(セ・リーグ、巨人6-3阪神、14回戦、巨人11勝3敗、15日、東京D)阪神は巨人に3-6で敗れ、自力優勝の可能性が消滅した。阪神OBの本紙専属評論家、田尾安志氏(66)は競り合いながらも最終的にきっちり勝ちきる巨人と比べて、阪神は「勝負どころに弱い」と指摘。選手に意識面での変革を求めた。矢野燿大監督(51)は「やるべきことは何も変わらない」と必死に前を向いた。