(セ・リーグ、阪神3-1DeNA、9回戦、4勝4敗1分、2日、甲子園)DeNAの平良は1球に泣いた。抜群の制球力で五回まで2安打、無得点に抑えていたが、六回1死二、三塁で大山に逆転の2点打を許した。それも鋭い変化のスライダーでバットの芯を外した当たりが、不運にも右前に落ちた。