日本サッカー協会は16日、10月に行われるオランダ遠征の概要を発表した。遠征中に組まれている親善試合・カメルーン戦(8日)、同コートジボワール戦(13日)の開催地は共に首都・アムステルダムにほど近いユトレヒトに決まった。新型コロナウイルス感染症の防止策も兼ねて、2試合ともリモートマッチ(無観客試合)で行われる。 森保監督は、協会を通じて「どちらの試合も厳しい試合になると思いますが、皆さんに『明日からまた頑張ろう』と思っていただける試合を届けたい」とコメントした。