ月ぶり、2度目の優勝を、史上3人目となる幕内優勝で決めた。