松山聖陵野球部の監督(39)が、部員に対し「壁に頭をぶつけておけ」などと不適切な指導を行っていたことが17日、同校への取材でわかった。同監督は昨年のセンバツなど、同校を3度甲子園に導き、今夏の愛媛県代替大会でも優勝を果たしていた。 同校によると、新チーム発足後の練習中、4人の部員に怠慢なプレーがあったことで「自分で頬をたたけ」などと監督が指示したという。外部からの情報提供を受けて、8月下旬に調査を開始。監督、部員全員に聞き取りを行った結果、不適切な指導であったと判断した。9月上旬に愛媛県高野連に報告をしており、上部団体である日本高野連の判断を待って、学校としての方針を決める。部員にけが人はおらず、チームも練習を行っている。