「大相撲秋場所・4日目」(16日、両国国技館) 大関・貴景勝(千賀ノ浦)は結びの一番で前頭二枚目の玉鷲(片男波)との一番。激しい付き合いから、玉鷲ののど輪に一瞬体勢を崩すが回り込んで逆襲。再び突き返して最後は押し出した。5日目は前頭三枚目の妙義龍(境川)と対戦する。