【モスクワ共同】2018年平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が、五輪後に師弟関係を解消したロシアのエテリ・トゥトベリゼ・コーチの指導を再び受けると16日、国営ロシア通信などが報じた。 メドベージェワはトゥトベリゼ氏の指導を11年間受けたが、平昌五輪後から男子で五輪2連覇を果たした羽生結弦(ANA)を教えるカナダのブライアン・オーサー・コーチに師事していた。