「巨人6-3阪神」(15日、東京ドーム) 力の差を認めざるを得なかった。阪神は3度リードしても突き放せず、一進一退の展開で逆転負け。東京ドームで開幕から7戦全敗で、今季最大の10・5ゲーム差となった。矢野監督は悔しさを押し殺し、現実を受け止めた。