日本男子ゴルフツアー最多の94勝を誇る尾崎将司(73)は15日、11月に開催予定のダンロップフェニックス(宮崎・フェニックスCC)について「おそらく出ない」と語り、1970年のデビューからプロ51年目で初めて、試合出場がない年になる見込みを明かした。20年2月の時点で中日クラウンズやダンロップフェニックスなど最低3試合のレギュラーツアー出場を目指していた。 尾崎はこの日、大会アンバサダーを務める「ISPS HANDA 医療従事者応援 ジャンボ尾崎記念チャリティートーナメント」(千葉県市原市・GOLF5カントリーオークビレッヂ)の最終日に来場。残り試合で唯一出場を予定していた11月のダンロップフェニックスについて「おそらく出ない」と欠場を明言した。20年は中日クラウンズなど最低3試合の出場を目指していたが、これで1970年のプロ転向後、初めて試合出場がない年となることが確定した。