「ヤクルト3-2DeNA」(16日、神宮球場) 元阪神で四国ILp・香川から新加入したヤクルト・歳内宏明投手(27)がDeNA戦に先発し、5回を8安打2失点と好投した。1軍登板は2016年4月27日・巨人戦(甲子園)以来、1603日ぶり。NPB復帰戦で5年ぶりの勝利はならなかったが、チームの連敗ストップに貢献した。阪神から戦力外通告を受け、独立リーグでチャンスをつかんだ右腕が、力強く再スタートを切った。香川時代を知るデイリースポーツ記者が秘話を披露した。