米大リーグは16日、各地で行われ、エンゼルスの大谷は3戦連続で出場せず、チームも6-9で敗れた。大谷は打率1割8分9厘と不調で、相手先発が左腕だったこともあり、マドン監督は「いいスイングができていないから、左投手と今当たることで状態が悪くなってしまう」と理由を説明した。